「モネ展」に行ってまいりました

こんにちは🎵パート宅建士椎名です!

今回はブログです(笑)

先日、やっとやっと上野の森美術館で
開催されている「モネ展」に行ってまいりました💓
最終週だったせいか、ものすごい人の数…。

モネは人気がありますね🎵

今回は各地から集めた60作品が公開されていました。

モネ

入口脇のサインにも使われているこの絵は
日本初公開の「昼食」という絵

妻と息子が描かれていて、手前の席には新聞が置かれています。
きっとモネの席なんでしょうね💓

今回の展覧会は一部写真撮影可でしたので
数点パチリ。

モネ2

テムズ川に掛かる、「チャリング・クロス橋の連作」の内の一枚
霧の中に差し込む光と蒸気機関車の煙、水面の輝き
後方に見える国会議事堂のかすみ具合…
モネですね💓

私の後方にいたご婦人は、どれもこれもなんだかぼんやりした絵で
よくわからないわねぇ…とおっしゃっていましたが…(笑)

これは「アトリエ舟」というタイトルの絵画

モネ3

撮影NGエリアにありましたので
2022年パリ郊外、アルジャントゥイユのモネの家を
見学した時に撮影したものを掲載しておきます。

水や空気や光を描こうとしていたモネ。

静かな水面に浮かぶこの絵の静けさとは正反対に
水面に身を置いて描くという
モネの好奇心と情熱がこの絵に集約されている気がして
個人的に好きな作品です💓

モネ4

これもモネの家に展示してあったもの。
こんな感じで舟の中から描いていたのでしょうね。

そしてモネと言えば言わずもがな「水連の連作」

モネ5

モネの絵は、先述のご婦人の様に視点を間違えた位置に
据えてしまうと(↑こんな風に)何が描かれているのか
分からなくなってしまいます。

ピントを一か所に集中せずに
ぼーっと、全体を眺めているとある瞬間
ふいに見えてくるのです。そこにあるものが。

この見方、おすすめです💓ぜひお試しを。

モネ6

それと…もう一つのモネ作品の不思議!
肉眼で見た時にぼんやりと見える作品がデジタル機器を通すと
(スマホカメラで撮影)↑こんな風に見えてくるから不思議。
水面がはっきりと見えてくるのです。

睡蓮の花は水面のガイドになっています。
水面に映った樹木からは、湖岸の様子を想像することが出来ますね。

その樹木の葉の描かれ方で、そこに吹く風の様子も
想像したりして…
水面を見ているのに光や空気を感じることができる
イマジネーションが膨らむ作品だと…個人的にはそんな風に
楽しんでいます。

モネ7

モネ8

モネ9

(写真3点2023年 ジヴェルニーのモネの池)

この池のどこかでイーゼルを立てながらモネは睡蓮の連作に
没頭していたのですか…ね(笑)
モネ展の興奮冷めやらぬ中、私の妄想は2024年も続きます。

*******************************************************************

不動産の売買などでお困りのことがありましたら、ぜひコーラルにご相談くださいね!

また、親族の方・お友達・お知り合いなど、不動産でお困りの方がいましたら
弊社にご紹介下さいませ。

そして、コーラルを利用した事のあるお客様、ぜひGoogleにコメントをお願いします。

良いことばかりじゃなくて、思ったこと、感じたままのことを書いてくださって結構です。

Googleマップのサイトから口コミの入力が可能ですので、ご利用いただいた店舗のURLに
アクセスしていただき、お手数ですが、ぜひコメントを宜しくお願い致します。

【口コミ投稿方法】
① 下記URLにアクセスするか、携帯電話でQRコードを読み取りページを開きます。
② コーラル株式会社にピンが立っている状態になっていることを確認します。
③ 上部の [クチコミ] をタップします。
④ 白抜きの星が 5 つ表示されている箇所までスクロールします。
⑤ 星をタップしてコーラル株式会社の評価を付けます。
⑥ クチコミを入力して投稿します。

① 本 店  URL:https://g.co/kgs/pfJxB5

亀戸

② 横浜店  URL:https://g.co/kgs/aKP327

横浜

③ 大阪店  URL:https://g.co/kgs/WAZRZQ

大阪






コメント


認証コード1531

コメントは管理者の承認後に表示されます。