Top / kawasakicity

川崎市のマンション売却、不動産売却は仲介手数料無料か1%
最新不動産市場動向も解説!

更新日2022-04-17 (日) 02:22:36

川崎市の不動産売却は
不動産売却時の仲介手数料が
『 完 全 無 料 !!』

川崎市の不動産売却情報求む

只今、売却物件募集中
コーラルの売却方法で、川崎市内の物件は満額成約か高額成約しております。
また、川崎市では大変売却物件が不足しております。
ご購入希望も多数来ておりますので、ご売却の場合は是非コーラルにお任せ下さい。
売主様の有利な売却を実現致します。

川崎市のマンション売却・一戸建て売却を求めてます。


なんとしてでも高く売りたい人へ・『常識を超える売却術』

川崎市でどうしても高く売り、手取額を多くしたい方へ。高額成約の為の、常識を超えるとっておきの売却術を展開します。
ただ、この売却術はここで表に解説することは出来ません。
理由は不動産屋が自身所有の不動産売却時だけに使いたい、一般には隠しておきたい売却術だからです。料理屋さんで言えば、上お得意様だけが知る門外不出の裏メニューと同じなのです。


マル秘売却

このプランの基本は☛「売却時仲介手数料1%プラン」となりますが、そのプランにとっておきのマル秘施策を追加したプランとなります。

このマル秘は高額成約に効果抜群!
だから、まずは聞かなきゃ損です!!
詳細はこちらから⇓⇓⇓
【高額成約の為のマル秘売却法】

この手法は、コーラルへ無料訪問査定をご依頼された方のみにご説明しております。
この手法は、特に川崎市での不動産売却時で高額成約には、この秘密の手法がとても役に立つこと間違いなしでその成果はここ1年間で実証済みです。まずは聞いてみて利用するか判断しても良いのではないでしょうか⁉
是非、コーラルへ無料訪問査定のご依頼して頂き、この常識を超える売却術を知ってください。


★もくじ★【川崎市マンション売却、不動産売却は仲介手数料無料か1%のコーラルへ】


ようこそコーラルのHPへ。

川崎市でマンション売却、不動産売却を検討されている売主様。
コーラルのHPにご来店いただきありがとうございます。

代表 井上正子

私はコーラル㈱の代表をしております 井上正子 と申します。
コーラルは江東区亀戸に本店、横浜市関内に支店があり、また全国に不動産エージェントを配置し南は沖縄、北は北海道までを営業域として不動産売買時の仲介手数料をお安くして手取り額を多くするという活動を約13年前から展開し、その間約5200名以上(セカンドオピニオンサービス含む)の売買成功者を出させて頂いております。
その事実を知って頂く為にグーグルで『マンション売却 那覇市』や『マンション売却 仙台市』と検索してみて下さい。検索順位2位以内にコーラルが出てきます。
那覇市や仙台市には多くの不動産会社が有るにもかかわらず、またコーラルの支店が無いにも関わらず、コーラルが検索トップに出てくるのです。
実は、福岡市や神戸市、京都市、名古屋市など大都市においても『マンション売却 都市名』で5位以内に掲載されます。とても多くの不動産会社が有るにも関わらず5位以内に登場する程コーラルをご利用頂いていて儲けさせて頂いております。
でも、この実績はほんの一部で、実はもっと大きな、とある売買事業でおそらく日本一の売買仲介数をおこなっている会社でもあります。
そんなコーラルではありますが、実は、私は川崎市川崎区に約5年住んでおりました。
今は親の介護で引越してしまいましたが、介護が無かったら川崎市川崎区にそのまま住んでいたいと思っている程川崎が好きです。
ゆえに今もよく川崎に遊びに来ます。
そんな川崎市ですからとても愛着が有り、どうしても川崎市で不動産売却する人には失敗してほしくないのです。
だから川崎市在住の皆様には、少しでも高く売り、手取り額を多く手元に残す売却手法を採用して頂ければと思っているのです。
コーラルの販売手法は全国各地で「コーラルに売却を任せて手取額が多くなって良かった」とのお褒めの言葉をたくさんいただいております。
もし、川崎市で不動産を売却される方がおられましたら、コーラルの過去約5000件売買成功事例で培った成功するマーケティングとセールスの全精力を掛け満足成約をお届けしますので、ぜひお任せいただければと存じます。


今、マンション売却・一戸建て売却を行っている売主様の約99%が『間違った認識や行動のために不動産売却で失敗する』状態にあります。
TVドラマのセリフではないですが『私、失敗しないので!』と言える方は何人いるでしょうか!?
99%の売主が売却で失敗している。
これ、本当の事実で真実なのです。
コーラルの用いる不動産売却方法は、他社で行われている内容とは大きく異なるかもしれません。
しかし、本当に成果の出る、満足できる売却時手法はここにある! と自信をもって言うことが出来ます。
何故なら、既に12年前のサービス発表から5200人以上の売主様を成功に導いた売却実績・経験があるからです。
コーラルでは、その手法を実際の売却現場で余すことなく実施しています。
コーラルの用いる売却手法は他の不動産会社が真似したくても真似もできないでしょう。
一部だけ真似した不動産会社はありますが、一部だけ真似しただけでは満足する成約は達成することはできません。
また、実際ご紹介すらできない手法でしょう。
川崎市で不動産売却される人は、コーラルに売却を任せて頂ければ、また絶対成功する売却手法を実践に活かすことができれば、あなたの不動産売却は後悔しません!


コーラルとはどんな会社

川崎市の不動産売却は

『戦略』『戦術』を駆使した
【オールインワン売却手法】
しかも
不動産売却時の仲介手数料は
業界最低水準!

・コーラルの不動産売却は仲介手数料(通常は物件価格×3%)が最大無料!

・売却依頼方法(媒介契約)は、一般、専任、専属専任どれでもOKです。

お得な3つの仲介手数料プラン

川崎市の不動産売却
川崎市のマンション売却・一戸建て売却は、状況に合わせた3つの売却プランからお選び頂けます。
また、身内間の売買や知り合い同士の売買などの場合に、とってもお得な仲介手数料売買プラン(売買金額×0.7%)もご用意しております。
必ずあなたに合った売却プランが有りますので、ぜひ、あなたに合った売却プランをお選びください。
詳細は下記メニューからご確認ください!

・仲介手数料0円プラン

※コーラルのメリットを最大限に活用したい方にお勧めのプランです。他社の売却手法と比較しても無料だからと引けを取ることは全くありません。また、囲い込み防止対策としてとっておきの策もご用意しています。

・仲介手数料1%プラン

※仲介手数料1%プランを選択されている売主様が約80%と弊社一番人気のプランです。他不動産業者が通常「物件価格×3%+6万円」を請求している場合と同じ内容かそれ以上のサービス内容であると自信があります。

・仲介手数料2%プラン

※国の中古住宅流通促進策に対応した・最も高く・最も早く成約できる為にはどうしたら良いかを考え抜いたプランです。コーラルの最新サービスを取り入れた売却手法の全てを余すことなく実感できるプランです。

一言ポイント

コーラルがお勧めしている媒介契約は通常『専任媒介契約』です。
ただ囲い込みが気になる方は、ぜひ『一般媒介契約』で他社と競わせて下さい。
コーラルを一般媒介契約で売却活動に参加させて頂き、他不動産業者と競わせて頂ければと存じます。
そうすれば他の不動産業者も囲い込みや干し行為が出来なくなり、あなたの為だけの最高に成果の出る不動産売却が可能になります。

 ★仲介手数料無料の場合★

マンション売却時や購入時の手数料無料プラン

仲介手数料無料の特徴

販売チラシなども他社と差別化しております。
☛ 購入者様が一番初めに見る物件の資料が販売図面です。
販売図面を見て購入者様は物件の見学を行うか否かを判断します。
その為、コーラルでは販売図面の作成にも力を入れています。
また、販売図面に掲載しきれない物件の特徴やアピールは補足資料を準備し余すことなくご紹介します。
販売図面は物件の顔となるとても重要な資料です。
しっかりと思いを込めて購入者に響く図面を作成することが「より高く・より早く」成約するためには欠かせません。
販売図面の作成時には、売主に物件特徴をヒアリングすることもありますので、ぜひご協力ください。
宜しくお願いします。

👇こんな図面を作成します!

