マンション売却,中古マンション売却,査定,仲介手数料無料,半額,マンションが売れない,解決策,対処法,不動産屋,不動産業者,東京,横浜

マンション売却は仲介手数料が無料か半額より安い1%の不動産業者コーラルへ

中古マンションを買うということ(中古マンション購入について)

中古マンションを買うということ(中古マンション購入について)

【資金不足でも中古マンションなら夢が叶う!】

長らく日本人は、マイホーム買うならマンションの場合、新築マンションをまず購入検討してきました。
その結果、マイホーム買うなら新築マンションと決めつけて来たように思います。
しかもマイホームを買うということは、その人の人生を大きく左右することでもあったので、長く住むことも考えたら、新築マンションに限るという感覚が根付きたと思います
しかし、ちょっと待ってください。
中古マンションにも新築マンションに勝るとも劣らない魅力があるのです。
最近では、リノベーションの進化や購入時バックアップの登場などにより新築マンションより優る中古マンションもあるほどなのです。
ここでは、中古マンションの魅力とは何かを確認してみたいと思います。

中古マンションの魅力とは

マンションを買うことについて、新築、中古にこだわらない人が増えています。
この傾向は、若い世代ほど顕著で、新築か中古かという枠組みよりも、立地や周辺環境、住み心地などを多角的な視点から考え、自分に合ったマンションに住むことを重視するようになってきています。

また、最近では、子供が独り立ちした後の親世代でも、郊外一戸建てを売却したり賃貸にしたりして、生活に便利な都心駅近マンションへの転居をされる方も見受けられます。

マンションの選択肢の変化、それは個々人の個性の多様化やライフスタイルの変化も関係していそうですが、優良な中古マンションが市場に多く増え始めたことも関係しています。

優良な中古マンションの売買市場への登場

1995年(平成7年)から2006年(平成18年)くらいまでに大量に新築分譲されたマンションが中古マンション売買市場に登場してきました。
これらマンションは、駅前や駅近かに在ったり、立地や周辺環境、住み心地も優良であったりします。
しかも、共有施設が充実しているうえに、価格も安価な設定が多く、買うことを選択するにとても魅力的な環境になっています。


マンション供給数推移と在庫

中古マンションがねらい目な理由

①新築マンションの価格高騰に伴う築浅の優良中古マンションが市場にあふれている。

②マンションの設計プランは、その供給された時代ごとに流行が違い、間取りなどのバリエーションが豊富。

③リフォームやリノベーションで自分に合った仕様変更が可能なこと。

④瑕疵保険の登場や利用のし易さを後押しする政府制度の充実が購入を後押ししていること。

⑤購入時インスペクションの利用が促進され、専門的第三者目線での資産価値を確認できるようになっている。

⑥新築マンションは、購入後は中古マンションという感覚の浸透。

などなど、中古マンション購入を敬遠する理由がなくなりつつあることにあります。
その結果、2016年にはとうとう中古マンション売買制約数が新築マンション売買制約数を超えるということになっています。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional