不動産の囲い込み・悪質すぎる実態を暴露します!

売主さん、やばいです。

不動産業者による売却中不動産の囲い込みが、コロナ禍によりさらに激増しています!

あなたの売っている不動産、もしかしたら囲い込まれているのかもしれません。




今、不動産は売れています。

コロナ禍なのに売れています。


しかも、在庫は殆どないので買主さんはあなたの不動産を高く買ってくれるチャンスです。


なのに、

あなたの不動産が数か月間も売れていないのは、

囲い込み













もしかしたら、

あなたが売却を依頼している不動産業者が

不動産を囲い込んでいるのかもしれません。


他人事ではありませんよ。



「囲い込み」とは...

売主さんから売却の依頼された不動産会社が、物件を他の不動産会社に紹介させないように情報を囲い込んでいることを指します。

つまり、別エリアの他社の不動産会社から

「●●物件を興味持たれている人がいるので、物件を案内させてほしい」

と問い合わせがあっても、

「すみません、すでに申込みが入ってしまいました」

「ハウスクリーニング中で鍵がありません」

「売主さんの予定を確認せず勝手に売主さんの都合が悪い」

など嘘をつき紹介を断っている状況です。


他社には紹介させずに、自社でガッチリと物件を掴んで放さないことを

業界では、これを「囲い込み」と呼んでいます。



なぜ囲い込みするの?

理由は、単純です。

儲かるからです。

だれが儲かる? 不動産業者です。
損は誰がする? 売主さんです。

さて、不動産仲介会社は不動産売買の取引が遂行できた暁には

仲介手数料をお客さん(売主さん・買主さん)へ請求します。

売主さんが依頼した業者が自ら買主さんを見つけてきて契約できれば、

両者へ請求できるわけです。

しかし、

他の不動産業者さんからの紹介で売れてしまったら

買主さんへは請求することが出来ないため実入りが減ります。

だから囲い込みます。

囲い込みの事例

例えば、4000万円の物件の場合、
売主・買主自らのお客様で取引した場合、252万円(税別)
もし買主さんを他の不動産業者から紹介されて取引した場合、126万円(税別)

因みに、どちらも全く同じ仕事をすることになるのに

自ら紹介出来れば実入りは2倍になります。



しかも、

不動産業者としては、早く売れようが、遅かろうが痛手は殆どありません。

囲い込まれた売主さんへの影響

でも売主さんはどうですか?

・買い替え先が決まっている。

・引越し時期が決まっているので早く売りたい。

・少しでも高く売れるように多くの買主さんを紹介して欲しい。

こういった理由があって売却依頼している売主さんには大ダメージですよね。

ホント『まじで、ふざけるなよ!』

って言いたいぐらいですよね。

私も同感です。

不動産屋の囲い込みのエゲツナサ

コーラルでは不動産購入時の手数料を安く提供しています。

なので、

●●マンションを見学したいと問い合わせが毎日のようにあります。

しかし、約5割以上の売却中不動産が、この囲い込みを受けており紹介できない状況。

この状況を売主さんはご存知なのだろうかと日々思います。

契約・嘘

『商談中です。』

『契約予定です。』

と言われて本当にそうなら仕方ありません。




でも、

では、なぜ、

契約予定と返答された物件が1ヵ月後も同じ業者から掲載し続いているのか?

しかも、再度確認しても契約予定と言われるし、

おとり物件ですか? と言いたくなります。

ましてや、新着物件の場合には

「売主さんの希望で、他社さんのお客さん紹介はとりあえず控えて欲しい。」

それ、ほんと?




私は、これまで多くの売主さんとお会いし売却相談してきましたが、

そんなこと、言われた方は一人もいませんでしたけどね...


全くあきれますね。


不動産業者の千三つ屋と言われようが、ほんと身に染みてわかります。




こんな業界は早くどうにかして欲しい。
否、しなければと思ってしまいます!




ただ、この囲い込みを大手不動産業者が先頭になって行っているのですから。


どうにもならんのだろうな~

コーラルが囲い込みを調査し報告します!

コーラルでは、どうしても囲い込みが許せなくて、

その実態と、どうすれば囲い込まれないように出来るのかの対策を

『囲い込みが売れない実態、その解決策』としてご提案しております。

この記事を読んでいただいた売主さん、

もしかしたらあなたの不動産も、知らないうちに囲い込まれているのかもしれませんよ。



この、囲い込み、



売主さん自らが確認することは出来ないから、

いやらしいところなんです。

なので、心配なら私へご相談ください。


私なら囲い込まれているかどうか簡単に確認することができます。

お気軽にご相談ください。

コメント


認証コード8742

コメントは管理者の承認後に表示されます。