マンション売却時の注意点!ここさえ押さえれば完璧な10個

マンションの売却を依頼する不動産会社や買主にいいようにされないために、基本的な知識・注意点をしっかり押さえておきましょう。

マンションを売却するという経験は人生に何度もされる方の方が少ないと思います。

マンションの売却には、数千万円という大きな金額が動きます。

売却するにあたり、失敗や騙されたりしたくないというお考えの方もあるのではないでしょうか。

売却を依頼する不動産会社や買主にいいようにされないために、基本的な知識・注意点をしっかり押さえておきましょう。

ここでは、1.目標達成のためのこれだけ押さえておけばいい基本
と、2.目標達成のためのもっと知れば武器になること にわけご紹介しますので、ご参考になれば幸いです。


★目 次★

ここに注意!

目標達成のためのこれだけ押さえておけばいい基本

1.マンション売却の流れを知るときの注意点
2.相場を知るときの注意点
3.売却時の費用を把握するときの注意点
4.不動産業者に売却を依頼するときの注意点
   査定は複数社に依頼する
   信頼できる不動産業者と担当者を選ぶ
   売却時に必要な書類を用意する
   物件に関する情報をできるだけ担当者に伝える
5.実際にマンションを売り出すときの注意点 
   内覧時に部屋をキレイにする
   交渉の姿勢を持つ

目標達成のためのもっと知れば武器になること

6.売買契約を結ぶときの注意点
   チェックすべきこと
7.物件を引き渡すときの注意点
8.売却時に注意したい税金の注意点
9.これから未来の不動産市況についての注意点
10.その他の注意点
  「買取」による売却という方法もあることを知る

では、順番にみていきましょう。

マンション売却の注意点



1.マンション売却の流れを知るときの注意点

実際にはどういった流れでマンション売却は進むのか?、物件の引渡しはどうすればいいのか?、という疑問を持っている方も多いでしょう。
そのためには、売却を始める前に全体の手順や流れを理解しておくと行動しやすくなるでしょう。

実は、マンションの売却法には大きく分けて「仲介」と「買取」という2つがあります。
ここではそのなかで、仲介 での取引の手順・流れをまとめました。

「マンションの売り方についての基本的流れを知りたい!」という方は、
☛ とっても簡単!、マンション売却の流れ&手続き&注意点とそれぞれのコツを知ろう を先に読んでみてください。

マンション売却について、全く分からない人のために手順と流れ方、その時にどんな書類が必要か、かかる費用など注意すべき点について纏めてあります。

また、売却する理由(買い替えor離婚など)やマンションの種別により売却における注意するポイントは違います。
以下ではそのことについて説明しています。

 ☛ 売却する理由や物件状況で違う売却法と注意すべきポイント
 ☛ 物件種別によって違う売却法と注意すべきポイント

マンション売却の注意点



2.マンションの相場を知るときの注意点

マンションの売却を検討される際に、自分のマンションは今いくらで売買されているかという相場を知っておく必要があります。

そこでとても大切になることが、マンション売却査定の常識 となります。
ここでは売却のプロ、コーラルがお届けする相場を知るための方法と注意点を余すことなく纏めておるのでご覧ください。

 ☛ 状況別で相場も売り出し方も違う
 ☛ 査定⇒その前に
 ☛ マンション売却査定の基本中の基本は一括査定サイトの利用から
 ☛ 資産価値について

不動産売却の注意点



3.売却時の費用を把握するときの注意点

お金は大切なもの。
だれだって、損やムダはしたくないですよね。
コーラルも、お客様に絶対損していただきたくありません。
お持ちのマンションを売ろう!というのですから、金額も大きく、一生に幾度とない、特別なイベントです。
このページでは、売主様の損がないように、マンション売却時にかかる経費について注意すべきポイントを解説します。
必要経費を事前チェックしていきましょう。

 ☛ 売却時諸費用について

マンション売却の注意点


4.不動産業者に売却を依頼するときの注意点

    
実際にマンションを売る場合、売却の流れを知り相場も知り、かかる費用を知ったからと言っても、自分自身では売り出すことはできません。

ということはとても重要なこととして、信頼できる不動産業者と担当者を選ぶこと、売却時の必要な書類を用意する こと、それと少しでも高く有利に売却できるための 物件に関する情報をできるだけ担当者に伝えること が重要なこととなります。

