警察のお世話になっちゃいました 😅

みなさんこんにちは!

コーラルスタッフ、佐久間です!

タイトルみてビックリしましたか?

パトカー

一生この経験はしないだろうと思ってたんですが・・・

実はコーラルに入社してから、110番通報の経験をしてしまいました。

早朝5時過ぎ、愛犬マルの散歩に行こうと玄関を開けた瞬間、呆然と立ち尽くしましたよ!

これは何?事件?事故???110番しなくちゃダメだ!!

画像の説明

画像の説明

ちなみに、階段に倒れている鉢植えは、コーラルの本店で育てていた観葉植物の“クワズイモ”なんです。

葉っぱが枯れてきて、元気がなくなってきたので、復活させようと家に持ち帰って植え替えしたばかりだったんですよ(泣)

もちろん無断では持ち帰ってないですよ(笑)

“とりあえず、マルの散歩をしてから警察に通報かなぁ~”と思って散歩から戻ると、目の前の家のご主人が、私よりも先にこの状態を見ていたらしく、心配しながら外で待っていて声を掛けてくれたんです。

ご近所さんと仲良しで良かった!!

その後、110番通報して警察官に来てもらい、状況を判断したところ“嫌がらせとは考えにくいです。”と言われ、自転車の防犯登録から警察署の方が持ち主に電話したけどでない!ということで、来ていた警察官が持ち主の家まで行って登録者本人(聴覚障害の男性)とホワイトボード持参で息子さんと戻ってきました。

我が家からとても近くに住んでいたらしいです。

警察官と筆談してもらい、その結果

“お酒を飲んで自転車に乗って家に帰る途中に、階段とプランター付近に突っ込んで、そのまま自転車と傘を放置して歩いて帰った!でも、まったく覚えてない!
本当に私が壊したの?壊したのなら弁償します!”

って当事者は納得がいかない様子でした。

息子さんは激怒してるし、もちろん警察官にもかなり怒られていたのは言うまでもありません。

その後、息子さんと連絡先を交換して、後日同等品を弁償してもらい一件落着しましたけど...

皆さん知っていると思いますが、お酒を飲んだ状況で自転車に乗ったら、自転車は「軽車両」という車両扱いになるので、自動車と同じで道路交通法違反で罰則が科せられます!

ただし、自転車では「酒酔い運転」のみ罰則があるそうです。
今回も調べましたよ!

【酒気帯び運転】
呼気1リットル当たりのアルコール量が0.15mg以上、もしくは血液1ml以上が検出されたとき」と規定されています。それに対して酒酔い運転は「アルコールの影響により正常な運転ができない恐れがある状態。

【酒酔い運転】
酒酔い運転には明確な数値条の基準はありません。
本人の状態によって「酒気帯び」なのか「酒酔い」なのかを判断。
具体的には「会話が成立するか」、「まっすぐ歩けるのか」などのテストを行うそうです。

お酒を飲んだら絶対に自動車や自転車を運転したらダメですよ!!

この家に住み始めて、警察管が来たのは今回で2回目!!
一度目は塀に車をぶつけられて、ブロック塀の破損で現場検証!

2度あることは3度あるのか、それとも3度目の正直なのか、もう勘弁して下さい。

そういえば、自転車が倒れていた所と、車でぶつけられた所、偶然にも同じブロック塀の場所!!

えっ?何か呪われてる???

きゃー!!怖いよぉ~~~

では、また次回のブログで...

もし、家の売買でお困りのことなどありましたら、ぜひコーラルへご相談下さいね!

親族間売買・セカンドピニオンなど何でもお困りのことがあれば是非!!

また、親族の方・お友達・お知り合いなど、不動産でお困りの方がいましたら
弊社にご紹介下さいませ。

スタッフ一同お待ちしております。






コメント


認証コード7580

コメントは管理者の承認後に表示されます。