マンション売却時仲介手数料無料
※販売図面

マンション・戸建て物件資料1
※補足資料


 ★仲介手数料売買金額×1%の場合★
↓↓↓↓↓

仲介手数料早見表1%プラン

仲介手数料1%の特徴

全国31万社超の不動産会社ネットワークを屈指し1円でも高く売ります。
☛ コーラルでは全国31万社を超える不動産会社のネットワークを駆使し販売活動が可能で御座います。
このネットワークを余すことなく屈指し、1円でも高く購入して下さる方を見つけ出します。
また、某大手不動産販売会社や地場の不動産会社からのお客様紹介はもちろんのこと、誰もが知る大手不動産会社『●●のリハウス、●●リバブル、●●不動産アーバンネット』。フランチャイズ系列の『センチュリー●●、ピタット●●●』などの不動産仲介ネットワークのサイトにも掲載可能であり、お客様集客は360°全方位から行います。
※仲介手数料完全無料をご選択のお客様には、他社からの紹介、他社サイトへの掲載はできかねますのでご承知おき下さい。

ネットワーク


1ヵ月の売却チャレンジ期間


川崎市の不動産売却は、

ご依頼期間1カ月から可能!

一般的に売却をお任せ頂く期間は3カ月(他社の場合の通常ケース・宅地建物取引業法で定められている媒介契約最長期間)となっていますが、コーラルでは最短1カ月からご依頼可能です。


詳細の確認はボタンをクリック!

さらなる安心売却のために

川崎市で不動産売却をご検討されている方へ、物件お引き渡し後に瑕疵問題(シロアリ・給排水管の故障など)が発生した場合どうしますか?
とても気になることではないでしょうか。
コーラルは常に売主様買主様の目線で高品質&低価格な売買サービスをご提供出来るよう改善しております。
そのサービスの1つ『建物検査&住宅診断・個人間売買瑕疵保険サービス』は売買後の安心に不可欠なものではないでしょうか。
ここでは、建物検査&住宅診断・個人間売買瑕疵保険サービスについてご説明させて頂きます。

※購入後に万が一建物の不具合が発見されても一定の範囲以内で補修・駆除費用を保険で賄える安心サービスです。


アフターケア(売買後のフォローも大切です)

川崎市で不動産売却をご検討されている方へ、売買後に設備故障問題が発生したら場合どうする?
とても気になることではないでしょうか。
コーラルは常に売主様・買主様の目線で高品質&低価格な売買サービスをご提供出来るよう日々改善しております。
そのサービスの1つ「設備検査・設備保証サービス・24時間緊急対応サービス」は売買後の安心に不可欠なものではないでしょうか。
ここでは、それぞれのサービスについてご説明させて頂きます。

※物件に付属しているガス給湯器や換気扇・エアコンなどの主要設備について、物件引き渡し後に故障が発生した場合に一定期修理または交換対応するサービスです。


高く売るためのハウスクリーニング

ご希望の方にはコーラルの提携する専門業者のハウスクリーニングや補修サービスを低価で実施が可能です。
気になる部分を事前に整理することで、より売却額UPへと直結します。
ぜひ気になる事があれば、弊社スタッフまでお問い合わせください。
購入者目線で考えることが、この部分はとても重要です。

※このサービスは専門業者との個別契約となります。

ハウスクリーニング


既に川崎市で他社に戸建やマンションの売却を依頼している方へ

今の売却活動にお悩みはありませんか?
こんな不安・お悩みを抱えている売主様が多くいらっしゃいます。
あなただけが抱えているお悩みではありません。
売主が抱えるお悩みランキング!

1位.なんで売れないの
2位.内見希望が入らない
3位.内見はあるのに決まらない
4位.今の販売金額は正しいの
5位.このまま続けて売れるの?
6位.広告はしっかり出てる?
7位.今の不動産会社で大丈夫?
8位.その他

『あ、私当てはまるかも...』と思われた方
ぜひ、お読みください。
1~3分で読める記事の内容です。


不動産売却成功のための
(セカンドオピニオンサービス)

※現在の販売状況を診断してみませんか?
マーケティングとセールスのプロ
コーラルの宅地建物取引士が調査してご報告します。



詳細の確認はボタンをクリック!


マンション売却成約事例

川崎市で不動産売却を検討している方へ、
ここでご紹介している情報は、弊社が売主様・買主様と直接媒介契約を締結しご成約した物件のご紹介です。
成約事例は全成約物件の一部となります。
お客様の都合上掲載していないものも御座いますので、ご了承くださいませ。

:ご成約物件 売却中物件:販売活動中の物件

お客様の声

お客様の声・口コミ

コーラルで不動産売却された方は、
驚きの変化を手にしています。

利用日:2018/04/27
マンション売却ありがとう御座います。
評価 ★★★★★
去年の暮れから売出したマンションがなかなか内覧も入らず売れずに悩んでいた時に、コーラルさんに相談にのって頂き、売却をお願いしたところ、内覧がすぐに入り2件目で契約に至りました。 支店の店長さんにご担当頂いたのですが、 特に素晴らしいと思ったのは、ポータルサイトの掲載写真もこちらの希望をしっかり反映して頂き、一緒に売却を進めるという姿勢や誠実さが感じられた事。そして進捗に合わせて色々手を打って頂いた事です。
友人にも紹介したい不動産屋さんです。


エキテンからの口コミ


テレビ取材履歴

千葉テレビ

※千葉テレビ【ビジネススタイル】で取材され9月27日放映されました



★その他過去の放送番組

gyts.png

雑誌取材履歴

雑誌取材履歴

※各メディアには、ただ単に仲介手数料を安くするのでではなく、売主・買主双方にメリットのある付加価値を取り入れた仲介を展開して、成果を出している不動産業者として取り上げられています。

私も推薦します。

yamada_パイロット会計事務所・山田寛英代表

お客様の利益を一番に考え、信念をもって行動する会社がコーラル株式会社です。
不動産業界にとっての常識と、一般消費者にとっての非常識の溝を埋めるため、彼らは経営努力と新たな商品サービスの開発を惜しみません。
インターネットを使った新しい不動産業を創造していく、いわばフロンティアを開拓する会社であり、われわれはコーラル株式会社を推薦いたします。
川崎市にてマンション売却・一戸建て売却を検討していらしたら、一度コーラルへ相談してみる事をお勧め致します。

Screenshot_2018-12-02山田寛英公認会計士


パイロツト会計事務所 代表(公認会計士、税理士) 山田寛英
山田寛英代表の著書『不動産屋にだまされるな 「家あまり」時代の売買戦略』 (中公新書ラクレ)


川崎市の不動産無料査定をご依頼の方は

川崎市内の不動産で現在の査定額や資産価値をお知りになられたい方は、ぜひ弊社の無料査定をご活用下さいませ。
また、売却手法を担当者に直接お聞きになられたい方
売却のご相談などもお気軽にお問い合わせ下さい。
どれだけ仲介手数料や売却費がお得になるかもついでに聞いちゃいましょう!
売るか売らないかは話を知ったその後で決めれば良いのでは!

※完全無料だから費用は掛かりません。

不動産売却時の無料査定はここをクリック☟
※詳細は、↑をクリック


他不動産会社への査定ご依頼は(一括査定で比較してみよう!)

コーラルは、自社サイトからのお客様の査定ご依頼が多く、HOME4Uさんをはじめとした一括査定サイトに参画しておりませんが、比較して決めたいというお客様には、最大手の一括査定サイトHOME4Uをおすすめしています。
HOME4Uの不動産売却査定サービスは、大手不動産会社を始めとする全国約500社の優良不動産会社から最大6社にまとめて不動産の査定依頼ができるサービスです。
東証一部上場企業のNTTデータが運営しており、不動産売却査定業界最長の14年の実績があります。
一度、お試しして頂いて、コーラルと比較検証することで、最も有利な高く売れる方法が分かるでしょう。

HOME4Uはこちらから↓↓↓


川崎市について

川崎市とは、どういうところでしょう?
川崎市について解説してみましょう。

川崎市の周辺環境

川崎市は、神奈川県の北東部に位置する人口は約154万人の政令指定都市です。川崎市には川崎区・幸区・中原区・高津区・多摩区・宮前区・麻生区の7つの区があり、多摩川を挟んで東京と隣接、南側は横浜市と隣接し、東西に細長い形をしています。
川崎市は、首都東京に隣接する利便性の高い立地です。また、平均年齢も若い活気にあふれた街です。川崎駅周辺には、商業施設や音楽ホール、シネマコンプレックスなど多数の施設があり、賑わっています。
川崎市は、都市部にありながらも豊かな自然にも恵まれ、四季折々の水辺の空間や広大な緑などを楽しむことができます。多摩川も多くの人々に安らぎと癒しを与えてくれます。
川崎市内にはJR南武線が横断し、南武線と交差する形で京急線・東急東横線・東急田園都市線・小田急線・京王相模原線の5つの私鉄が横断しています。東京駅や、羽田空港までも電車で数十分というアクセス良好の立地です。

川崎市の気候

川崎市は、ヒートアイランドの影響を非常に強く受けています。夏は暑く、熱帯夜が非常に多い地域となっています。また、気温が高いために積雪は少ないです。

川崎市の人口

平成29(2017)年に川崎市の人口は150万人を超えました。その後も人口は増加を続け、2010年には約143万人、2020年には約152万人となりました。今後も川崎市の人口は2030年までは増え続けると予測されています。特徴としては、都心回帰の現象が強く、タワマンなどの建設にも伴い県内の市町村からの若い世代の転入も多くなっています。神奈川県の人口の2/3が横浜市・川崎市・相模原市に集中し、郊外エリアとの二極化が進んでいます。

最新不動産市場動向データ&解説

ここでは、東日本不動産流通機構(レインズ)から毎月1回発表される不動産市況をデータ図解して、最新動向を解説しています。

中古マンションレポート

川崎市の中古マンション成約、販売中在庫、新規販売の各㎡単価推移

ここでは、東日本不動産流通機構(レインズ)から毎月1回発表されるマンション売買市況データを基に、わかりやすく図解作成して、最新の市況についてご報告いたします。

川崎市・中古マンション売買市況・今月の一言

数字は正直です。川崎市独自の市況形成は良好です

マンション売却、マンション購入時の判断材料としてご活用いただければと存じます。

川崎市のマンション単価推移

201901-202203マンション 単価(川崎市)

川崎市の中古マンション㎡単価は、2019年1月には54.42万円/㎡となっていて、2020年の初めころまでは緩やかに下降していました。ところが、2020年の後半からは右肩上がりに上昇し、2022年2月には65.03万円/㎡まで高騰しています。低金利で住宅ローン控除も充実している現在、購入意欲は高まっているものの、在庫が品薄状態であることが高騰の要因となっています。

川崎市のマンション成約推移

201901-202203マンション 成約(川崎市)

川崎市の中古マンション成約状況は、2019年1月には146件となっていました。その後は増減を繰り返していましたが、2020年4月に最初の緊急事態宣言が出されると一時的に大きく落ち込んで93件まで下落しています。6月以降は回復しますが、長期的に見ると下降気味で推移しています。2022年2月の成約件数は162件となっています。

川崎市のマンション新規売り出し件数推移

201901-202203マンション 新規(川崎市)

川崎市の中古マンション新規売出し件数は、2019年1月に918件となっていましたが、2022年2月には568件にまで減少しています。約3年間、ほとんどの月で前年比を下回っていて、マンションを新規に売りだす人がどんどん減っていることが分かります。

川崎市のマンション売れ残り推移

201901-202203マンション 在庫(川崎市)

川崎市の中古マンション在庫状況を見ていくと、2019年1月には2,462件となっていて、2020年の初めころまでは緩やかな減少でしたが、2020年の夏以降になると急激に減少していきます。コロナの影響もあり、新規でマンションを売り出す人が減っているために在庫数も次第に減少している状態です。2021年の半ばころからは、若干増加に兆しもみられるものの、依然として在庫不足は続いています。



川崎市の中古マンションについて市況を見てみましょう。

成約㎡単価が、販売中在庫、新規販売の各㎡単価より高いということはよく起こります。
それは、各㎡単価がマンションの専有面積により違うことを専有面積平均値で解消しようとすることに起因しています。
言い換えれば、成約㎡単価が他の値より高いという場合、建築経過年数が長いマンション(建築された年が古いマンション)は成約しずらく、建築年が新しいマンションほど成約しているということが言えます。
反対に、成約㎡単価とそれ以外の販売中在庫、新規販売の各㎡単価が近い数値になってきたということは、建築年が新しいマンションがなかなか成約しなくなってきて、反対に建築年が古いマンションが成約しやすい状況となっている場合があります。

ただ、正確には、郊外型のマンションの成約率がかなり落ちてきていて、すべての中古マンションがなかなか売れない(成約していない)ので、3つの㎡単価が肉薄してきたとも言えるのです。

さて、これからの川崎市の中古マンションはどういう市況を形成するかですが、一言でいえば、今よりもっと売りづらい状況となる地区と、まだまだ売買旺盛な地区にはっきり分かれてくると言えるでしょう。

川崎市川崎区や幸区、中原区、高津区の駅近マンションは、まだまだ売買旺盛な時期が続くと思われますが、しかし駅徒歩10分を超えるマンションや、宮前区、多摩区、麻生区などの郊外型のマンションは成約しずらくなるでしょう。

ご売却の場合には、早め早めの動きが必要になるでしょう。

 


中古一戸建てレポート

中古一戸建て成約、販売中在庫、新規販売の各㎡単価推移

ここでは、東日本不動産流通機構(レインズ)から毎月1回発表される中古一戸建て売買市況データを基に、わかりやすく図解作成して、最新の市況についてご報告いたします。


川崎市の一戸建て単価推移

201901-202203一戸建て単価(川崎市)

川崎市の中古戸建平均価格を見ていくと、2019年1月には3,926万円となっており、約3年後の2022年2月には4,672万円まで高騰しています。2020年4~5月には一時的に下落するものの、すぐに回復し、以降は右肩上がりで上昇しています。低金利で住宅ローン控除が充実している今、購入意欲は高まっているものの、在庫が不足しているために価格が高騰していると考えられます。

川崎市の一戸建て成約推移

201901-202203一戸建て成約(川崎市)

川崎市の中古戸建成約状況を見ていきましょう。2019年1月の成約件数は22件となっていて、以降増減を繰り返しながら約3年後の2022年2月には43件となっています。長期的に見ると、増加傾向となっています。

川崎市の一戸建て新規売り出し件数推移

201901-202203一戸建て新規(川崎市)

川崎市の中古住宅新規売り出し状況を見ていくと、2019年1月には178件となっていて、増えたり減ったりしていましたが、2020年4月以降は急激に減少しています。前年比も大きくマイナスの月が増え、中古住宅を売り出す人が減っていることが分かります。2022年2月の新規登録件数は88件となっています。

川崎市の一戸建て売れ残り推移

201901-202203一戸建て在庫(川崎市)

川崎市の中古住宅在庫状況は、2019年1月には627件となっていました。2020年の初めころまでは、ほぼ横ばいで推移していたものの、新規売出し件数の減少に伴って在庫数も急速に減少していきます。2020年6月以降2022年2月現在まで、2年近くの間連続して前年比はマイナスになっていて、在庫不足が顕著になっています。2022年2月の在庫件数は334件となっています。

2020年10月~2021年10月迄、約1年間の川崎市内の中古戸建平均成約価格は4,159万円となっております。また、平均戸建面積は、104.79㎡となっています。
3年間の川崎市の中古戸建の成約状況を見てみると、成約件数、成約㎡単価共に、2020年4月の新型コロナ緊急事態宣言時には大きく落ち込んだものの、その後は上がったり下がったりを繰り返しながら、やや上昇傾向にあります。
成約㎡単価が上昇している要因としては、コロナ禍により中古戸建を新規で売り出す人が減り、売出し中の在庫が減少していったためと考えられます。

コーラルからのアドバイス

戸建価格を見ていくうえで、土地価格は重要な指標となっています。
そこで、国土交通省から発表される2021年の川崎市の公示価格を確認すると、㎡単価27.5万円(坪単価90.8万円)となっています。この数値は、前年と比較すると0.4%上昇しています。また、この8年間で比較してみると川崎市の住宅地の価格は9.8%も上昇しています。
しかし、川崎市でもエリアによって価格の上昇率に違いがあります。同じ川崎市でも駅から遠い郊外のエリアは、下落している地点も多いのです。
ではなぜ上昇しているエリアは駅周辺に限定されているのでしょうか。
その要因の一つとして、2013年4月に始まった日銀の異次元緩和政策があります。この低金利により、同じ返済額で2割高い物件が買えるようになったため、人気のエリアにさらに集中して価格が上昇したと考えられます。
また、金利が下がり続けたことで、マンションやホテルなど不動産業者の投資が増えました。銀行は、国債の利息で利益が得られなくなったこともあり、不動産業者への貸し出しを積極的に行ったのです。
こうした背景があり、利便性の良い駅近の商業地にマンションやホテルの建設が進み、土地価格が上がったのです。
さらに、川崎市では人口が増えています。2010年~2020年までの10年間で、人口は9万人増加しました。川崎市の特徴として、全国に比べ生産年齢人口(15~64歳)の割合が高く、老齢人口(65歳以上)の割合が少ないことがあげられます。若い共働き夫婦が、都心の通勤に便利な駅近のタワマンに多数転入しているのです。

