私の大好きなアニメと現実に起こっていること

今、世界が目まぐるしく動いています。

平壌五輪が終わったかと思えば、その間に決まった米朝会談。
また、ロシアではプーチン大統領の再選、中国では周主席の再選、そして米国のトランプ大統領の保護政策のためにハーバート・マクマスター大統領補佐官とレックス・ティラーソン国務長官が解任されたと思ったら、今度は中国による知的財産の侵害などを理由に通商法301条に基づき、中国からの幅広い輸入品に高い関税を課す制裁措置を発動することを決めたのです。
この状況を経済専門家は「米中経済戦争の勃発」とまで言うほど世界は緊張しています。
既に先の2人を更迭したことで、この状況は既定路線になっていたのかもしれませんが。

しかし、ここで私はある漫画を思い出します。

はい、その漫画こそ私の大好きな、銀河英雄伝説。

実は、もう銀河英雄伝説ファンなら誰もが知っていることですが、「銀河英雄伝説 Die Neue These」2018年4月より放送開始決定!しているのです。

これは、世界の動きと連動しているとしか思えない程のことなのです。

では、その、どの部分が世界の動きと連動しているのか。

それは政治の裏側にあるものという事です。

銀河英雄伝説はわたしの政治のバイブル

私は、銀河英雄伝説【旧OVA版】第24話・・誰ための勝利 のあるシーンのある言葉がとても好きです。

それは、

ヤン・ウェンリーの言う、
政治の腐敗とは、政治家が賄賂を取ることじゃない。
それは政治家個人の腐敗であるに過ぎない。
政治家が賄賂を取っても、それを批判できない状態を政治の腐敗というんだ。

この言葉、何故か、今の日本の政治状況にマッチしていると思うんです。

加計問題や森友学園問題その他もろもろ、既に解決したように思えた各事情が、何故か次から次と黒いことが出てきました。

何故にこのタイミングでと思うのはわたしだけではないと思うんです。

誰がこの状況へ誘導しているのか?
それはメディアではないかと思うのです。
なぜ、ここまでメディアは安倍総理を追求するのか。それも今の時期に。
世界はとても大きな動きをしています。
この動きは、これから先の世界を決めてしまうような大きな動きとなるように思うのです。

しかし、日本は、その動きに、日本の政治の内部の暴露で、乗り遅れようとしています。

日本は、今、大事な局面にあるにもかかわらず、その対極にいる中国や、韓国、北朝鮮などに思い切った言葉を言えない状況を作ってしまっています。

なぜ?

今の時期にこんな加計問題や森友学園問題を再燃させているのか?

ここで疑問があるのですが、今の日本に、世界と対峙できる政治家が安倍総理以外にいるのでしょうかという事。

確かに、モリカケ問題は追求すべきことかもしれません。
しかし、その結果、今をとても大事にすべき首相の動きが止まってしまいかねないことにとても懸念があるのです。

確かに、モリカケ問題など、それが追及されたり問題視されたりするのだから、今の日本は北朝鮮やロシアよりまだましなのかなとも思います。
ここまでマスコミがうるさすぎるのもどうかだけど、言論の自由がないよりは、健全なのかもしれません。
しかし、時を同じにして、今は、安倍総理の力が必要な時でもあると思うのです。

私は、自民党支持だからとか、その他の政党支持だからとかという事を言っているわけではありません。
なぜ、今なのかという事を言っているんです。

確かに安倍総理は、対岸の火事ならほっとけるかもしれませんが、しかしそうではないんです。

これもまた、銀河英雄伝説【旧OVA版】の中のセリフですが、

「火事だけは話が別だからな、ほおっておくと自分達まで焼けてしまう。同盟も火事になってみきゃ、誰も本気にならんのかもしれんな。」

とあるように、日本が火事にでもならないと誰もわからない程、本気で日本の未来を憂う人はいないのかもしれないと思ってしまいます。

わたしたちは、「手の届かないところのことをいくら心配しても、それで腕が伸びるわけじゃない。」のです。

安倍総理にはやっていただかなければならない手の届くところの問題を、心配し、各省庁もその手の届くところを解決のため頑張ってほしいと思うんです。

銀河英雄伝説【旧OVA版】に散りばめられたセリフ、その一つに

「夕食の用意ができていないのに明日の朝食について論じても始まらないよ。」
というセリフが有りますが、

わたしたちは、今、まさに夕食の用意をすべきであり、明日の朝食の準備をしている場合じゃないと思うんです。

今日、株価は大きな値動きが有り下落しました。
それは、日本の企業収益を押し上げる要因は為替と原材料安だったことを再認識するに十分なことだったんです。
米中経済戦争が起こった先にあるもの、それは、このままでは両方ともなくなり、日本経済は沈みかねないという事実です。

世界がとても大きな動きをしているのに、日本国内では佐川元国税庁長官の証人喚問で野党が気勢を上げています。

それって確かに重要かもしれませんが、果たして、何故、今、そのことに時間を使わされているかをもっと考えるべきではないのでしょうか。

今の内閣支持率がすでに第一次安倍政権末期の水準となり、安倍総裁の三選は危ういと言われています。

確かに、こんな問題多き状況を作ったのですからそれも仕方ないかもしれないでしょう。

しかし、米中が大きな摩擦を起こしているときに、また北朝鮮問題が最も重要さを増しているときに安倍総理を外して誰が、その動きに対峙して問題解決できるのでしょうか。

銀河英雄伝説【旧OVA版】は、たかだか漫画かもしれません。
しかし、何故、今なのかを考えるに一番の裏事情を言い表している場面もあり、考えさせられるんです。

誰が仕掛けているのか?

必ずその裏には、この事情を喜んでいる者がいるということを知るべきではないでしょうか。



コメント


認証コード9178

コメントは管理者の承認後に表示されます。