マンション購入,一戸建て購入,マンション売却,中古マンション売却,一戸建て売却,不動産売却,査定,仲介手数料無料,不動産屋,新築一戸建購入,不動産購入,不動産業者,東京,横浜

不動産購入・不動産売却は仲介手数料が無料か半額より安い1%の不動産売買専門不動産屋のコーラルへ

マンションの購入時に考えたい資産価値について

マンションの購入時に考えたい資産価値について




購入する場合、実は最も考えておかなければならないこと、それは売却するときのことです。
「えっ、一生住まうマンションを購入するつもりだから売却なんて考える必要有りません。」と言われる方が殆どです。
購入当初は一生住むつもりで購入したとしても、生活スタイル変更によりマンションを売却せざる負えなくなることがあります。

最近のご売却で多い理由は転勤や転職です。特に海外転勤の方のご売却はとても多くなってきました。
転勤は考えられる範疇だったので良いとしても、社会の変化に伴う転職は予定無いかもしれませんね。
しかし、転職によるご売却はとても多い売却理由の1つなのです。
従って、売却のことも考えて購入することにより安心することが出来ます。
では、安心して購入する為には何が最も大切なのかです。

それは資産価値の落ちにくいマンションを選ぶことが大切と言えます。
マンションを購入する時は、今日、多くの購入者が住宅ローンを借ります。
最近ではマイナス金利政策など時代を反映してか、頭金無しの購入金額フル住宅ローン利用という方が多くおられます。
しかし、マンションを買う時の価格って殆どが落ちることになります。

マイホームの資産価値は変化する。購入時から考えましょう。

アベノミクスで新築時価格より売却価格が高いマンションも有りますが、この状況はずっ~と続くことではありません。
日本ではほぼ全てのマンションが新築時価格が一番高く、その後下落していきます。
その為、住宅ローン残高以上の希望価格で売却が出来ればよいのですが、残債が残ってしまった場合はなんとか売却することは出来ますが、それはもう大変なこととなり、殆どの方が売りたくても売ることが出来ないマンションと化してしまうのです。

従って次の住宅とダブル出費になる可能性も出てきます。
購入する場合、このようなことが無いマンションを買うこと、言い換えれば、資産価値の落ちにくいマンションを買うことがとても大切なこととなるのです。

資産価値とは何か?

資産価値とは物を売却するときどれだけの価値があるかということです。
誰もが買いたい物は常に人気を保ち続けます。
男性ではロレックスの腕時計、女性ではケリーのバックなどは資産価値の落ちにくいものと言えます。

では、資産価値の落ちにくいマンションとはどんなマンションでしょう。
これもまた、誰もが住みたい物件、常に人気を保ち続ける誰もが買いたい物件です。
では、その資産価値の落ちにくいマンションについてもっと詳細について見てみましょう。

資産価値の落ちにくいマンションとは

資産価値の落ちにくいマンション選びのポイントを、ここでは最重要な1つとその他実際住まわれている方々の声を基に重要事項5つについてお伝えしたいと思います。

マンションを購入する場合、最も資産価値の落ちにくいマンションは立地の良いマンションです。

立地

資産価値を決める最大の条件は立地と言えます。
不動産の専門家の中には、「不動産の価値は立地で9割以上決まる」と断言される方もいるほどです。
立地は、購入後どんなことをしても変更出来なくどんなに時間が経っても劣化しづらくものです。
建物はリフォームとか後からでも自分の好みになんとでも出来ますね、しかしどんなことをしたって変えられないのが立地なのです。

交通利便性

最寄駅から都心までの通勤時間が短い物件は交通利便性が高いとして好まれます。
資産価値が高いものの多くは主要鉄道沿線の駅徒歩圏内の物件で、最寄駅からバス利用圏のマンションは人気ありません。
マンションの場合、駅から徒歩10分以内であることが資産価値の高いマンションの必須条件とも言えます。
また、最寄駅が都心部の主要ターミナル駅まで短時間で乗り換えなくアクセスでき、しかも急行や快速列車の停車駅であるといった付加価値があると、長期にわたって購入需要が下がらず資産価値が保たれます。

生活利便性

普通の生活に不可欠な施設など、例えば商店街やスーパーなどの商業施設のほか、金融機関や病院、学校といった施設が十分にそろっているかで資産価値は決まります。
テレビなどで放映される程の商業施設や格安スーパーで品ぞろえが充実しているなど、また生活シーンに応じて使い分けができるなどの十分な生活便利施設が有れば良いといえます。

居住快適性

普通の生活に不可欠な施設はもちろん、お洒落なお店や人気のあるショップなど生活を豊かにしてくれる施設・環境があることは生活に快適さをもたらします。
また、整備された公園や歩道と自転車道の分離など、また街路樹などの緑に恵まれているなど、文化・娯楽を楽しめる施設があるなどでも快適さは変わります。
快適さの基準は個人により異なりますが、その施設・環境が自分以外の多くの人が魅力的に感じるかという感覚がで見ることでその街の居住性は測れることとなります。

防災等安全性

最近何かと不安な地震。地震時などの災害リスクが少ない地形や立地条件はとても重要なファクターとなっていました。
災害が起きたときにも避難がしやすく、被害の拡大も防ぎやすいなど、道路幅の拡復などで区画や街路が整備されていれば資産価値が高くなります。
また埋立地に比べ、昔からの陸地のほうが水害に遭うリスクは低く、人気があります。

女性のマンション購入について

女性のマンション購入時に気をつけることとは


関係リンク

戸建て住宅の修繕と価値についてのデータ

そのマンション、一戸建ては購入時住宅ローンが利用できる?

お得に不動産を購入する方法とは

住宅を買う時期はいつが良いのか?有利に買う時期について解説

不動産購入時諸費用について

不動産購入時の不動産業者の選択基準について

購入失敗を避けるには



powered by HAIK 7.2.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional