売却成功の為の物件アピールとは

売れない時代に、セールスで成約という結果を出すことはとてもむずかしいことのように思われています。

しかし、難しいときでも、『そんなの関係ない!』 とばかりにバンバン成約を出すセールスマンもいます。

コーラルにも、その成約をバンバン出すセールスの達人がいます。

コーラルには、セカンドオピニオンサービスという他不動産業者でなかなか思うように結果が出ない売主様向けにお届けしているサービスが有るのですが、このサービスでも、ただアドバイスしただけで、今、売却を任せている不動産屋さんで成約したという話はとても多いんです。
コーラルに依頼替えしなくても、今任せている不動産屋さんで成約して、喜んでいる方も多くおられます。

この違いは、いったい何でしょう?

コーラルは、なにをしているのでしょう?
何がコーラルと他の不動産業者の違いなのでしょう?

この違いとは、結論から言えば、セールスに必要な、「独自の売り」&「独自の価値提案」を施策することをアドバイスしているだけなのです。

「独自の売り」を見つることと「独自の価値提案」を言葉に忍ばせアピールすること。
これだけでなかなか売れないマンションや一戸建てが売れるようになるのです。

ただ、この「独自の売り」を見つることと「独自の価値提案」を言葉に忍ばせアピールすることができている不動産屋さんって、ほぼありません。

なぜ出来ていないのか?

それは、宅地建物取引士や宅建マイスター、不動産アナリストなどの資格のための勉強はして身につけている営業マンは多いのですが、しかしセールスの勉強をしている営業マンがいないからなのです。

宅地建物取引士でも宅建マイスターでも、建物や土地、それらを取り巻く法律は知っているでしょう。
しかし、セールスで結果を出す術は勉強することはなかったのです。

ここでは、売れない時代に成約という結果を出す、「独自の売り」&「独自の価値提案」ということにクローズアップして解説します。

ここで解説する手法は、セールスで結果を出すためのほんの一部でしかありません。

もし、今から解説すること以外で、もっと知りたいという方がおられましたら、ぜひ、セカンドオピニオンサービス か 査定依頼 でお問い合わせください。

では、早速、解説していきます。

『USP』と『UVP』