会社概要

更新日2018-11-18 (日) 18:53:53

コーラル株式会社 会社概要

はじめに

今日もまた、本店に、一組の初めてお会いする方が『ありがとう』とお礼を言いに見えられました。
コーラル、実は、このような社員が誰も会ったことがない、初めてお会いした方にお礼を言われるのはこれが初めてではありません。実に多くあります。
その数、今年だけでももう50組以上にもなります。
どうして初めてお会いした方に『ありがとう』とお礼を言われるのか。
そう、この方々はコーラルのセカンドオピニオンサービスをご利用された売主様なのです。
このような売主様に毎回言われること、それは、なぜ、コーラルは売却時の成約できる手法をセカンドオピニオンサービスで無料ですべて教えているのか?ということ。
この言葉、実は多くの売主様に言われています。
この場合の売主様と言っても、コーラルに売却を任せていない方々ですからとても不思議なのでしょう。

例えば、8年前から始めた売却時仲介手数料無料。数々のマーケティングとセールス手法採用。それにセカンドオピニオンサービス。
これらサービスは8年前、まだどんな不動産業者も行っていませんでした。
これらはすべて今までの不動産業者がサービスして来なかった、否、やりたくなかった事なのです。
今もまだ、99.9999%の不動産業者はセカンドオピニオンサービスなんて行っていません。
他業者はこれからも完全無料でセカンドオピニオンサービスを行うことはないのではないか、と思ったりもしています。
しかし、コーラルは進んで皆さんにサービスをご提供しています。
実は、8年前もそうですが、今もそう、コーラルの行っていることのほぼ全てが、不動産業者はやりたくないことなのです。
しかし、コーラルの展開するサービスは、今までの不動産業者の延長にはありません。
基本は、私が主婦だったから思う業界の摩訶不思議さを嫌だ!って思う気持ちにあるのかもしれません。
また、私が消費者だったら「こんなの有ったらいいのに」と思うことを行う。ただ単にそれだけのことなのです。

セカンドオピニオンサービスは、他の不動産業者に売却をお任せされている売主様に完全無料で成約できる手法をお教えしています。
その結果、多くの方がコーラルではない他の不動産業者でほぼ満足なる成約をされます。
結果、コーラルにはひと月数名から数十名の、顔も知らない方が手土産を持ち来社されるのです。
玄関では、『えっと、どなたですか?』とお迎えしていますが、その方々のすべてが笑顔で『セカンドオピニオンサービスで成約しました。ありがとうございます。』とご報告される売主様なのです。(来社より電話ご報告の方が多いですが。)
そう、コーラルのマーケティングとセールスで他社で成約された方々は後を絶ちません。
何人も何人も『ありがとう、おかげさまで成約できました。』とにこやかな声でご報告をされるのです。
私たちはただ単に『そこはこうしたほうがいいですよ。ここはこうやって、そこはそれではだめです。このやり方を不動産屋さんに言って絶対やってもらってください。えっ、出来ないって言うんですか、出来ないって言うのなら一般媒介に切り替えるぞと言いましょう』とアドバイスしただけ。
しかし、それでも成約されています。

なぜ、セカンドオピニオンサービスを完全無料で展開しているのか?
それは、不動産業界の暗黙のルールである「隠蔽と捏造が当たり前」を変えたいからです。
「隠蔽と捏造が当たり前の業界」に未来は有りません。
隠蔽と捏造が当たり前の業界では、コーラルがいくらセカンドオピニオンサービスを展開して売主様に成果の出る売却手法を教えても、この成果の出る売却手法を不動産業者の方が出来ないことが多いのです。

最も効果のある手法は、セカンドオピニオンサービスの方々に全て教えても、売却を任せておられる不動産業者が出来ないことなのです。
でも、それでも成約される現実があるのは、ちょっとのことで大きな成果の出る現実がそこにあるだけなのです。
それがコーラルのセカンドオピニオンサービスの実力なのです。

コーラルの実践してきたノウハウとマーケティングとセールスの持つ力。
これらは他の不動産業者には真似ができないのです。

さて、これからなかなか成約しない時代が到来します。
その時、あなたは、どの売却サービスを収取選択されますか。
本当に満足できる売却手法。
コーラルのお客様にだけ、そのすべてを体現できる権利があります。


コーラルの目的、それは、
『不動産売却時の売りやすさの追求!』、
『不動産購入時の買いやすさの追求!』です。

そのために、
コーラルは『真摯に』『誠実に』
お客様と向き合います。

コーラル社章


コーラルの社章はその売主様・買主様と
コーラル社員の輪を表現しました。

皆様へ

代表 井上正子

コーラルのホームページへお越しいただき誠にありがとうございます。

まず初めに、皆様へ、ぜひお伝えしたいことがあります。

それは、コーラルは、まだ新生コーラル発足して8年目に入った小さな不動産業者に過ぎません。
事業所も東京都江東区亀戸と港区北青山、横浜市中区弁天通(最寄駅 JR線関内駅)に3事業所有るのみで、しかも社員数も約10人程しかおりません。