ここでは、少しでもマンションを高く有利に売却するために必要なこと、不動産業者の選択についての注意点を確認してみましょう。

 ☛ ありえない不動産業者の現状とは
 ☛ 不動産売却時のセールスの真実とは
 ☛ 何故、不動産業者はやりたがらないのか?
 ☛ 売却は仲介手数料が安いだけの不動産業者に任せてはいけない。
 ☛ 売却を依頼する不動産業者の会わないでもできるとても簡単な見極め方

マンション売却の注意点



5.実際に物件を売り出すときの注意点 

マンションを売却するのも購入するのも「人」です。
購入検討者の立場で「私だったらどこを見るか?」「どんな物件を買いたいか?」を今一度、是非、考えて売り出ししてみてください(^^♪。
このことをしっかり考え、以下のことを売却時に実践した多くの方々が満足の成約を迎えられ大変喜ばれました。
    
 ☛住まい売却時の基本中の基本(①)・お部屋は清潔に!
 ☛住まい売却時の基本(②)・空き家より高く売れる居住中のマンションや一戸建て
 ☛住まい売却時の基本中の基本(③)・内覧はマンション売却の要!
 ☛住まい売却時の基本中の基本(④)・売主の印象も成約の要因
 ☛売買の落とし穴
 ☛マンション売却、一戸建て売却など不動産売却時の必要書類とは
 ☛ ホームインスペクション(住宅診断)
 ☛ 中古住宅売却は演出次第!(ホームステージング)
 ☛ 売れない時の対処法

マンション売却の注意点



6.売買契約を結ぶときの注意点

実は私たちがマンションと呼んでいる物件は、売買専門用語では区分所有建物とその敷地とに分かれています。
この区分所有建物とその敷地を売買する際に買い手と取り交わす書類を、区分所有建物売買契約書とかマンション売買契約書などと言います。
この売買契約は初めての方も多いと思いますが、不動産の専門用語がたくさん並んでいて内容についてあまり理解ができなかったり、確認するにしても注意点が分からないなど不安に感じている方は少なくないと思います。
マンション売買契約を締結する際には、売主として自分に不利にならないようきちんと確認することが大切と言えます。
そこでここでは、売買契約を締結するに当たって確認したい主なチェックポイントをまとめました。

不動産ジャパン編集「売買契約のチェックポイン」


重要事項説明については、不動産適正取引推進機構の「これでわかる!『重要事項説明書』などを参照しながら写しを読み込めば、かなり理解が進むはずです。
「事前に聞いていた説明や情報と違いがないか」を重点的にチェックしてみましょう。

不動産適正取引推進機構の「これでわかる!『重要事項説明書』

マンション売却の注意点



7.物件を引き渡すときの注意点

現状有姿売買に安心を付保し高額売却成約が可能に!

マンション売却の注意点



8.売却時に注意したい税金の注意点

マンション売却時にはいくつかの税金がかかることとなります。

その税金について説明します。

また、マンションを売却をしたら必ず確定申告しましょう。

その理由は、売却益が出たときの税金納付と、払いすぎた税金の還付が受けられるからです。

売却益が出た場合でも、各種特例が適用できる場合が多く確定申告すれば税金納付はしなくていい場合が多いです。

利益が出ないと確定申告は必要ないと考えてしまいますが、逆に損した場合でも税金が戻ってくることもあるため、売却益があるかないかではなく、必ず確定申告すべきなのです。

それぞれのケースの詳細を紹介しましょう。

 ☛ マンションの売却に係る税金
 ☛ マンション売却時の消費税について

マンション売却の注意点



9.これから未来のマンション市況についての注意点

10年後のマンション市場. 10年後2027年、マンション価格・地価はどのような状況になっているのだろうか。 ...

ここでは、人の動きも交えマンションの価格・地価はどうなっているか予測してみました。
それを踏まえた今後のマンション売買取引におけるポイントとタイミングとは?
以下、主観も入っていますが見ていきましょう。

 ☛ 2018年(平成30年)の不動産売買市況について
 ☛ マンションは今後8年後までに売却が絶対条件かも 
 ☛ 中古マンション売買状況(デ‐タ‐を裏から見れば表がわかる)
 ☛ 需要性次第で変わる不動産価値
 ☛ 売買時購入者データから見えてくるもの

マンション売却の注意点



10.その他の注意点・「買取」による売却という方法もあることを知る

 ☛ マンション買取&査定についてその仕組みや特徴、メリットとデメリットなどについて説明します。


ここではマンションの売却時の注意点をまとめさせて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

ぜひ、ご参考にして頂けると幸いです。

最後に、不動産適正取引推進機構が不動産売買の適正取引についてまとめたものがあります。

とても参考になるのでぜひ参照してみてください。

不動産適正取引推進機構編集の不動産売買の手引き