不動産売買時の税金について(全コンテンツ)

税金滞納と不動産売却、マンション売却、一戸建て売却
ここでは、不動産所有と税金というテーマで、もしかすると今、皆さんがとても大きな勘違いされていることについて解説していきたいと思います。 さて、家計が苦しくなると多くの方は、一番初めに固定資産税などの税金を、マンションであれば管理費、修繕積立金なども滞納され始められる傾向があるようです。 なぜ真っ先に税金の支払いを遅らせるかですが、税金の支払いが遅れても(滞納

不動産を売却した際の税金について
マンション売却・一戸建て売却の税金について 『不動産購入は一生に一度の大仕事』とは一昔のはなし。 近年では、一度どころか、二度、三度と買換えを行い、よりグレードの高い住宅へ住み替えをするお客様が増えてきました。 そんな時、誰しもが気になる部分が税金面ではないでしょうか。 不動産は価格が高いため、不動産を売却した際に課税される税金も負担が大きくなります。 しか

税金の差押えと住宅ローンとの関係
住宅ローンはちゃんと払っているのに・・・・・、税金滞納していたら銀行(金融機関)から住宅ローンの一括返済を迫られてしまいます。 「えっ、どうして?」って思っておられる方もあられることでしょう。 「税金の差し押さえ」が「住宅ローンの一括返済」を誘発するのか?関係あるのか?! じつは、残念ながら、大いに関係があります。 それもとても大きな関係です。 と言うことで

不動産購入(住宅用)時に係る税金について
住宅を購入する際にかかる税金についてまとめてみました。 住宅そのものには印紙税はかかりませんが、住宅を購入する際に作成する売買契約書や住宅ローンを利用する際の金銭消費貸借契約書 を作成する場合には、その原本には契約金額に応じて印紙を貼付しなければなりません。 平成25年3月31日までの契約については印紙税の軽減措置がとられています。 1000万円超5000

親族間で不動産売買するときに関係する税金について
★目 次★【親族間で不動産売買するときに関係する税金について】 以下、ただいま工事中です。

中古マンション売却時、中古戸建売却時の消費税
マンションや一戸建てなどの売買時、賃貸借するときもですが、不動産会社を介して行う売買や賃貸借の場合には仲介手数料を支払っておられると思います。 その仲介手数料には消費税が課税されているのですが、とうとう今年2019年10月1日に現行の8%から10%へ増税されることになるようです。 コーラルもマンション売買時や一戸建て売買時に、たまにではありますが「不動産会社

親子間、兄弟姉妹間など親族間の土地売買と路線価、公示価格の関係
親子間、兄弟姉妹間など親族間の一戸建て売買時における実際の取引価格(売買価格)を決めときには、税金との関係を考慮しなければいけません。 税金との関係とは、ズバリ『みなし贈与』や『所得税』です。 買主へのみなし贈与になり課税されないような価格で、しかも売主の所得税がかからないような価格にする必要があるのです。 実は親族間売買時の銀行融資が難しいのは、この点も多

売主買主間売買合意済みの個人間売買における各種特例について
親子間や兄弟姉妹間など親族間の不動産売買の場合、売主と買主が親子や夫婦、兄弟姉妹間など特別の関係【親族】にある場合には、利用できない税金特例が多数ありますのでくれぐれも注意しましょう。 ここでは、親子間や兄弟姉妹間など親族間の不動産売買において関係する税金とその特例について解説します。

親族間売買が税務署にみなし贈与とみなされ贈与税が課税される場合がある!
不動産を親子間や兄弟姉妹間など親族間(身内間)で売買したいときに気を付けるべきこととして、【みなし贈与】があります。 実は、親族間売買で最も注意したいポイントととして、『みなし贈与に気をつけること』と『適正価格で売買すること』がありますが、そのうちのひとつがこの みなし贈与 なのです。 ここでは、不動産売買時のみなし贈与について徹底解説しています。

相続した不動産をどうしますか!?
相続した財産の中で一番多いものが不動産です。 あなたは、この相続した不動産をどうしますか? もうすぐ、地方の不動産は売りたくても売れない時代が来ます。 待った無しな状況にある地方の不動産。地方の不動産と言ってもあなたのご実家も該当しています。 ただ同然でも買い手がいない状況になる前に手を打ちましょう。 ★目 次★ 国税庁が平成28年分(平成28年1月1日

マンション売却や一戸建て売却など不動産売却時の手数料や諸費用について
〇売却時諸費用について マンション売却時に最も注意しておきたいことは、高く売りたいという事はもちろんですが、手数料や税金など多くの諸費用が掛かるということです。また既に払っているお金が手続きにより返金されることもあります。 マンション売却時の手数料など費用の基本事項 これらかかる諸費用は売却を任せた不動産業者により100万円、200万円、それ以上も違う場合も