しかし、売却、購入担当者は、全員が経験豊富な宅地建物取引士で構成されています。
コーラルに集った後も、マーケティングとセールスに多くの時間と費用をかけた再教育で身に着け、さらなるスキル向上に鍛錬しています。
コーラルは、マンション売買や一戸建て売買には絶対の自信を持っています。またその実績も7年間で2500件以上と、他の不動産業者の実績をはるかに凌駕しているでしょう。

また、その売買成功実績で培ったマーケティングとセールスについて、売主様、買主様のお役に立つコンテンツや情報を日々ご提供できるようサービスに勤しんでおり、不動産業界では特異な存在として位置しております。
ただ、今ある環境に良しという気持ちは全くありません。

メディアなどでも言っていますが、これから不動産売買の環境はとても厳しいものとなりそうです。

不動産売買の環境は日々変化しております。その環境の中いつも売買で過去以上の成果をお客様にご提供できるべく、果敢にチャレンジすべきものと考え行動している不動産業者こそコーラルなのです。

まず、お客様とコーラルとのファーストコンタクトは当ホームページとなります。
しかし、せっかく当ホームページにお越しいただいたにもかかわらず、すべてのお客様へ何ら有益な情報やサービスをご提供できていないかもしれません。
そこでどうしてもお伝えしたいことが有り、コーラルのサービス向上のため、皆様にご協力いただければと思い、この場を借りご提案させていただきたいのです。

実は、コーラルの売買サービスは、何よりも「売主様、買主様(お客様)の立場で」考え行動することを『是』としております。

その結果、例えば「弊社コーラルにはお客様が求めるサービスはないので、そのお客様が求めているサービスを扱っている他の不動産業者を紹介する」ことになる場合もあります。
この場合、弊社コーラルのライバル不動産業者の売り上げに貢献することになってしまう可能性があります。
しかし、それでも一向に構いません。
ただ、その前にひとつだけ弊社コーラルの社員に質問してみていただきたいのです。

『コーラルでは、こんなことって出来ませんか?』

ということを。

コーラルは売主様、買主様が不動産売買をする場合、その当事者の立場になって考え行動することにチャレンジしています。

その考えたことを具現化するために仲介事業者のコーラルは何がサービスご提供できるのかも考え、もしできそうな施策であればご提供できるよう改善しチャレンジしています。

もし、それでも売主様、買主様へご提供できるサービスがコーラル自体には出来ないことも有るかもしれません。
その場合には、先にお伝えした通りお客様の求められるサービスをご提供している不動産業者の情報を調べ、その情報を喜んでお教えすることとしています。
まずは、不動産売買においては、不動産売却、購入のプロフェッショナルなコーラルのスタッフにどんな些細なことでもお聞きしてみてください。
ぜひ、『コーラルではこんなことできないの?』ってご質問頂ければと存じます。

コーラル紹介動画をご覧ください。


BGMは【コハクノアカリさんの『ノスタルジアに会いにゆく』】



コーラルが創り出すのは、一消費者目線からの、あ、こんなところに私の求めていたものが「あったね」からの、その基準になる新しい「あたりまえ」という価値創造です。

これを一言で言い表すと、「あたりまえを発見し、提供しよう。」となります。

このコーラルのコーポレートビジョンには、物事を見るとき反対の立場(目線)で見てみよう、何があったら喜べるのか、そのうえで行動してみたらどうなるかで、世の中の“あたりまえ”となるサービスをわたしたちが創るという意志表示があります。
このことにこだわるコーラルでは、創業期より一貫して新しい、でも有ってあたりまえとなる不動産仲介サービスを開発し提供してきました。またそのためには、ひとりひとりが地道に徹底的に自分が売買の当事者であるという考えに基づき、そのうえで誰もが自然と使うサービスに定着させるべく努力することが必要と考え行動してきました。
コーラル株式会社は、消費者視点を何より大切にしたいとのこだわりから、サービスの品質や改善スピードを高めるべく、いかなる金融機関、事業会社とも資本関係を持たない、中立・公正な完全独立系の売主様買主様のためだけの売買仲介エージェント企業なのです。
コーラルのホームページアクセスは現在、10万ページビュー/月を超え、また、TVなどのメディアにも数多く取り上げていただいております。
設立25年を迎え、過去お取引(売却・購入)させていただいた依頼者の方からの友人ご紹介も多くございます。
これはひとえに、私たちの姿勢や思いに共感、また支持をいただけた結果だと感謝いたします。
これからも皆様に感謝し、さらなるサービス向上のためにコーラルはチャレンジし続けます。


★目 次★


代表挨拶(代表取締役 井上正子のご挨拶)

代表取締役・井上正子

業界未経験の私がどうして結果を出し続けられるのか?
それは、私が常識に囚われない『業界未経験者だったから』です。
私は5年前、このコーラルを先代の経営者から引き継いだとき、不動産仲介業界の『普通じゃないことを私が変えたい!』と思い、このコーラルを始めました。

続はこちらから ⇒ 続きはこちらをクリック 

コーラル株式会社 社長井上正子のインタビュー記事

企業理念

☆コーラルの一人一人のお客さまの、利益と利便性を最優先させる行動をします!

☆『不動産取引に真摯に誠実に取り組み、透明性をもって結果を出す』が合言葉です!!

☆不動産売買をオープンにすることにより、顧客満足度ナンバーワン不動産会社を目指します。!!

☆不動産の付加価値創成と流通を起こすことにより、お客様の幸福と笑顔を結ぶことで社会貢献します。!!

☆不動産の持つ物語性(物件性)を見つめ、心で感じて、過去・現在・未来へと有形無形の財・形として伝え続けます。

☆売主様には成約という結果を出し、買主様には安心を提供します。


  

行動理念 (コーラルポリシー)

私たちは、自分の家族や友人に自信をもってすすめられる売買仲介行動のみを実践します。
人を愛して、運を逃がさず、縁を尊び、恩を忘れない行動します。
固定概念を捨て、常に未来の物事に対応できる柔軟な姿勢で行動します。
常に相手の立場に立って検討し、お客様に絶対的な満足感を与えられる様努力します。
創意と迅速な行動力によって発展し、豊かで働きがいのある企業を目指します。

コーラルのポリシー

コーラルのエージェントは、常に「不動産運用はこれからの未来の創造」
ということを念頭において行動します。
それは、お客様が後悔せず、満足できるカタチとタイミングで不動産運用することに他なりません。

例えば、お客様が本当に今、売却しなければいけないのか?

もしかして、その時期ではないのではないか?など、

コーラルは時代の動きとお客様の「今」を徹底的に向き合います。
お客様の為の売却・購入・不動産運用に、不動産売買のプロとして躊躇なく5つの判断基準で目的立案し行動いたします。

  1. 100%当社のお客様の味方に徹しているか?
  2. お客様の声を徹底的に聞き行動しているか?
  3. お客様の為の後悔しない売却・購入をサポートしているか?
  4. 高品質のサービスをどこよりもお届けしているか?
  5. より高く売却する為に、考えうる全ての広告や対策を実施しているか?

また売却、購入の際には仲介手数料選択制にて、賃貸の場合には明瞭精算にてお客様の未来の創造を提供し続けていくべきだと考え行動します。

会社からのお約束

コーラルが選ばれる理由

コーラルを選んでいただけるにはちゃんとした理由があります。

会社概要

会 社 名コーラル株式会社
設   立平成3年3月 創業27年(不動産業17年の実績と安心サポート!)
資 本 金1000万円
宅地建物取引業免許国土交通大臣(1)第9284号(複数県に営業店設置のため管轄替え)※1
本社・本店〒136-0071 東京都江東区亀戸5-5-11 第1ビル2階
本社・本店連絡先TEL 03-5875-5038 FAX 03-5875-5039
渋谷青山店〒107-0061 東京都港区北青山1-4-1 ランジェ青山10階
渋谷青山店連絡先TEL 03-6447-2823 FAX 03-6447-2824
横 浜 店〒231-0007 神奈川県横浜市中区弁天通3-42 NGS弁天通ビル6階
横 浜 店連絡先TEL 045-264-4997 FAX 045-264-4998
U  R  Lhttps://colal.net
代表取締役井上正子
常務取締役山本繁春
取締役石井雄二
社 員 数9名【平成30年9月1日現在(パート・アルバイト含む)】
・宅地建物取引士6名
・2級建築施工管理技士1名
・2級ファイナンシャルプランニング技能士2名
・住宅ローンアドバイザー3名
・ホームステージャ- 4名
取引先(銀行)三井住友銀行
千葉銀行
りそな銀行
三井住友信託銀行
三菱東京UFJ銀行
東日本銀行
東京東信用金庫
ゆうちょ銀行
ARUHI(旧SBIモーゲージ)
イオン銀行
楽天銀行
三井住友トラストL&F
取引先(損保)あいおいニッセイ同和損害保険
加 盟 団 体公益社団法人 全日本不動産協会
公益社団法人不動産保証協会
公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会
一般社団法人日本ホームステージング協会
不動産売却情報協会
主要取引先・三井不動産リアルティ
・住友不動産販売
・東急リバブル
・野村不動産アーバンネット
・センチュリー21
・ピタットハウスなど他全不動産仲介業者
出店予定地☆ 千葉県総武線沿線(千葉県の西北地区などを営業範囲内)
☆ 多摩地区内(三鷹市・府中市などの営業範囲内)
☆ 城北地区内(川口市・さいたま市などの営業範囲内)

