リフォームとリノベーションの違いって何⁉

「リフォーム」と「リノベーション」の違いをご存じでしょうか?

最近よく聞くようになった「リノベーション」という言葉ですが、「リフォーム」と同じ意味で使っている人も多いはずです。

混同されやすい「リフォーム」と「リノベーション」の違いや、リノベーションのメリット・デメリットをご紹介します。



【リフォームとは】

一般的に「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことをいいます。賃貸マンションやアパートの場合には入居者が退居した後、その入居者の住む前の状態に戻すことを指す場合があり、原状回復ともいわれてたりしています。
英語の「reform」は「悪い状態からの改良」を意味していますので、リフォームという言葉を使うときは、基本的に壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、綺麗にしたり、新しくしたりすることを指します。
クロスや床の張り替えなどの小規模な工事や、設備の取り替え、外壁の塗り替えなどが主な施工内容です。経年変化によってマイナスの状態になった住宅を、新築時に近い状態に戻すような工事が行われます。



【リノベーションとは】

一方で「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、住まいの性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることをいいます。
英語での「renovation」は「革新、刷新、修復」を意味していて、リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いに対して、リノベーションは新たな機能や価値をプラスすることを表しています。
リノベーション工事の内容には、建物を骨組みだけのスケルトン状態にして行う間取りの変更や、水回りの配管移動などがあります。



【リフォームとリノベーションの違い】

「リフォーム」と「リノベーション」の言葉の使い分けは非常に曖昧になりつつあり、明確な線引きが難しくなってきています。
しかし、「リフォーム」と「リノベーション」はそれぞれ異なるメリット・デメリットと「工事の規模」や「住まいの性能」に関する違いがあります。

① 工事の規模
・リフォーム
設備の変更や修繕など、システムキッチンやユニットバスの入れ替えや壁紙の貼り替え程度の比較的小規模な工事。

画像の説明 

・リノベーション
間取り、水道管、排水管の変更なども行う大規模な工事。
リノベーションでは、「フルスケルトン」といって全てを解体し、躯体構造だけにして改修を行う工事も珍しくありません。そのため、部分的な改修を行なうリフォームに比べて、工事の規模が大きいのが特長です。

画像の説明

② 住まいの性能
・リフォーム
住まいの性能に関しては、住まいを新築当時のような状態に戻す工事。

・リノベーション
設備の機能を高めたり間取りを変更したりして、新築当時を超える性能にする工事。



【どちらを選ぶべきか】

・リフォーム
対応可能なのはキッチンや浴室を交換したくなったり、フローリングを新しいものに交換したかったりする場合などです。
一般的にリフォームはリノベーションに比べて工事期間が短くコストも安いです。
そのため、予算や工期を抑えて、最低限の機能性を確保したいときにはリフォームがおすすめです。
また、住宅を大幅にイメージチェンジしたくないときには、リフォームを選ぶ方がよいでしょう。

画像の説明

・リノベーション
ライフスタイルなどの暮らしに合わせた住宅改修がメインになります。

例えば
・お子様が生まれることを見越して、どこでも目が届きやすい住空間に間取りを変更
・収納機能が低く家事導線が悪いキッチンを使いやすいように変更
・趣味を楽しむ空間を設ける

画像の説明

そのバリエーションは様々です。
自分の好みのデザインを表現することも楽しみの一つです。
また、好みの立地や間取りの新築物件が見つからなかった場合に、中古物件を購入してリノベーションを行う方法も人気を集めています。

工事の内容が大きく変わってくるので当然に費用も大きく変わってきます。
予算に限りがないのなら、大幅な間取り変更・最新の設備機器・最高級の建材など、なんでも自由に取り入れることができます。

しかし、現実的には「大体〇〇万円ぐらいなら…」という予算感がそれぞれ決まっていることが多いかと思います。

やりたいことが多く予算オーバーしてしまう場合には、「お風呂のグレードを下げる」「水回りの位置はそのままにする」というように、予定していたプランのうち優先順位の低いものを省いていきましょう。

・予算内でご希望を叶えられるプラン
叶える為には、初めの打ち合せのとき「希望」と「予算」を合わせてつたえると、流れとしてもスムーズになります。
重要なのは、「絶対に譲れない」というところと、「あればいいなと思うけど、そのままでも困らないな」というところをハッキリさせることです。

リフォームやリノベーションの費用は改修内容や改修に使う素材によってまちまちなので、平均的な金額を出すことはできません。

ですが、明確な内容を持ち、綿密にすり合わせることで、理想の家につくり変えることができます。

施工業者やデザイナーとよく相談し、ぜひ自分らしい暮らしを実現できる理想的な住まいを手に入れていきましょう。





コメント


認証コード1079

コメントは管理者の承認後に表示されます。