マンション売却・戸建て住宅売却など不動産売却は仲介手数料無料(安い)と査定から。不動産購入(マンション購入、戸建住宅購入)も仲介手数料無料の不動産売買専門店

マンション売却で最も高く売る戦略戦術&査定とは・中古マンション売却で手取額を多くするコツ、注意すべき点・居住中・住みながらの手法を解説します。

マンション売却・査定は数々の差別化売却策が好評のコーラルへ。

マンション売却&査定で損しない、失敗しないコツとは

これを読む前にマンション売却しないで!
読まないで売却を始めると失敗するから。

どの不動産会社で売却依頼しても役に立つ、より良い販売活動がおくれるためのガイドブックです。

代表 井上正子

マンション売却の最新現場から伝える、
自分に最適なマンション売却活動を
実現するための 
査定も販売手法もすべてがここに!
最も売却成功するノウハウとは?
これからマンション売却&査定する人には必見です。

代表 井上正子

ただ、コーラルの結果の出せる
高速PDCA販売手法を駆使した
マンション売却マーケティングで
あなたのマンション売却は失敗しません!

コーラルの売却手法は、
このページの最後にアピールさせていただきます。

不動産売却のプロがお届けするマンションを高く売るコツと査定

このページであなたが得ることとは...

1. まず、マンションを売るってどんなことだろう?
   人生で一度くらいしかないことだからわからないことばかり
 ☛「現状」と「認識」について
   マンション売却の現状はどうなってる?
   マンションを売る場合の認識とは?

 ☛ 売却する場合、一番最初の入り口は査定です。
   査定は大きな分岐点?
    
2. マンションの市場価値を高める方法〜
 ☛ 居住中と空き家はどちらが有利?
  売却成功の大きな差を知り、それを販売に生かすには?
 ☛「コツ」について◾高額売却には不利なケースを学ぼう!

3. 必死になって売却活動しても半分が失敗するワケー
 ☛ 会社選びやその他諸々を間違える典型的なパターン
 ☛ 基本中の基本【汚い家は誰も買わない】
  ◾お部屋の第一印象を改善する

4. あなたにとって最悪な売却パターンとは
   不動産会社のダメな仕事と最高の仕事〜
 ☛ 不動産業者が隠している最もやってはならないこととは?
 ☛ 売却額最大化の為にコーラルのやっていることとは。

5. 担当者は売却のプロ?〜
 ☛ 宅地建物取引士は売却のプロではありません!
 ☛ 反響がどんどん上がる広告と上がらない広告との違いとは
 ☛ 成約という成果の出せる売却マーケティングを使った広告はその道のプロにしかできません。
 
 
6. マンション売却に関するブログから
 ☛ マンション売主必見!
  ジャパネット社長に学ぶ家売る王道など多角面から成功する方法を学べます。

このページの担当者: 井上正子とコーラルの仲間たち
普通の人が突然、人生に一度や二度くらいしかないマンションを売ろうとしても自分だけでは出来ないし、だからと言って不動産会社を選ぶのは簡単じゃない、だから後悔も多く失敗例が多いんです。
しかも失敗したら、何百万もの損失ともなり失敗できないですよね。
このページでは、あなたがそんな失敗をしないように、コーラル株式会社の井上正子と山本繁晴、石井雄二、村上義美が、年間200件以上、これまで1000件以上もの成功した事例をもとに、成功し続けてきた誰にも負けない実績(不動産仲介業キャリア25年以上の不動産営業で経験してきた売却で成功する方法)や、どんな人が成功してどんな人が成功しないのかの違いを、実際の成功した事例をもとに作りました。


マンションは

マンション売却時の価格には、他の商品と違い『定価』と言うものがありません。マンション売買成立する価格、言い換えれば売主と買主が売買合意する価格が、そのマンションの価格と言えます。
マンションは査定後の売出価格の決定次第で大きな損失を出すことにもなり、また販売の仕方を間違えると、数百万円もの差が出てしまう場合がとても多くあります。
ここでは、マンション売却をこれから行う売主にとって最も有利な査定額アップ法と販売手法を、コーラルの多くのリアルな販売現場での経験を踏まえ解説します。

マンションを高く売り手取額を多くするには?

ちょっとしたことなのに、大きな売却差益を生むマンション売却時の認識を、売主と買主のそれぞれの立場を踏まえたうえで解説しています。
後悔しないために、ぜひ読んでみてください。


テレビ取材履歴

めざましテレビでマンション売却ご案内の様子が紹介されました  ZIPでマンション売却ご案内の様子が紹介されました  サタデープラスでマンション売却ご案内の様子が紹介されました
めざましテレビで案内場面が放映されました。

マンション売却・査定

ちょとした工夫であなたのマンションは高く売れます。

本当にそうなのです。
このページの最初でお伝えするちょっとの「認識」と「コツ」で、あなたのマンションは売れます。しかしとても満足した成約を望んでおられる場合は、「コーラルのマンション売却手法」を併せて採用することで、満足なる高額成約が可能となります。

「認識」も「コツ」も、実は誰でも簡単に実践できることです。言いかえれば何も難しいことをしなくては、高額成約しないようなことではありません。
では、その「認識」とはなにか?、「コツ」とはなにか? 
ここでは、マンション売却場面における、その「認識」と「コツ」を具体的に解説していきます。
最後に、「コーラルのマンション売却手法」も説明させていただきます。

ちょっとしたことなのに、この違い!

