中古マンションや一戸建て売却時の基本中の基本(②)・空き家より高く売れる居住中の部屋

 あなたの「常識のズレ」狙われています。

マンション売却と査定

マンションを売却するのも購入するのも「人」です。
購入検討者の立場で「私だったらどこを見るか?」「どんな物件を買いたいか?」を今一度、是非、考えてみてください(^^♪。

このことをしっかり考え、以下のことを実践した多くの方々がコーラルで満足の成約を迎えられ大変喜ばれました。

以下ではマンション売却するときの認識のズレを纏めてみました。

あなたは、居住中と空き家のお部屋 どちらが高く売れやすいし売主に有利に売却できると思いますか?

はい、そうです! 空き家  では有りません。

なんと、居住中のお部屋のほうが売主様に有利なケースで成約しやすいことが多いです。

コーラルにマンション査定依頼されてこられる方のほとんどの方が、空き家の方が成約し安いと思われていますが、実はそうでもありません。

それは、以下の通りからです。

居住中でもマンション売却で成功するためのポイント

居住中のままのお住まいの売却でとても基本中の基本が「清潔感」と「生活感」です。

この2つが揃っているお部屋は必ず失敗のない売却が出来ています。
清潔感がある生活しているお部屋(生活感のあるお部屋)になれば完璧ともいえます。

では、清潔感のある生活感のあるお部屋とはいったいどんなお部屋を言うのでしょう。
以下では、具体的に見ていきましょう。

不利なケースもある売却開始前のお引越し!

マンション売却と査定-2

空き家はなぜ成約に不利なのか?、

それは誰も住んでいない家はガラ~ンとしていて、ただの箱となり生活感をイメージしずらく、あまり魅力的ではないからなのです。
内覧者が売主には言わないけれども、実際の内覧時に必ずしていること、それは「ここに実際に住んでみたら一体どんな暮らしができるだろう」とイメージすることです。

あなたは新築マンションのモデルルームをご覧になられたことはありますか?。
モデルルームは専属デザイナーが家具やカーテン、置いてある雑貨まで厳選しホームステージングを施し、内覧者(ご購入検討者)に見ていただいていますね。
もしモデルルームがガラ~ンとしていたらと想像してみてください。
自分のそのマンションでの新しい生活感をイメージしづらく、あまり魅力的に映らなくなってしまうことが想像に難くないでしょう。

では、どうしてみなさん空き家にした方が良いと思っているのか?

それは新築マンションなどのモデルルームのように素敵な空間にはとてもできないと思っておられるからではないでしょうか。

でも、高く売るにはなにも新築マンションのようなモデルルームにすることはありません。

空き家では絶対できないこと、それは新居としての楽しい生活シーンをイメージできるお部屋に限りなく近づけ、印象づけてもらう工夫をすること。

言い換えれば家具をどこに置こうか?、テレビは?、冷蔵庫は?、ベットは?などの配置イメージのお手伝いをしてあげることで喜ばれ、そうすれば必ず高く売ることができるのです。

『私の家具やテレビなどではそんなイメージのお手伝いなどとてもとてもできないわ』などと言われる売主がおられますが、今一度ここで考えてみてください。

ご自分の売却しようとしているマンションを買おうかどうしようか見に来る方なのです。

生活のレベルや環境はそんなに変わらない方が見に来ておられることを知ってください。


反対に空き家の場合、家具配置のイメージも不可能なうえ、購入検討者も売主が既に新居に移り住んでいるということを容易に想像できるため、この家を早急に売らなければならない理由があることが明確となり、その結果、価格交渉しやすくなり、売主にとっては売却価格を大きく下げる原因になります。

従って居住中よりも、空き家を売るほうがはるかに難しいのです。

高額成約のコツ1つ目 それは 内覧時導線の演出を考えることです。



では、居住中のお部屋でも生活感がありまがら高額売却するコツ(方法)をお伝えしますネ!(^^)!。

でもちょっと待ってください。

この高額売却のコツはどんな不動産業者でも行っていることではありません。

なぜ行っていないのかは、それぞれの不動産業者の売却についての考え方があるので、一様にはその違いをコメントするのは控えますが、1つだけ言えることは、不動産業者はあなた(売主)のための売却はやらないということであり、不動産業者の儲けのための売却しか考えていないということです。
ですので、不動産業者の中には高額成約のために空家にしてくださいと言っている業者が90%以上もいるという現実があります。

空き家にした方が良い場合のほとんどが、整理整頓されていないお部屋の場合があります。
確かに、この場合、空き家にした方が良い場合もあります。

しかし、その前にちょっとだけお部屋の整理整頓についてどうすればいいのかだけでも知っていただきたいのです。

生活感のある室内の整理整頓とは!



引越して空き家にしてから売却した方が売れやすい…と考える方が一般的ですね。

マンション売却時のお片付け1

ご家族の荷物が多すぎる場合など、実際の広さが解かりづらい場合や、物が置いてあると中がちゃんと見られないケースもあります。
マンションは戸建住宅と比べこの傾向が特に顕著に表れます。
また、空室であれば、売主の都合も関係なくいつでもご案内する事が可能になります。
しかし、工夫次第では居住中の方が生活感があり、購入後のイメージがつきやすい場合が多くあります。
しかし、どうしても片付かない場合は片付けとお部屋演出専門家であるホームステージャーの力を借りることもいいでしょう。


☛ ホームステージング。それは売買で家を魅力的に輝かせる術。売却は演出が絶対条件です。

コーラルには、高度な教育と現場経験豊富なホームステージャーが5人在籍していて、売主へ整理整頓についてアドバイスさせて頂いております。
整理整頓については、ぜひ、コーラルのホームステージャーにご相談されることをお勧めいたします。

売却現場で起こっている不動産業者の横行

あなたの満足成約を阻害する売買現場で横行している悪質な手口とは

誰もが間違ってしまう 不動産業者選択!
売主の状況を無視し、空き家の方が売却にスムーズですよとアドバイスする不動産業者はとても多いです。
例えば、ご実家が空き家となり誰も住まう事が出来ないような状況の場合は、空き家でも売却は良いでしょう。
また、時として空き家にしてハウスクリーニングを施し、その後売却活動した方が良いマンションや一戸建てもあるでしょう。
しかし、マイホームとして綺麗に住んでいる状況なのに、空き家にしなければ売れませんという不動産業者の嘘のアドバイスを鵜呑みにしてしぶしぶ空き家にすることは無いのです。

不動産業者の嘘のアドバイスによる『成約』と言う結果が出ない人に共通する不動産業者への錯覚と現状を知りましょう。
 

今現在、他社に空き家の売却を依頼している方へ

※まずは、現在の販売状況を診断してみませんか?
どうして内覧が無いんだろう?、今の広告ってこれで良いの? 
など知りたくありませんか?
マーケティングとセールスのプロフェッショナル、コーラルの宅地建物取引士が調査してご報告します。
 

不動産売却成功の鍵


不動産の売却(空き家)の問い合わせは

-----------------------------------

お電話でのお問い合わせ

0120-987-907

メールでのお問い合わせ 

-----------------------------------

無料査定&売却相談はこちら!
営業全員宅地建物取引士による
年間150件以上の売却成功実績
累計1000件以上の成約実績は伊達じゃない!
どれだけお得になるかも
聞いてみよう! 
売るか売らないかはその後で!!

↓↓
不動産売買時の無料査定はここをクリック☟
※査定ページへ




&show(): File not found: "755423_1.jpg" at page "住まい売却時の基本(②)・空き家より高く売れる居住中のマンションや一戸建て";