家の運気と風水について(活用しよう花といろいろなアイテム)

風水では運気は玄関から入ってくるといいます。

ラッキーアイテムや花の精気や色を使って、玄関のパワーを強めましょう。

風水で一番大切なのは玄関! 

ポイントは玄関から入って目に入るところに観葉植物やお花を飾る事です。
また、玄関マットを敷くことも良く、マットは外から入り込もうとする悪い運気を払い落とす役割もしてくれます。
玄関で一番やってはいけないことは、汚れをそのままにしておくことです。雨の日などにはどうしても靴にほこりが付着したまま帰宅することがあります。その靴が乾いたときにそのほこりも玄関に落ちて溜まってしまうことが有るかもしれません。
しかしこれを放置して汚いままにしていると良い運気はやってきません。
特に運気の入り口である玄関は、家の中のどこよりもキレイでなければいけません。
まずは玄関の隅々や下駄箱の中まで掃除をしましょう。毎日できればいいのですが、なかなか時間が取れないこともあります。この場合は一週間に一日だけとかでも構いませんから、ゴミや埃を取り除いて清掃しましょう。もし可能なら塩水でしぼった清潔な雑巾でたたきを拭くと、悪い気を水と塩で浄化することになるので効果アップとなります。
風水とはその名前の通り、良い運気を取り込んで、それがうまく部屋全体に回っていくかが良い運気づくりのポイントとなりますから、運気の流れを悪い気は止め、良い運気はお部屋の中まで流すことを考えてみてください。
お花(生花)や玄関マットは効果的に使えば、とても良いエネルギーの流れができるアイテムです。
観葉植物も玄関にはとてもGOODです。
ただ、造花やドライフラワーは死んでいる花なので悪い気を放ちますので基本的には風水上好ましくないと考えられています。

ここでは、玄関の有る方位ごとでラッキーアイテムやお花も違ってきますから、どんなものが良く、どんなものがNGなのかを考えてみましょう。

まずは各方位に合う花の色をピックアップしてみました。

<各方角と相性のいい色>

東・・・青
西・・・イエロー、ピンク
南・・・黄緑
北・・・ピンク
東北・・・白
東南・・・黄緑、オレンジ
南西・・・イエロー
北西・・・淡いピンク、クリーム色

こちらを参考に、花色を選んで飾るのもいいですよね!

東玄関の花

東に玄関がある間取りはラッキーなとも言えるかもしれません。
東から陽は昇ります。
朝、まず一日の始めにさわやかな朝日を浴びることはエネルギーもいっぱい浴びて、とても活力ある一日の始まりになります。結果一番成功に近づきやすくなります。
ブルー系統の花はこの方位にとてもよくあいます。
わたしは良くサイネリアやプリムラなどを飾っています。
サイネリアは華やかで活気にあふれた印象となり、プリムラは秋から冬、また春にかけ花が咲くのでとても長く花を楽しむことが出来ます。

西玄関の花

西は何といっても金運アップの方位と言われ、ここのエネルギーが損なわれると、なぜかとても遊びたくなり、金運が低下したり、悪い異性にだまされたりします。
大きな開口部があればふさぎ、大きな水槽や金魚鉢などもお勧めできません。
西側玄関のラッキーカラーは、金運アップに効果的な「イエロー」「ピンク」です。これらの色と相性の良い「ホワイト」も、西側玄関におすすめの色です。
沢山の黄色の粒がきれいなミモザなどはいかがでしょうか。黄色や白色は、お勧めです。
しかし、避けたい色は「黒」「赤」 ですね。
金運が落ちると言われています。
観葉植物では、「ガジュマル」が良いでしょう。ガジュマルは幸福を呼ぶ樹とも言われ、幸福へと導かれるためのエネルギーを授けてくれる観葉植物です。特に金運アップに効果的のため、西側の玄関に置くのに適しています。
わたしは、マリーゴールドやラナンキュラス、ランタナなどを良く飾っています。今年はカルセオラリアを飾っていました。

南玄関の花

南玄関は何よりもまず太陽の通り道というきらびやかなエネルギーの注ぐ場所。
南玄関の場合、特に火の気を強くしすぎると、せっかく入ってくる良い気を燃やしてしまうので気をつけてください。
無難に観葉植物などで木の気を増やし火の気をスムーズにするのがよいでしょう
この方位は一対のものがよくあいます。
背の高い観葉植物を配置してもいいでしょう。個性的な葉姿や葉色の観葉植物がよく合う方位です。
ハーブ類の鉢物も相性良いのが南の玄関。
ラテン語で「海のしずく」との意味を持つローズマリーは、花言葉が追憶や思い出などどヨーロッパでは、教会、死者、生者を悪魔から守る神秘的な力を持つといわれています。
海沿岸地方原産で、キリスト教以前のヨーロッパで祝典や結婚式、葬儀に用いられたとされ、「変わらぬ愛」や「貞節」の象徴ともされているとのことです。
その生育はキリストの生涯を象徴し、多くの伝説で聖母マリアと結びついているのだとか。
南のきらびやかなエネルギーを象徴する花(植物)としてとても相性が良いものです。