「現状」と「認識」について

代表 井上正子

大手不動産仲介業者は、最初の現地マンション査定時や媒介契約時(売却依頼時)、この認識もコツもなかなか教えてくれません。
また、マンション売却依頼後は売主様のことなど全く考えてもいない言動へと変わります。

しかし、なぜ?

なぜ教えてくれないのか?

なぜ態度が変わるのか?

それは「売主に喜んでいただくマンション売却」ではなく、「業者のための両手仲介売却」にしたいという思いがあるからなのです。
このことは、後程、詳細をお伝えするといたしまして、その前に、ここでは「認識」についてお伝えしたいと思います。

なぜ教えてくれないの?リンクはこちら。 ありえない不動産業者の現状とは

マンションを売却する場合の売主の認識、それは、
あなたの売ろうとしているマンションは売買する以上、商品であるということを認識していただきたいことです。
また、マンション売却をすることにおいて重要なこと、それは売主とは反対の立場の買主の思いを考えてみていただきたいということです。

商品とは、「売り買いする(される)品」のことですが、マンションも売り買いする以上は商品と言えます。また商品はわたしたちの暮らしで、衣・食・住の欲求を満足させるモノのことです。このことからマンションは住の欲求を満足させるモノでなければなりません。
買主は、この住の欲求が満足すると考えられる時に購入を決断し、その結果売買が成立います。
買主が満足しない買物は絶対ないと言えます。
マンションなどの高額商品では尚更です。


売主としてのあなたの「認識」とは、 

マンションを売るときマンションは商品となります。

従って、商品を売る責任を持つという認識が必要です!!

認識としてのマンション査定について

マンションの査定は、取引事例比較法によります。
この取引事例比較法で難しいのは、成約事例を探すことです。

駅からの距離、広さや築年数、成約事例の成約年月だけでマンションの価格を決めるのであれば知識と経験があり、たくさんのマンション現場を見ている担当者であれば、この方法で妥当な数字を導き出せる可能性があります、しかし実際にはマンションの室内の状態によって価格は変わるものです。しかも隣室がゴミ部屋かもしれないですし、マンションの前がゴミ置場でいつも汚い状況かもしれないですよね。
にもかかわらず、我々不動産会社が入手できる比較対象の取引事例には、室内の状態も近隣情報も出ていません。つまり、今までどういうリフォームがされているかわからないものと比較し近隣環境は無視しなければいけないのです。
これでは正確な数字は出せません。
築浅であれば大きな問題はありませんが、築年数が経っているマンション物件ほど、査定額と使用価値に乖離が生まれることを知っておいてください。
今では簡単に、最近目立ってきた一括査定サイトでマンションの価格査定をすることができます。
しかし、その査定額は数百万円も開きがある場合があります。
それは、査定する各不動産会社の担当者の思惑が違うからです。
コーラルのマンション査定は万全を期しております。
しかしマンションの価格は定価が無いとも言われるくらい多様なものです。
このようなことから、完璧な机上査定をご希望の場合、コーラルでは複数の不動産屋さんに机上査定を依頼して査定精査していただくこともお勧めしています!!


☛関係コンテンツ
不動産価格査定(マンション価格査定・戸建て住宅価格査定)に影響する各要素について

「コツ」について

マンション売却と査定

マンションを売却するのも購入するのも「人」です。
購入検討者の立場で「私だったらどこを見るか?」「どんな物件を買いたいか?」を今一度、是非、考えてみてください(^^♪。

このことをしっかり考え、以下のことを実践した多くの方々がコーラルで満足の成約を迎えられ大変喜ばれました。

以下ではマンション売却するときのコツを纏めてみました。

と、その前に、まず、居住中と空家のお部屋 どちらが高く売れやすいし売主に有利に売却できると思いますか?

はい、そうです! 空家  では有りません。

なんと、居住中のお部屋のほうが売主様に有利なケースで成約しやすいことが多いです。

コーラルにマンション査定依頼されてこられる方のほとんどの方が、空家の方が成約し安いと思われていますが、実はそうでもないのです。

それは、以下の通りからです。

売却前の引越しは高額売却には不利なケースがあります!

マンション売却と査定-2

空き家はなぜ成約に不利なのか?、

それは誰も住んでいない家はガラ~ンとしていて、ただの箱となり生活感をイメージしずらく、あまり魅力的ではないからなのです。
内覧者が売主には言わないけれども、実際の内覧時に必ずしていること、それは「ここに実際に住んでみたら一体どんな暮らしができるだろう」とイメージすることです。

あなたは新築マンションのモデルルームをご覧になられたことはありますか?。
モデルルームは専属デザイナーが家具やカーテン、置いてある雑貨まで厳選しホームステージングを施し、内覧者(ご購入検討者)に見ていただいていますね。
もしモデルルームがガラ~ンとしていたらと想像してみてください。
自分のそのマンションでの新しい生活感をイメージしづらく、あまり魅力的に映らなくなってしまうことが想像に難くないでしょう。

では、どうしてみなさん空家にした方が良いと思っているのか?

それは新築マンションなどのモデルルームのように素敵な空間にはとてもできないと思っておられるからではないでしょうか。
でも、高く売るにはなにも新築マンションのようなモデルルームにすることはありません。
空家では絶対できないこと、それは新居としての楽しい生活シーンをイメージできるお部屋に限りなく近づけ、印象づけてもらう工夫をすること。
言い換えれば家具をどこに置こうか?、テレビは?、冷蔵庫は?、ベットは?などの配置イメージのお手伝いをしてあげることで喜ばれ、そうすれば必ず高く売ることができるのです。
『私の家具やテレビなどではそんなイメージのお手伝いなどとてもとてもできないわ』などと言われる売主がおられますが、今一度ここで考えてみてください。
ご自分の売却しようとしているマンションを買おうかどうしようか見に来る方なのです。
生活のレベルや環境はそんなに変わらない方が見に来ておられることを知ってください。


反対に空き家の場合、家具配置のイメージも不可能なうえ、購入検討者も売主が既に新居に移り住んでいるということを容易に想像できるため、この家を早急に売らなければならない理由があることが明確となり、その結果、価格交渉しやすくなり、売主にとっては売却価格を大きく下げる原因になります。
従って居住中よりも、空家を売るほうがはるかに難しいのです。

高額成約のコツ1つ目 それは 内覧時導線の演出を考えることです。



では、居住中のお部屋を高額売却するコツ(方法)をお伝えしますネ!(^^)!。

マンション売却と査定②

基本中の基本【汚い家は誰も買わない】

当たり前なことですが、汚い家は誰も買いません。

このことを忘れてる売主様があまりにも多いです。

マンションってとんでもなく高額商品です。マンションを買う場合ほとんどの人が何千万もの住宅ローンを組み買うわけですから、その分選ぶのにも慎重になるのは当たり前のことです。

ここでハッキリ言わなければと思いますが、自分のマンションが『ほかのマンションと比べても凄く良い』と思っているのは売主だけです。

確かにその思いはよくわかります。他と比べて良くなかったらご自分もお買い求めされなかったのでしょうから。しかしご自分が購入されるときに窓ガラスが汚かったり、窓隅に埃が積もりに積もっていたり、壁やフローリングが傷だらけだったり煙草のヤニで黒ずんでいたり、たばこの臭いで臭かったり、ドアが壊れていたり、黒ずんだ便器だったり、シンクが白く濁っていたり、カビだらけの風呂だったり、キッチンや周りの壁が油ギトギトだったりしたらどう思われますか?。
こんなマンションに3,000万とか4,000万出して住みたいって思いますか?

一番ダメな状態がお部屋が片付いていないことです。

マンション売却しようとしているのに、内覧時キッチンには残飯が置いてあったり、お部屋に紙袋やスーパーの袋が置いてあったり、棚の上が煩雑に荷物が置いてあったり、こんな片付けされていない状態は、お部屋が大切に使われていなかったことが簡単に理解できるため、
はっきり言って誰も住みたいと思いませんし絶対に買いません。

◇不動産仲介業者の言葉を鵜呑みにしての失敗

不動産業者もマンション売却の委任を取りたいがために、室内が片付いていない状態になっているにもかかわらず、そのことを指摘しないまま『普段のまま見せれば良いですよ』と言い、マンション売却依頼を取る業者がほとんどです。
この言葉を鵜呑みにして売却したら、家の汚れを理由にひどく値切られ、結局当初の希望価格を大幅に下回る売値で手放すことになります。

これでは売主の本当の目的の早期高額成約になりません。

ここで再度お伝えしたいこと、それは、あなたの売却するマンションや住宅は売買する以上、商品であるということを認識していただきたいということです。
マンション売却をする場合において重要なこと、それは反対の立場のマンション購入する場合を考えてみていただきたいということです。
たまに内覧時に押入れや収納など見させていただけない売主がおられますが、マンション売却時にこれは最もやってはいけない行為です。
内覧のときは、希望された場所は全てお見せするつもりで準備することが基本と思ってください。
実際、冷やかしではなく買う人は、押入れとクローゼットは開けて図面と相違ないか必ず確認されますし、また最近では一級建築士に依頼しシンクの配管を確認さてる方もいます。

では、このことを踏まえ、以下ではどうしたらより高く早期にマンション売却できるかを、売主ができることに主眼を置き具体的に説明します。

お部屋の第一印象を改善する


マンション売却と査定③

少しでも高く売れるマンションは「内覧者に最低限でも幻滅だけは与えないお部屋」です。


中古マンションの購入検討者は、初めに販売図面やチラシ、ネットなどで室内レイアウトをあらかじめ確認してから訪問されます。
その後の実際の内覧では、当然ながら購入検討者は、内覧においてお部屋の内装状態、採光などを細かくチェックされます。
その為の内覧なのですから・・・・
購入検討者はマンション物件が「古い」とか「狭い」はある程度内覧前に理解されて内覧に臨まれます。
しかし、室内が「汚い」や「片付いてない」状態は理解されておられません。
それどころか露骨に嫌な面持ちになられます。

よく見受けられますが、まあ、これくらいは許容範囲だろうと室内を整頓されないまま内覧者を迎えられる売主がおられますが、これでは絶対に成約しません。

しかも、お部屋が散らかっている状態は収納が足りないからというレッテルを張られます。
印象を良くするために必ずおこなっていただきたいこと、それは物を出しっぱなしにせず、物入れやクローゼットなどの収納に入れておいてください。

少しくらいいいやなどの甘い考えでは絶対高額成約はしません。

マンション売却と査定④



断言できます。マンションの外観が綺麗でも室内が汚い物件はまず高く売れません。いいえそれどころか絶対に購入されません。


売主はご自分が購入する立場で「私だったらどこを見るか」を意識して内覧時に臨んでみてください。
また、もし可能であればデコレーション・インテリアコーディネート系の雑誌を参考にして室内イメージアップすることをオススメします。


 ☛ 不動産(マンション・戸建住宅)売却時にリフォームは必要?

