マンション売却,マンション購入,一戸建て売却,一戸建て購入,新築一戸建購入,中古マンション売却,不動産売却,不動産購入,仲介手数料無料,不動産屋,不動産業者,東京,横浜

不動産売買時の仲介手数料は定額制から選択制へ。

定額30万円は既に抽象度の低い前時代の仲介サービス

コーラルと他の仲介手数料割引不動産仲介会社との違いとは



今日、コーラル以外でも売却時の仲介手数料を割り引く不動産仲介会社が多く見受けられるような状況になって来ました。この状況は売主様にとってとても良い状況と言えます。
しかし、仲介手数料だけ魅力的にしても良いとは言えません。
仲介業は、その基本中の基本、売主様の安心と如何に有利に売却するかを考え業務するべきと考えます。
しかし、この基本業務がおろそかになっている仲介手数料割引不動産仲介会社ばかりです。
これではとても良い状況とは言えないと考えています。
従いまして、ここでは、コーラルと他の仲介手数料割引不動産仲介会社との違いをお知らせ致します。
仲介手数料を割り引く不動産業者の中でも先駆者的なコーラル基準を見て頂き、仲介手数料割引く不動産会社の選択基準として見て頂ければと存じます。
(比較は通常仲介手数料上限額3%+60,000円請求の会社との違いも含んでいます。)

コーラルの売却時仲介手数料各プランにおける共通する基本的事項



1.売主様の置かれた環境で仲介手数料プランをご提案しています。


2.買主様へ購入時仲介手数料を割引くことで購入時総額(物件価格と諸費用合計額)を抑える事が出来喜んで頂いています。


3.媒介期間(売却をお任せいただける期間)は1ケ月間から可能です。


4.媒介契約は一般、専任、専属専任いずれを選んで頂いても構いません。


5.DLM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)手法を採用し、非常に効果ある広告を展開しています。

コーラルと他社との特徴的違いとは



1.売却物件情報の囲い込みは絶対にありません。(両手仲介をしないと言うことでは有りません。)


2.ポータルサイト等への掲載を徹底的に管理し効果のある掲載方法にしています。


3.内覧時には必ず弊社担当者が立会い物件のご説明をします。


4.現地に鍵を置きません。


5.販売中の内覧数や反響数以外にも販売環境も具体的にご報告しています。

仲介手数料1%プラン(上記は全て施行しています。)



1.大手不動産仲介会社や全国的チェーン店の展開するポータルサイトへも掲載しています。


2.ネット以外の販売方法(チラシポスティングなど)も積極的に行っています。

仲介手数料1.5%プラン(上記は全て施行しています。)



1.弊社コーラルが保険料負担で瑕疵担保責任保険を付保します。


2.弊社コーラルが加入料負担で住宅設備延長保証、緊急駆けつけサービスを付保します。


3.ハウスクリーニングをコーラル費用負担で施工しています。

仲介手数料2%プラン



1.このプランは買い替えのお客様専用の売却プランです。


2.購入先物件仲介時の仲介手数料が無料になります。


仲介手数料「売却30万円定額制や20万円定額制」の不動産仲介

定額30万円や、定額21.6万円という仲介手数料をアピールする不動産仲介会社があります。
この定額制は、既にコーラルが7年前開始したサービス(定額30万円、定額20万円)にとても類似しています。
コーラルでは、既にこれら定額サービスは仲介手数料選択制のサービスへ発展的移行し終了しているのですが、仲介手数料を定額制とて7年前に先人切って提供し始めたコーラルとしては、とても喜ばしいことで、とても嬉しく思います。

ただ、定額制と言う仲介サービスは、「新しい不動産仲介の在り方」を抽象するにおいて、もう既に使い古された安易な不動産仲介の時代の名残を感じる言葉となっていることも否めません。

コーラルは、仲介手数料を単に低く抑えれば良いという発想で仲介手数料を定額制をご提供したわけではありませんでした。
そこには明確な理念が有りました。
その理念とは、一消費者目線からの、あ、こんなところに私の求めていたものが「あったね」からの、その基準になる新しい「あたりまえ」という価値創造です。
その価値創造のため、仲介手数料を「商品」として位置づけし、その商品に「質」が備わっていることと定義して展開してきました。

ただ単に仲介手数料を安くすれば良いとは思っていないのです。

では、最近の仲介手数料 低額制(定額制)の不動産会社はどうでしょう?
仲介をサービスという位置づけで考えているかでは、少々疑問が残ります。
ちょっと具体的に見てみましょう。

どういう疑問点かというと、

「低価格で高品質のサービスをご提供』と言いつつ、そのご提供できるお客さまがプロやセミプロに近い方に限定されていることでしょう。
「既に不動産売買の経験・知識がある方へのみ、経費が安く、安心して取引を任せられる仲介を実現します 。」とは、言い換えれば、それら知識が無い方は対象から外れると言うことなのです。

不動産売買の経験の無い方は、なぜ低価格で高品質のサービスをご提供ができないのでしょう?

はなはだ疑問が残ります。

「当社は、割安仲介手数料(売買)会社の中で ナンバーワンになることを目指しています。」と言いますが、既に不動産売買の経験・知識がある方へのみ提供できるサービスしかないのに、どうしてナンバーワンになるという大風呂敷を広げれるのか?

不動産売買の経験・知識がある方のみお客様としてい時点でもう既にフィールドが違うみたいです。

ただ、お互いに切磋琢磨して不動産売買仲介サービスの質を「当たり前を当たり前にサービス提供できるよう」アップ出来たらいいと思います。

関連ページ(リンク)


大手不動産業者に頼むと売れない理由


自称「地元に強い不動産屋」に売却は任せてはいけない


ネット系不動産会社(不動産テック)に売却を任せていけない理由


売却は仲介手数料が安いだけの不動産業者に任せてはいけない。





powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

マンション購入,マンション売却,一戸建て購入,新築一戸建て購入,一戸建て売却,査定 東京都,江東区、港区、目黒区、中央区、千代田区、品川区、文京区、新宿区、杉並区、世田谷区、大田区、渋谷区、豊島区、中野区、練馬区、北区、墨田区、台東区、板橋区、江戸川区、荒川区、葛飾区、足立区,武蔵野市,三鷹市,狛江市,東京,横浜,中古マンション売却,任意売却,マンションを売る,マンションを買う,任意売却,専門店,最終手取り額の多い不動産業者, 仲介手数料無料,半額,業界最安値,瑕疵担保保険,住宅設備延長保証,緊急駆けつけサービス,売却情報,不動産コンサルティング会社,ホームステージング,物件演出,価格上がるか下がるかの判断,はじめての方でも安心売却