※1免許の区分について
宅地建物取引業免許の申請は、「1つの都道府県内に事務所を持つ」場合は都道府県知事免許、「2つ以上の都道府県に事務所を持つ」場合は国土交通大臣免許となります。
宅地建物取引業免許 
国土交通大臣(1)第9284号(2017年12月18日免許)
2017年12月18日に営業店を複数県に構えた為管轄替えしました。
従前の免許番号 東京都知事(4)第81186号


     

会社所在地図(本社・本店 )


大きな地図で見る

★JR総武中央線『亀戸駅』から徒歩2分です。

渋谷・青山店 所在地図


大きな地図で見る

★東京メトロ銀座線・半蔵門線『青山1丁目駅』から徒歩2分です。


横浜店 所在地図

★JR根岸線『関内駅』から徒歩5分
 横浜ブルーライン『関内駅』から徒歩5分
 みなとみらい線『馬車道駅』から徒歩5分 となります。


社員紹介

各関係顧問

税務顧問 石田税務会計事務所(サイトへ)

法律顧問 市川達也法律事務所


社員募集のお知らせ

コーラルの事業拡大のため、社員募集を開始いたします。
コーラルの現状は下記ページでご参照ください。

☛ 事業パートナー募集のお知らせ

また、社員募集要項は下記をご参照ください。

☛ 採用情報

会社評価として

会社評価を表しているものにメディア(テレビや雑誌)からの取材と放映もあると言えるのではないでしょうか。
コーラルはまだまだ小さな不動産売買専門会社ですが、コーラルは既に多くのメディア取材と放映をさせて頂いております。
これも一重に皆さまのご支援の賜物と深く感謝申し上げます。

テレビ取材履歴

千葉テレビ

※千葉テレビ【ビジネススタイル】で取材され9月27日放映されました



★その他過去の放送番組

gyts.png


めざましテレビで案内場面が放映されました。

雑誌取材履歴

wktr.png

※各メディアには、ただ単に仲介手数料を安くするのでではなく、売主・買主双方にメリットのある付加価値を取り入れた仲介を展開して、成果を出している不動産業者として取り上げられています。

ザイ・オンラインに当社コーラルが取材協力!

ザイ・オンライン

ザイ・オンラインとは、めちゃくちゃ売れているマネー誌『ダイヤモンド・ザイ』より、よりすぐりの記事をインターネットを通じ公開しているお金の総合サイトになります。
株、投信、FX、節約、先物などなど、マネーに関わる最新の情報が続々登場!
そのザイ・オンラインのコンテンツの中の不動産売買で損しない方法で不動産を高値で売却する方法[2018年]から、

マンションが売れなくて困っている人必見!
マンション売却価格の値下げが妥当かどうかは、
基本は、内覧者の内覧回数と滞在時間でチェック!
また、信頼できる不動産業者探しと
競合相手のリサーチを徹底すること!
自分なりのマンション売却の期限と基準を設ける。

という記事で、コーラルの代表 井上正子 が取材協力し登場しています。
【2018年6月1日公開(2018年7月6日更新)】


ザイ・オンラインのマンションが売れなくて困っている人必見!マンション売却価格を下げる際の効果的な方法とは?


私も推薦します。

yamada_パイロット会計事務所・山田寛英代表

お客様の利益を一番に考え、信念をもって行動する会社がコーラル株式会社です。

不動産業界にとっての常識と、一般消費者にとっての非常識の溝を埋めるため、彼らは経営努力と新たな商品サービスの開発を惜しみません。
インターネットを使った新しい不動産業を創造していく、いわばフロンティアを開拓する会社であり、われわれはコーラル株式会社を推薦いたします。

books_20170110.jpg




無料査定はこちらを

↓クリック↓

無料査定


お客様からのご相談・ご意見・苦情についてのご案内

当社お客様相談窓口は、お客様のご意見や苦情を受付けております。

ご意見・苦情窓口(当社 お客様相談担当)

電話番号:03-5875-5038
受付時間:10:00~18:00
※毎週火曜日・水曜日は休業となります。

当社に関するご意見・ご要望・苦情(お問い合わせフォーム)