マンション売却、一戸建て住宅売却、マンション売買、不動産売却、仲介手数料無料、査定、マンション購入、新築戸建住宅購入、専門店

マンションが売れない理由、戸建て住宅が売れない理由や内覧来ない理由やを解説、成約する為の方法をお知らせしています。

マンションが売れない理由、戸建て住宅が売れない理由、内覧来ない理由やを解説、成約する為の方法をお知らせしています。

マンションが売れない・・さぁ、どうしたらいい???

公開日:2015/12/10 更新日:2016/12/11

売却活動を始めたもののなかなか成約しないで3ケ月が過ぎようとしています。売主としては、「こんな長く売ってたら、売れ残り物件と思われても仕方ない・・・。」とあきらめモードになってしまうもの。
でも、もしかしてこの状況、不動産屋の売れない戦略と戦術に思いっきりはまっているかもしれません。

マンションがなかなか売れなくて、売れ残り状態になってしまった時でもまだできることがあります。
ここでは、売れ残りな状態から成約するためにできる、とても簡単なことからプロフェッショナルなことまでお教えしちゃいます。


マンションを取り巻く現状は

不動産屋は「時期的に難しい」とは言ってくるけど、いったいマンション売却環境はどうなっているのでしょう?
販売環境を知らなければ、対策を打つにも効果薄になってしまうかもしれません。
ここでは、今を取り巻く環境についてご報告いたします。
厳しいこともお伝えしますが、対策は何かしら打てるものです。
落ち込まないで確認してみてください。

政府の住宅政策はストック経済(既存住宅利用活性化経済)にシフトしています。
しかし現実は、都心などでは総戸数1000戸以上もある大規模タワーマンションから、20~30戸程度の小規模なマンションまで、今でもマンションは建ち続けています。
その数に比べ、解体されるマンションや戸建ての数が少ないことに違和感を感じすにはいられません。
今日、テレビなどで毎日のように言われ続けている現状をいくつか集めてみました。

個人消費の大幅落込み
雇用者報酬の大幅減少
日本人の貯蓄率の大幅減少
実質賃金が大幅に低下
非正規雇用が急増
増税の影響で物価が低下(消費者物価指数の低下)
前年比6.1%減
また、核家族化が進み、人口が減り始めていること、生活保護者の増加、しかも、政府の政策の矛盾(女性の社会進出「女性が輝く日本」「女性の活躍」を掲げる一方での児童待機数の問題、保育所問題、後期高齢者介護問題はまだまだ深刻で働く環境は整っていません。
このような中、今でもマンションは年間約7万8000戸(前年比6.1%減)、戸建ては27万戸(前年比9.6%増)が新規に市場へ供給され続けているのです。
マンションも戸建ても新築後1年建てば入居の有無にかかわらず中古です。世の中には、過剰供給された中古マンション、中古戸建が溢れかえっています。
一部のマンション、戸建てを除き、供給が多くなれば価格は下がるのが市場原理です。

マンション固有の問題について

マンション特有の、戸建て住宅と違う所有経費とはどんなものでしょうか。
マンション、戸建て共通なものに固定資産税、都市計画税があり、マンションには上記以外に毎月の管理費や修繕積立金が発生します。
マンションが売れない理由は様々ですが、売れない理由を分析してみると、このマンション特有の経費もあるやもしれません。
しかし、それとは反対に「マンションは管理を買え!」とも言われるほどマンション特有の経費(毎月の管理費や修繕積立金)はとても重要なアピールにもなるのです。
マンション特有の経費もアピール次第で欠点ではなくなります。ではどうアピールしたらいいのか?。
とても様々で、これを見極めれば成約に向けての解決策が見つかるかもしれません。

売れない時・内覧来ない時の対処法

画像の説明

なぜ、売れないのか?

6ケ月経っても売れないで残っている「在庫マンション」を成約するには?

この項目をご覧いただいている方の中には、

今、マンションや戸建て住宅を不動産販売業者に任せたのに売れずに悩んでおられるのではないでしょうか?

どうして成約しないのか?

本当にあてになるのは『失敗している理由』

そのマンションは、価値が低く悪いものでしょうか?

おそらく、違うと思います。

あなたが惚れ込んだマンションにも拘らず、売れずに在庫となっているには理由が有ります。

私も以前は、売主から売却を任せて頂いたにもかかわらず、

なかなか売れないマンションを抱えていた時は、

毎日その在庫と化したマンション情報を目にする度に、胃が痛い思いでした。

「なぜ成約しないのか?」

「どうして失敗したのか?」

日々自問する時を過ごし、売れない理由ばかりを売主様にお伝えすることとなり売却が嫌になったことも有りました。

ここで分かったこと、それは本当にアテになるのは『失敗した理由』です。

失敗した理由を明確にして改善すること、

言いかえれば

そんなマンションでも、コンセプト策定とプレゼンテーション次第でまったく売れ行きが変わることを知ったのです。

ただ、

今、あなたに伝えたいこと、それは

そう、「果敢にチャレンジしたけど、先に失敗してしまった。」ということです。

だからそのことを糧に、失敗した理由はっきりさせ売却手法を変えることにより成功することになります。

「いいものが売れる」とは限らない。

商品は違いますが、例えば、

コンビニでよく見かける
サントリ-から出ている「BOSS」という缶コ―ヒ-がありますが、

当初「WEST」という商品名でした。この時は売れ行きは今ひとつ。

「BOSS」に名称変更して、売り上げが2倍以上になったとのことです。

これも、コンセプト勝ちしている商品だと思います。

「缶煎茶」→「お~いお茶」 

缶入り緑茶「缶煎茶」として発売すると、

「“煎茶”の読み方が分かりません!」、

「“煎茶”って日本のお茶ですか?」と苦情が殺到。

慌てて「お~いお茶」に変更してから、

その後20年間緑茶飲料シェア一位の人気飲料になったということなのです。

他にも

「フレッシュライフ」→「通勤快足」 

抗菌防臭加工の靴下は、最初「フレッシュライフ」で発売したが売り上げは伸びない。

そこで、「通勤快足」とネーミング変更すると売上は10倍になった。

あなたもご存知のように、「通勤快速」以外にも世の中に素晴らしい靴下は巨万とあります。

が、

その商品は、売れているでしょうか?

おそらく「NO」です。

では、一体何がその差を分けるのか?

答えは、

売れるコンセプト作り」と「プレゼンテーション(売れるための戦略と戦術)」があるかどうかだけです。

ただ、

あなたもコンセプトが大切なこと、プレゼンテーションで成約になることは分かったと思いますが、

その肝心なコンセプトの作り方、プレゼンテーションのやり方が分からないと思います。

成約する為の戦略と戦術もおそらくわからないのではないでしょうか。

確かにマンションや戸建て住宅を販売する場合、色々な販売における公正表示が求められます。
例えば、「最高」、「絶対」、「最も」などの表現は使用することが制限されています。

また、新築マンションの様に売り出している物件毎の広告用ホームページの露出費用やチラシ作製費用も格段に違います。

その中で、購入検討者へどう露出するのか?、どう良いイメージを持ってもらうのか?、どう見ていただくのか?、どう現地案内にこぎつけるのかなどを考えなければなりません。

この解決には物件に向き合う本気度と経験が無くてはなりません。

もし、あなたが在庫と化して苦しんでいるマンションをお持ちであれば、コーラルの売却コンセプト作りとプレゼンテーションが希望の光となるはずです。

成約に向けてのコンセプト作りとプレゼンテーションなど聞きたいことがあれば、コーラルまで、ご連絡下さい。

お待ちしております。


では、ここから本題に入ります。
販売しているのに数か月経っても、マンションが売れないとき、戸建て住宅が売れないとき、内覧来ない理由や成約する為の改善策を見ていきましょう。
改善策はステップ5までありますので、そのそれぞれについてご説明します。

売買成約するためにとても必要な6つのこと(マンション売却・戸建て住宅売却編)



関連のページ

ありえない不動産業者の現状とは
インターネット系不動産会社がなかなか売れない(成約しない)のはなぜ?
マンションが売れない理由・・大手不動産会社に頼むと両手仲介じゃないと売らないから。
マンションが売れない理由・・自称「地元に強い不動産会社」に売却は任せてはいけない
マンションは今後10年後までに売却が絶対条件かも
売れないでお悩みのあなたは必見



お問合せ



コーラルでは、年間に査定で500件超、売却相談では1000件超の相談を賜っております。
その中には、他社に売却を任せている方も多くおられます。
今の状況に満足されていない方は是非、どんな些細なことでも構いません。
コーラルへ聞いてみませんか。
相談はメール対応や電話対応のみでは費用は掛りませんし、
また、しつこい弊社への切り替えや売却誘導への営業はしておりませんのでご安心ください。
解決策は必ず有るものです。

 売却についてのあんな事こんな事、どんな事でも結構です。ご気軽にお問合せ下さい。



 電話でのお問い合わせはこちらから↓↓↓

フリーダイヤル0120‐987‐907


It's your pleasure  あなたの未来が輝きますように♪
あなたの未来が輝きますように





powered by QHM 6.0.11 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

マンション売却、マンション購入、不動産売却、不動産売買、江東区,墨田区,中央区,千代田区,港区,新宿区,渋谷区,文京区,中古マンション売却査定、戸建て住宅売却、任意売却、マンションを売る、マンションを買う、任意売却専門店、仲介手数料【定額0円、無料、半額、定額30万円、業界最安値、1%、2%】、瑕疵担保保険,住宅設備延長保証,緊急駆けつけサービス,無料価格査定、売却情報、売るには買うにはのご相談は売買専門店、不動産コンサルティング会社、ホームステージング、物件演出、最終手取り額の多い不動産会社、不動産業者、価格上がるか下がるかの判断、足立区、江戸川区、荒川区、北区、練馬区、中野区、杉並区、世田谷区、目黒区、大田区、武蔵野市、三鷹市、狛江市はじめての方でも安心売却、新築一戸建て購入、不動産業者・不動産屋・不動産会社