お部屋の適切な情報をお伝えする。

手取額を多くする(高く売る)には、売主は販売のための的確な準備をして、 誠実な対応で買主に相対し、適切な情報を正直にお伝えすることです。

どうしてもわからない場合は、コーラルでは売主に下記事項をお勧めしております。
今まで下記事項を実行された売主は高く成約しています。


室内清掃


マンション売却と査定⑤

※水回り設備の清掃(キッチン・バスルーム・トイレ・洗面台は 特に手入れ具合を見られます。)
※室内の拭き掃除/掃き掃除
※クロスの汚れ拭き

マンション売却と査定⑥

内覧されるとき購入検討者が、絶対に見られる場所がキッチン、お風呂、トイレ等の「水回り」です。


「水回り」は綺麗に整理整頓され、またあまりゴチャゴチャとした物などを置いておかないほうが、初めて観る方には好印象を与えるようです!
また「水回り」をきちんと清掃していないと、排水口の匂いなど、悪臭の元にもなります。
いくら見た目が綺麗だったとしても、悪臭のある家をあなたなら買いたいと思いますか?
最低限やっておかなければならない部分として、日頃から水回りだけは綺麗、そして清潔にしておくことをお奨めいたします。
きちんと日々の掃除をしていれば問題はないはずですが、気になる方は香りの良い、芳香剤等を置いておくことも良いのではないでしょうか。
過去に高く売却できた売主は、玄関から入ったところにお花を飾ってカードも付けられておられました。
花があると殺風景な部屋が明るく見え、手書きのカードでほかの売主よりも身近に感じてもらえるみたいです。
また、トイレにポプリを置くなどの方法も有効です。
室内もまずは見た目の第一印象が重要ポイントです。

マンション売却時のお掃除1

また、弊社ではプロによるハウスクリーニングをお勧めしております。売主が整理整頓された室内にハウスクリーニングをすることでお部屋がとても綺麗になります。

マンション売却⑦

なぜ、弊社ではマンション売却時ハウスクリーニングをおすすめしているのか、それは一度徹底的に綺麗にすることで高く売れることが分かっているからです。
ハウスクリーニングサービスについてはサービス基準が設けてありますので、     こちらを必ずご確認ください。⇒ 『各種サービス基準』



換 気



まずはお部屋の空気入替えを時間を掛けておこない、生活臭の無い状態にしていただきます。

マンション売却時には窓開け換気をしましょう。

中古マンションをお探しのお客様にとって匂いというものは、マイホームの夢が一気に現実に引き戻されます。
夢と希望に満ち溢れ内覧に来たのに、生活臭という匂いにより興ざめしてしまい購買意欲は一気に無くなります。

マンション売却と査定⑧

引き続き夢を見ていただけるよう、また前向きに購入を検討していただくためにも、換気は売主にとっての義務とお考えください。



☛ 売却時の臭いは最大の敵。臭いを匂いに変える方法とは

荷物の整理整頓



引越して空家にしてから売却した方が売れやすい…と考える方が一般的ですね。

マンション売却時のお片付け1

ご家族の荷物が多すぎる場合など、実際の広さが解かりづらい場合や、物が置いてあると中がちゃんと見られないケースもあります。
マンションは戸建住宅と比べこの傾向が特に顕著に表れます。
また、空室であれば、売主の都合も関係なくいつでもご案内する事が可能になります。
しかし、工夫次第では居住中の方が生活感があり、購入後のイメージがつきやすい場合が多くあります。
しかし、どうしても片付かない場合は片付けとお部屋演出専門家であるホームステージャーの力を借りることもいいでしょう。

マンション売却と査定⑨

購入検討者はその家の使われ方を見たり、売主の人柄を見たりして、どのくらい大切にその家を使っていたか、家に対する思い入れを確認できるというメリットがあるのです。



居住中であれば、売主としてはいろいろな見せ方を工夫できるのも大きいでしょう。
居住中であれば綺麗に見える部屋も、退去して家具や冷蔵庫が撤去されると、今までの暮らしの汚れというものは結構気になるものです。
壁面も床面も、隠れていたところ、使用していたところ、それぞれに差が見られます。
壁紙や床材をリフォームしたりしない限り、ちょっとやそっとのクリーニングでは経年変化の跡は消し去れないものです。
隠し切れないなら隠さないことです。
引越しをすると家具が無いから隠し切れませんが、家具があれば隠さなくても汚れの後は目えることは有りません。

マンション売却と査定⑩

居住中でもできること、それは引っ越し先の家に持って行かない不要なものは排除してすっきり整理整頓することです。



内覧

実は、マンションは売り出し開始から3ケ月間、それも1ケ月目が一番の高額で売主様に有利な購入者が現れる期間です。
この期間だけでも内覧希望が有りましたら、絶対に断らないことです。内覧時売主がお部屋にいなければならないことは有りません。コーラルの担当者が責任を持って内覧に立ち会いますのでお任せ下さい。
但し、貴重品や無くなったら困るものは室内に残さないようにしていることをお願いいたします。
ただ、最近では不動産業者で内覧に立ち会わない会社もあります。内覧に売却を任せた不動産業者が立ち会わないのは、その家を売ることを放棄したにも等しい行為です。
この場合、この不動産業者はすぐに変更したほうがいいですね。

内覧当日


マンション売却と査定⑪

室内のすべての照明を必ず点けてください。

マンション売却時の照明1

ご案内時の時間帯や天候にもよりますが、室内に入った瞬間、少しでも明るい印象を与えたいためです。
マンションの間取りにもよりますが、陽が入らない暗いお部屋などは必ず明るい状態にします。
ただ、実は、部屋の電気を事前にわざわざ消しておいて部屋に入った時に電気をつけるということが有効な場合があります。
この手法の目的は、内覧者にお部屋にはマイナス面もありますが、プラスへと解決できるということを見ていただくことで、内覧時に物件の全てを見ていただこうというアピールが出来るところです。
一歩間違うとアウトな手法なので、売主自身で勝手に行うのではなく、不動産会社の担当者と内覧前に十分に打ち合わせしましょう。

売主の印象も成約の要因になります。

やっと内覧者が来ました。
さて、あなたが売主でまだ売却中のマンションに居住中の場合、下記のどの様な対応で内覧者をお迎えされますか?

① 不動産業者任せにしてその場から退席する
② ただそこにいるだけで全てを不動産業者任せにする。
③ 不動産業者と事前に打合せ(想定される質問内容・お見せする所の選定・その他情報など)したようにふるまう。
④ 自分から内覧者に付き添い、せっせせっせと全部ご案内する。

ここでお伝えしたいことは、物件案内の際、売主の印象もマンション売却成約につながる大切なポイントになりえるということです。
実は、内覧者はマンション室内の様子だけでなく、そこに住む住人の「人柄」も観察しています。
コーラルが内覧現場でこのようにしたほうが良いと考える行動は③となります。
実は居住中物件の場合、内覧者はそこに住む売主がどういう人かも購入するかどうかの判断材料にしている場合が多く有ります。
住人が誠実そうで好印象だったという理由で、購入に踏み切ったという購入希望者は以外と多いです。
②はなんとなく無視されているようでゆっくり室内を見ることができなくなります。
④はあまり行きすぎた、営業マンを差し置いての過剰なセールスは、 逆効果になることが多いです。
場合によっては売り急いでいると勘ぐられ、値引き交渉につながる要因にもなりかねません。
無視もダメ、行き過ぎもダメ、しかしながら売主の丁寧な対応は、大切にされてきた家という印象につながりますから、内覧前に不動産会社の担当者と十分に打合せをして内覧対応することが望ましいと言えます。
また、なんといってもそのマンションの長所は、営業マンより住人が一番知っているのですから、買物の利便性や周辺環境などのアピールポイントを整理して、 質問には丁寧に答えられるよう準備しておきましょう。
住人が好印象だと、物件自体も良く見えてくるのは、心理的な点からも言えることなのです。
家族の写真をさりげなく飾っておくのもいいかもしれません。
好印象を持ってもらえるよう、丁寧な対応を心がけ身なりにも注意をはらいましょう。

ちょっここでコーヒータイム

マンションを実際見たいという人が現れました。
内覧日は、家族の中で誰が対応したらいいの?
さて、いったい誰でしょう?
答えは ↓↓↓ へ
☛ 内覧時の売主様ご対応について(売却現場から。)


高額成約のコツ2つ目 それは 住まう場合の環境についてお教えすることです。

ご近所にお住まいの方の情報は喜ばれます


マンション売却時家族構成画像

マンション1室と言ってもお買い求めになる方は、隣室にどんな人が住んでいるのか非常に気になります。
マンション売却の場合は、隣の部屋の方や、階上、階下の方の家族構成を知っているととても喜ばれます。


質問されても困らないために

近隣の施設、コンビニやスーパー、学校、病院などへの移動手段を再確認し質問があっても即回答出来るようにしておきましょう。
またバス等の公共交通機関や、車、自転車、徒歩での経路、所要時間を一通り把握して、メモを用意しておくと良いですね。
また、付帯設備の資料やパンフレットも有ればとても喜ばれます。
マンション内の共用部にアピールできる施設がある場合、その施設の利用方法もお伝えすれば喜ばれます。



比較されていることを知ること

マンションの購入検討者は、あなたの家を他の中古マンションだけでなく、ピカピカの新築マンションとも比較しています。今、マンション売買市場はアベノミクスや夏季オリンピック東京開催決定の良い情報によりよく売れています。しかし、まだまだ買い手市場なことは変わっていません。
購入者は、過去にないほどに多くの販売中マンションの中からあなたのマンションを選ぼうとしています。
これから先は、もっと多くのマンションとの比較となることを是非知っていてください。

高額成約の「コツ」とは、 

具体的に商品化するということ!!


ーー参考にーー
☛ 売買時購入者データから見えてくるもの

賢く早く売る重要ポイント



「マンションをより高く賢く売るためには」ということで考えると、マンション売却の活動に入ったら、早く売るほど売却価格は高くなる傾向があります。
特にマンションは他の種類の物件よりその傾向があります。

マンション売却と査定⑬

それは、もっとも重要なのは、適正な価格で売りに出し「早く売る!」ことです。

売り出してから、より早く現れる購入希望者ほど、そのマンション物件に対して興味と関心があり、そのマンション物件を評価しているのだということは理解してください。
もしかすると、そこで価格交渉をしてくるかも知れませんし、もちろん、後から来る方がもっと高く購入したいと言ってくるかもしれません。

しかし、時が経てば経つほどマンション売却は不利になるのが一般的な傾向です。

時が経てば経つほどマンションの売却価格は低下の一途をたどり、最終的な売却価格は 当初の予定より大幅に下回ってしまうのが今までの経験から言えることです。
だからといって、すぐに成約をしなければいけないと言う訳ではありません。

価格交渉されたら、すぐに断るのではなく、「いくらくらいなら、相手方は購入したいのか!」を率直に聞いてみることです。
その上で、お互い歩み寄りで売主・買主双方が納得出来れば成約になりますし、もし、断ったとしても、後から来る話の方が価格が高くなるという可能性は意外と低いです。

高額成約のコツ3つ目 それは 最終的には不動産会社の出来ることが早期高額成約を左右します。


不動産業者が隠しているマンション売却手法は?

売主の出来ること以外に不動産会社が出来ることがあります。
言い換えれば、不動産会社が出来ることをやらなければ、どんなに売主ができる上記『高額成約の認識やコツ』を頑張って行って頂いても高額成約にはならないと言うことです。
しかし、この不動産会社のできることを知らない不動産業者が多いことに驚いています。
では、冒頭にもお伝えしましたが、大手不動産仲介業者は、最初の現地査定時や媒介契約時(売却依頼時)、この認識もコツもなかなか教えてくれないのか?。

それは「売主に喜んでいただくマンション売却」では無く「業者の為の両手仲介」を基本にしたマンション売却にしたいという思いがあるからなのです。
しかも、売却委任を取得した後は両手仲介のためだけの売却活動しかしていません。そのことが分かる行為があります。皆さんももうそのことに気づいておられることと思います。
具体的には、以下で詳細ご報告しておりますので、是非、目を通していただければと存じます。

※ マンション売却時の

コーラルにはブランド力は有りません。しかし、販売力・早期高額成約力はめちゃくちゃ有ります。

マンション査定と売却

なぜ早期高額成約が可能なのか?、それはマンションの販売手法が他社とは違うからです。

この手法は・・・ここへGO⇒ コーラルの現場主義販売手法


どんな不動産業者を選ぶべきか?

言うまでもなく、昨今ではインターネットでお部屋を探す方が多いです。そのため、ポータルサイトにすぐ確実に情報を載せてくれるかどうかが重要です。ポータルサイトに物件情報が載ってないことは死活問題です。

その掲載に際して、お部屋の設備など詳細にわかりやすく記載してあることはもちろんのこと、建物外観、お部屋の内部の写真などが多数あることは重要です。
では、具体的に見てみましょう。

反響がどんどん上がる広告と上がらない広告

一番最初に購入希望者が目にする情報は、ポータルサイトの物件情報と販売図面です。
これによって、「実際に見てみたい」と思わせることができるかどうかでその後の展開が決まってしまいます。
よく一番反響が多いスーモ(SUUMO)に物件情報が掲載されていない物件が有ります。
これは問題外です。SUUMOには必ず掲載した方がいいです。
SUUMOは掲載単価が他不動産系ポータルサイト(アットホームやホームズなど)より高額であるため、掲載しない不動産屋さんもあります。
ただ、だからと言って掲載しないのは販売活動の手を抜いているようなものです。
もしSUUMOに掲載しない不動産屋さんだった場合、その不動産屋さんには販売委託するのは止めたほうがいいでしょう。
仮に販売委託している不動産屋さんがスーモへの掲載が直接では不可能な場合でも、他の不動産屋さんに掲載してもらうという方法もあります。
もし、他の不動産屋さんでも掲載していないようでしたら、一番有ってはならない「囲い込み」をされていることが考えられます。
ですので、販売依頼前には、依頼しようとしている不動産屋さんがSUUMO掲載するかどうかを確認してみましょう。

もう一度言いますが、もしSUUMO掲載しないような不動産屋さんは販売委託することは止めたほうがいいです。

たまに、SUUMOには掲載しないけど、アットホームやヤフー不動産には販売中物件がいろいろな不動産屋さんから掲載されていることがあります。

これも止めるべきです。

同じ物件を同じポータルサイトで何社も掲載していると、購入権検討者から下記のように見られています。

①何社も出しているということはなかなか売れないから。
②もしかしたら売り急いでいたりする?
③売れ残り物件じゃないの!
④販売価格に問題あるんじゃない。
こんなにマイナスなイメージで捉えられています。

もし、何社も掲載している物件が有ったら一般媒介契約かもしれませんが、しかし購入検討者が持つイメージは最悪ですので止めましょう。

掲載内容について

初めに目に行くのが、写真ですね。
写真は最低8枚以上に掲載が好ましいです。
しかしもし居住中でなかなか室内を見せづらい場合は、ポイントを絞って文章などのコメントでカバーするべきです。

掲載している物件の写真はイマイチ、コメントもイマイチでは購入検討者にはアピールが全く伝わりません。そのため当然内覧には至らないでしょう。

コーラルはお客様の大切な財産を預かって販売しておりますので、高く成約するように写真も物件コメントなども毎回数十枚、文字数制限上限までひねり出しております。

多くの不動産屋さんは販売図面や各ポータルサイトへの掲載状況を見る限り、手抜き感が否めません。
成約になった場合、売買価格×3%+6万円程の仲介手数料をお支払いになると思いますので、しっかりその分は働かせないといけません。
コーラルでは、仲介手数料無料プランや1%プランでも必ずSUUMO、アットホーム、ヤフー不動産に掲載し、また写真も多く掲載し、コメントも文字数制限上限まで書いています。
ホームズとオウチーノなどは他の協力いただいている不動産屋さんに掲載して頂くようにしています。その為掲載に漏れがあるなどということは有りません。
もし、今販売を委託している不動産屋さんにご不満や物足りなさを感じていらっしゃる場合は、遠慮せずにどんどんリクエストしてみてはいかがでしょうか。
売却は売主と依頼した不動産屋さんお二人三脚で成果が出ます。従いまして、売主様も積極的にリクエストしたほうがいいですね。

内覧時に気を付けること。

ご購入検討者の内覧時には、必ず販売を委託した不動産屋さんの立ち合いがあるようにしましょう。

例えばリハウスさんなどの他社がお客様を案内してくれる場合でもです。
くれぐれも空家だからといって、現地に鍵を設置したり、鍵を貸し出したりして販売委託した不動産屋さんの立ち合いがなくても内覧できる状態というのは全く良くありません。
物件の事を一番理解している営業マンが必ず立ち会わないと高額・早期成約の実現は有りえません。

以上となりますが如何でしたでしょう?
基本的なマンション売却時のことは理解できました。しかし、どこにそれを実践してもらうことができるかですね。
先にも記載しましたが、ほとんどの不動産会社が売買時に売主様の為の売却はしていません。仲介手数料売り上げのことしか考えていないのですから。そんな業者と一世一代のマンション売却ができないと考えることが普通です。
では、ここからは、コーラルのマンション売却手法についてアピールさせていただきたいと存じます。

売却額最大化の為にコーラルの出来ることとは

現状の全てをお伝えし、解決するマンション売却手法を売主様と一緒に展開することです。

コーラルのマンション売却仲介とは


保証&節税&安心&お得感万歳な売買仲介制度。

1.コーラルの不動産売買は仲介手数料(通常は物件価格×3%)が最大無料。 

2.売却依頼方法(媒介契約)は一般、専任、専属専任どれでもOK。

3.売却ご依頼いただく期間は1ケ月間から可能。

4.設備保証 & 緊急駆付けサービス のパック付き売買仲介。

5.ホームインスペクション(建物診断)& 瑕疵保険付き売買仲介。

など、売主にも買主にも盛り沢山、選択自由な売買仲介プランを展開しています!!。

ただいま、冬の住まい売却応援キャンペーン開催中!! 詳細は☛ココ

ただいま、冬の住まい購入応援キャンペーン開催中!! 詳細は☛ココ


「成約率が大きく上がった理由、それは?」

【他の不動産業者はやりたがらない】

【但し、】

【売主・買主双方とても喜んで頂ける】

【テレビや有名雑誌でも取材された】

【誰もが喜ぶ売買手法で】

【あなたの不動産売買は大きく変わる!】

もう既に多くの売主・買主が利用した

売買手法

しかも

他社依頼中で成約しなく悩んでいる

売主がたまらず

売却依頼変えした売買手法、

しかもしかも、

な、なんと

『仲介手数料無料から』(※1)

売却依頼方法選択可の(※2)

売主・買主双方とても喜んで頂いている売買手法が、

しかも今なら

お試し期間1ケ月間で可能なのに

また

販売費・広告費も無料の

まだ あなたは試されてもいない売却手法 が

ここであなたを待っています。

ぜひ、コーラルへお任せください。

コーラルのマンション売却時仲介手数料各プラン

コーラルでは5つのマンション売却仲介プランをご用意しております。ご所有者様はこの中からお選び頂けます。

☛ 売却仲介手数料無料(0円・タダ)プラン

         
☛ 売却仲介手数料1%プラン


☛ 売却仲介手数料1.5%プラン


☛ 未公開(非公開)売却プラン


☛ マル秘プラン

マンション売却プラン共通の魅力とは、

マンション売却プラン、7つの魅力
    ①売却金額が高くなる。
    ②売却時仲介手数料がどんなとこより魅力的。
    ③売却後の手取り金額が多い。
    ④仲介手数料は成約したときのみ。
       
     なのに、
    ⑤売却チラシが凝っている
    ⑥広告量がとても多い。
    ⑦現地案内手法が凄い。

   
     なのになのに、    
    ⑧売主の徹底的な味方になる。
    ⑨買主にも喜ばれる。 
     
     しかも

    ⑩売却をお任せ頂く期間は1ヶ月間からで可能。
    

というマンション売却手法が有ります。

 ※ コーラルではマンション売却でお任せいただく期間を、一般的に売却をお任せ頂く期間3ケ月(他社の場合の通常ケース)ではなく、最短1ケ月から可能です。言いかえれば、売却依頼から1ケ月間過ぎた段階でいつでも売却依頼解除ができるということです。この場合のマンション売却にかかった費用は全くいただきません。
 ※ お任せ頂く売却期間を最短1ケ月から可能とした理由は、ちゃんと明確な根拠のある理由があります。ただ単に期間を短くすれば売却をお任せいただけるからという安易な考えからではありません。高額成約には売却開始1ケ月目と言う期間はとてもとても大切な期間です。この期間をおろそかにしている不動産会社がほとんどです。このことは不動産業者の怠慢でしかありません。コーラルでは怠慢は厳禁です。売却開始から売主様の為の売却に全力を注ぐこと。このことを怠ったらコーラルのマンション売却ではないということの表れです。


もしあなたが、マンション売却&査定について

知っていると思い込んでいたことが、

すべて間違っているとしたら、どうしますか?

実際にマンション売却で
多くの成果を出しているから
自信を持って言える。
高く売れる手法と売れない手法の違いとは・・
はっきりしていること、それは
コーラルの売却手法で、
あなたはマンション売却に
とても満足されます。

※自信があるから、まずは、現状の販売状況を診断してみましょう。
売却成功のためのセカンドオピニオン (完全無料)

売る理由(状況)別売却プラン

売却を依頼する不動産業者の会わないでもできるとても簡単な見極め方

はじめての不動産売却(買い替えなど)

相続不動産の売却

海外滞在中(海外赴任)の方の売却

返済がきついときの売却(任意売却など)

離婚による売却

賃貸中物件の売却

築25年以上のマンション、築20年以上の中古戸建を有利に売却する方法

昭和56年以前(築30年以上の)建築物件売却

売主に変わって裁判所の許可が必要な売却について(認知症などの場合)


売却額最大化の為にコーラルの出来ることとは

現状の全てをお伝えし、解決するマンション売却手法を売主様と一緒に展開することです。

☛ 最後に 売却で成功する人の意外な共通点とは?



【あなたのマンション売却をギャンブルにしない為に!】

もう既に多くの売主様が利用した売却手法

しかも、とても喜んで頂いている売却手法なのに、

まだあなたは試してもいない売却手法が

ここであなたを待っています。


実際に不動産売買で
多くの成果を出しているから
自信を持って言える。
高く売れる手法と売れない手法の違いとは・・
はっきりしていること、それは
コーラルの売却手法で、
あなたの家はとても高く有利に売れます。

マンション売却への第一歩・査定で相場価格を知ろう!

ここまでお付き合いいただき誠にお疲れ様でした。
あなたの満足マンション売却成功はもう一歩であなたのものです。

でも、ここで何かが足りないことにお気づきでしょうか、
そうです、自分が売却を考えているマンションの価値・相場がまだです。
コーラルではマンション取引の価格・相場など市場動向を多方面から調査し、「査定価格」をスピーディにお知らせいたします。
査定は完全無料ですからお任せくださいませ。

マンションの無料査定はこちらを

↓クリック↓

無料査定




戸建て売却・購入・不動産売買


マンション売却に関するブログから

売却は仲介手数料が安いだけの不動産業者に任せてはいけない。

そんなことないのに(^_^;)

『物語(ストーリー)』でマンションはたちまち成約に♪♪

マンション売主必見!ジャパネット社長に学ぶ家売る王道

マンション売却で成功するための7つのステップ

マンション売却とマーケティング

場当たりを捨てると、マンション売却は成功する

マンション売却や戸建住宅売却で成功しお金を残すことはとても簡単、その方法は?

マンション売却で成功する人の意外な共通点とは?

家売るオンナも活用する【占い】と【ホームステージング】

不動産のことを知っていることと成約は別なもの

成果の出ない営業マンの最大の問題点は?

家売るオンナを見て(優秀な営業マンと平凡な営業マンは何が違うのか?)

マンション内覧時(案内時)に気をつけること。

今日は「気持良い」話し。

マンション売却の3つの大事な要素



このページを見た人は以下のページも良く見ています。




Tag: マンション売却 マンション売買 査定 売却手法 売却のコツ 内見 内覧


powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

マンション売却、マンション購入、不動産売却、不動産売買、江東区,墨田区,中央区,千代田区,港区,新宿区,渋谷区,文京区,中古マンション売却査定、戸建て住宅売却、任意売却、マンションを売る、マンションを買う、任意売却専門店、仲介手数料【定額0円、無料、半額、定額30万円、業界最安値、1%、2%】、瑕疵担保保険,住宅設備延長保証,緊急駆けつけサービス,無料価格査定、売却情報、売るには買うにはのご相談は売買専門店、不動産コンサルティング会社、ホームステージング、物件演出、最終手取り額の多い不動産会社、不動産業者、価格上がるか下がるかの判断、足立区、江戸川区、荒川区、北区、練馬区、中野区、杉並区、世田谷区、目黒区、大田区、武蔵野市、三鷹市、狛江市はじめての方でも安心売却、新築一戸建て購入、不動産業者・不動産屋・不動産会社