それでは今後、川崎市の土地価格はどうなっていくのでしょうか。
まず、2013年4月以降8年間にわたり続いてきた異次元緩和政策ですが、これ以上金利が下がらない水準に来ていることが考えられます。銀行の赤字も増え続け。徐々に副作用が話題に上っています。これは、国債の利息が減ったためです。

長期金利「上昇」9割 日銀政策修正で市場参加者

また、土地価格の変動に影響を与えそうな要素としては、「生産緑地の2022年問題」があります。「生産緑地の2022年問題」とは、1992(平成4)年に、生産緑地法が改正された時に指定を受けた生産緑地が、30年を経過する2022年に一斉に指定を解除されることによって、不動産市場の混乱や都市環境の悪化などが起こる恐れがあるとされている問題を言います。
川崎市にも287ヘクタールの生産緑地があり、「生産緑地の2022年問題」の影響を大きく受ける恐れがあると予想されます。
さらに、川崎市の人口は2030年までは増加するという予測がありますが、郊外のエリアではなかなか買い手が見つからないということも考えられます。

そのため、今後川崎市では、駅近の利便性の高いエリアでは価格が上昇し、郊外の不便なエリアでは下落と、さらに二極化が進んでいく可能性があります。
そして、「生産緑地の2022年問題」で、土地がさらに余ることもあり、郊外のエリアは価格が下がりやすくなるだろうと予想されます。
これまでで言えることは、今が本当に高く売れる最後のチャンスということです。

このような、絶好の機会であっても売れ残っている中古戸建は少なくありません。
戸建売却を成功へと導くためにはただ売るだけではダメなのです。まず行うことは、自分の戦うライバル物件など市場を見極める必要があります。そして、マーケティングに注力して売り出すことでより高額に成約するチャンスもあるのです。しかし、多くの不動産会社は、その秘策を知りません。
大手と言われている不動産会社は、その手法を知っているにも関わらず、ある理由があって出来ません!

戸建売却は、その時代に即した売り方をすれば、まだまだ高く売れます。
データは嘘をつきません。
あなたの戸建売却、あなたの任せている不動産会社は間違った売り方をしていませんか?
少しでも疑問が思い浮かぶようであれば、今すぐにその売却手法を変える必要があります。
でも、間違っているか素人には分かりません。
なので、そんな売主様をお守りするべく、コーラルでは無料でセカンドオピニオンを行っています。
ぜひ、このサービスをご利用して頂き今のムズムズした気持ちを晴れ晴れしたものに変えませんか?

川崎市の不動産購入&売却への問い合わせは

川崎市のマンション売却、一戸建て売却の問い合わせ

-----------------------------------

お電話でのお問い合わせ

0120-987-907

メールでのお問い合わせ 

-----------------------------------

無料査定&売却相談はこちら!
営業全員宅地建物取引士による
年間150件以上の売却成功実績
累計3000件以上の成約実績が示すもの!
どれだけお得になるかも
聞いてみよう! 
売るか売らないかはその後で!!

↓↓
不動産売買時の無料査定はここをクリック☟
※査定ページへ

只今、仲介手数料無料
無料にならない場合でも
半額よりも安い購入金額×1.5%に!
さらに価格交渉の達人が、
購入物件価格も
限界まで値下げ交渉します!
買うか買わないかはその後で!!

↓↓
不動産を購入希望の方はここをクリック
※購入サイトへ

川崎市各区の売買レポート

売却お得情報・川崎区

売却お得情報・幸区

売却お得情報・中原区

売却お得情報・高津区

売却お得情報・宮前区

売却お得情報・多摩区

売却お得情報・麻生区