北玄関の花風水

北方位は、風水的に見ると「水の気」を持つ方位と言われています。
悪いものを流す効果のある水の気ですが、冷えやすいといった難点もあります。
このように水の気が強い方位なので空間が汚れると気がよどむ傾向も強いのでマメに掃除をし清潔な状態をキープします。寒々とした感じにならないように、暖色系でカバーするのが良い運気を保つコツと言えます。
暖かみのある玄関マットを置いたり、ライティングを工夫して柔らかくて明るい感じを出す工夫が良い運気のコツとなります。
この方位は他の方位に比べてエネルギーが内側まで入りにくいので、しっかりパワーアップをしましょう。
相性の良い色は、暖色系のピンク、アイボリーと言われていて、花言葉が『繊細』『天真爛漫』『無垢』『上機嫌』『無邪気』を持つアジアンタムはこの玄関にも相性がよい植物です。
ピンクや紫のかわいらしい感じの花を用いることも良いでしょう。

その他の玄関位置については以下も参考にしてみてください。

東北玄関

風水では鬼門のと呼ばれ。鬼が出入りする方角であるとして、万事に忌むべき方角とされています。
言い換えれば、東北はエネルギーの始まるところとも言えるのです。
このようにとてもパワーの強いところですので、古来より恐れられている方位なのです。
この方位を味方につけると、財産運、相続運、後継ぎの子供がしっかりする、などの運を上げることができますので、鬼門に張りをもたせる風水の一門もあるようですが、パワーがあるだけにやりすぎはNG。
清潔で静かな空間を保ちたいところです。
日本における風水は、飛鳥~奈良時代に中国から入ってきました。
そのため、東北は雪をかぶった高い山、のような象意があるので、白色やうすいラベンダー色などの落ち着いた色合いが好まれます。
また、魔除けの意味のある、ヒイラギ、ナンテン、トベラ、ツツジ類も相性抜群。
一番気を付けたいことは汚れです。絶対に汚すことが無いよう注意しましょう。

東南玄関の花

爽やかな午前中の光がさんさんと差し込む東南は、古来より玄関の位置として好まれています。
大体の部屋としてすべて無難に収まる東南ですので、花も基本的にはどんなものでも似合いますが淡いピンク色やグリーン系のものがおすすめです。
東南と長いものは相性が良く、ご縁を遠くから運んでくるといいますので上級アレンジとしてツル系のものを加えてみるのもよいでしょう。

南西玄関の花

裏鬼門と呼ばれ、こちらもエネルギーが強い、比較的取扱いに気をつけたい方角です。
家族に関係するエネルギーがまわる方位とも言われてます。
エネルギーがよくまわると、根気がでたり、家族が仲良くなったり。
損なわれると、落ち着きがなくなったり、主婦が老け込んで元気がなくなったり、逆に外に出ていきっぱなしになったりします。
落ち着いた雰囲気の生け花などはいかがでしょうか。
土で作った陶器とも相性がよい方角です。
お勧めの花は梅です。
生命力あふれる梅は南西からの悪い気をストック、浄化するちからにたけています。
よほど注意して常に清潔を心掛けることです。
相性がいいのは「土に関するもの」で、植木や木のタンス、食器などをおくのは大吉。
相性がいい色は、グリーン、イエロー(黄色)、ラベンダー色、茶色、黒、赤、白です。

北西玄関の花

事業運、仕事運をつかさどる北西。しっかりパワーアップさせましょう。
花は、淡いピンク、クリーム色、オレンジ系が幸運に恵まれるでしょう。
フリージア、ハイビスカス、プリムラ、キンギョソウなどが良いでしょう。
観葉植物では、ふわふわとした小粒の葉が特徴のアジアンタムもいいです。この草の束を手にしていれば、魔女を見破れるという伝説もあります。
ただ、アジアンタムは直射日光は好まないようですので、玄関との相性は考えなければいけません。
その他ではベンジャミン、ゴムノキは確固たる信用を築いて事業運、仕事運に良く繁栄をまねくと言われています。

まとめ

如何でしたでしょう?

花や植物のパワーを使って幸せになる、それが花風水です。
またその方位に合ったアイテムの活用も運気を上げ幸せになるとも言われています。
どのような花や植物にどのような幸運を引き寄せるパアワーが宿っているか、またどのようなアイテムを用いれば運気は良くなるのかを知ってアレンジし、日々の生活に取り入れて暮らすことが幸せになる近道と言えるのではないでしょうか。