マンション購入,一戸建て購入,マンション売却,中古マンション売却,一戸建て売却,不動産売却,査定,仲介手数料無料,不動産屋,新築一戸建購入,不動産購入,不動産業者,東京,横浜

不動産購入・不動産売却は仲介手数料が無料か半額より安い1%の不動産売買専門不動産屋のコーラルへ

住まい売却時の基本中の基本(④)・売主の印象も成約の要因

売主の印象も成約の要因

やっと内覧者が来ました。
さて、あなたが売主でまだ売却中のマンションに居住中の場合、下記のどの様な対応で内覧者をお迎えされますか?

① 不動産業者任せにしてその場から退席する
② ただそこにいるだけで全てを不動産業者任せにする。
③ 不動産業者と事前に打合せ(想定される質問内容・お見せする所の選定・その他情報など)したようにふるまう。
④ 自分から内覧者に付き添い、せっせせっせと全部ご案内する。

ここでお伝えしたいことは、物件案内の際、売主の印象もマンション売却成約につながる大切なポイントになりえるということです。
実は、内覧者はマンション室内の様子だけでなく、そこに住む住人の「人柄」も観察しています。
コーラルが内覧現場でこのようにしたほうが良いと考える行動は③となります。
実は居住中物件の場合、内覧者はそこに住む売主がどういう人かも購入するかどうかの判断材料にしている場合が多く有ります。
住人が誠実そうで好印象だったという理由で、購入に踏み切ったという購入希望者は以外と多いです。
②はなんとなく無視されているようでゆっくり室内を見ることができなくなります。
④はあまり行きすぎた、営業マンを差し置いての過剰なセールスは、 逆効果になることが多いです。
場合によっては売り急いでいると勘ぐられ、値引き交渉につながる要因にもなりかねません。
無視もダメ、行き過ぎもダメ、しかしながら売主の丁寧な対応は、大切にされてきた家という印象につながりますから、内覧前に不動産会社の担当者と十分に打合せをして内覧対応することが望ましいと言えます。
また、なんといってもそのマンションの長所は、営業マンより住人が一番知っているのですから、買物の利便性や周辺環境などのアピールポイントを整理して、 質問には丁寧に答えられるよう準備しておきましょう。
住人が好印象だと、物件自体も良く見えてくるのは、心理的な点からも言えることなのです。
家族の写真をさりげなく飾っておくのもいいかもしれません。
好印象を持ってもらえるよう、丁寧な対応を心がけ身なりにも注意をはらいましょう。

絶対聞かれる上下左右のお部屋情報

な、なんと、ご近所にお住まいの方の情報は喜ばれます。

マンション売却時家族構成画像

マンション1室と言ってもお買い求めになる方は、隣室にどんな人が住んでいるのか非常に気になります。
マンション売却の場合は、隣の部屋の方や、階上、階下の方の家族構成を知っているととても喜ばれます。


高額成約のコツ2つ目 それは 住まう場合の環境についてお教えすることです。

環境は住まう部屋ばかりではありません。その周辺もとても大切な住まう環境です。
以下では、内覧時に絶対聞かれるその周辺の環境などについて想定される質問事項をまとめてみました。

想定のQ&Aはほぼ決まっている!

内覧はお部屋を見るだけではありません。
内覧時に購入希望者は、所有者など住人しか知らないことや、ここに住んだらどういう生活が送れるのかを想像できる質問をされてきます。
特に多い質問事項はあらかじめ想定することができます。
それら質問に丁寧に具体的に答えられれば、購入希望者は実際に暮らすためのイメージがしやすく、成約にも結びつきやすくなります。

具体的な質問事項は下記のようなものですので、ちゃんと答えられるよう答えを用意しておきましょう。

よくある質問としては、
①スーパー、コンビニなど買い物はどこでしているのか、そこまでの時間
②内科、総合病院など医療機関の場所、また最近はペットを飼っている人も多くペット病院の場所とそこまでの所要時間
③近隣の環境(公園の場所)や(嫌悪施設)などはどうか
④近隣に幹線道路や線路がある場合の音や振動はどうか
⑤マンションの場合、駐輪場の有無、駐車場の有無、またゴミ出し場所とその利用時間などそのマンション固有の事情について
⑥保育園・幼稚園・小学校、中学校はどこか、またそこまでの所要時間
などです。

これらの事項は必ず質問を受けます。
もしその場で受けない場合は内覧者の購入意欲がなくなっていると思ってもいいくらいです。

これら事項は、ファミリー向け間取、例えば2LDKや3LDKなどの場合は奥様の方が多くのことを把握している家庭が多いと思いますので、奥様に内覧時立ち会って頂いた方がスムーズに案内とご回答ができます。
また、最近では台所の設備(ディスポーザなど)や浴室換気乾燥機など機器操作を聞かなければ分からない室内の設備面も充実していて、この点では奥様の方が詳しいことが多いと思います。

1LDKなどでは、単身でのお住まいが多いので、⑥以外の質問を用意していたらいいと言えます。

また、市町村の施設や電車・バスなどの利用できる時間など普段利用していなくてもある程度は質問に答えられると良いと言えます。

物件場所にもよりますが、バス便での利用が考えられる場合、近くのバス停とその時刻表などが分かれば良いと言えます。
もし、スーパーやコンビニなど買い物をする場所が近くにないなど答えに困る場合もあるかもしれません。
この場合には、普段自分がどうしているか、例えば「週末に車で10分の大規模スーパーでまとめ買いしています」、「駅にスーパーがあるので帰る時にそこで買い物して帰ります」などで構いません。
いつもご自身でやっていることを正直に、どうしているかを教えてあげることで構いません。

周辺の環境については、無理によく言ってもすぐにわかってしまいます。
これら購入希望者からの質問事項を、誠実に答えることができれば売主の印象も良く映ります。

購入者にとっては買うのはマンションや戸建て住宅でも、そこに住んでいた人も見られています。
生活感のある清潔感のあるお部屋であって、そのうえで良い人が住んでいたお部屋を買いたいと思っておられます。
この事実、実に不思議なことなのですが、でも事実なのです。


関連事項

 ☛ 玄関で決まる



powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional