マンション購入,一戸建て購入,マンション売却,中古マンション売却,一戸建て売却,不動産売却,査定,仲介手数料無料,不動産屋,新築一戸建購入,不動産購入,不動産業者,東京,横浜

不動産購入・不動産売却は仲介手数料が無料か半額より安い1%の不動産売買専門不動産屋のコーラルへ

ネット系不動産会社がなかなか成約しないのはなぜ?

マンションが売れない理由

最近多くなってきたインターネット専業不動産仲介業者。その多くが仲介手数料の割引サービスプランをもって売主様買主様を集客しています。
実はコーラルもインターネット系不動産仲介会社と思われておられる方が多いのではないでしょうか?
コーラルはインターネット系不動産会社には属しません。
従来の不動産会社とインターネット系不動産会社の中間に位置していると考えています。

インターネット系不動産仲介会社を別の呼称では「不動産テック」と呼んで従来の不動産会社と区別している方もおられますね。

私が知っている限りでも、この不動産テックに属する会社は5社ほど有ります。

この不動産テックには特徴があります。

① 自社開発の価格査定システムを持っている。
② 言わずもがなインターネット構築が得意
③ 従来の不動産会社とは違い事務所はパソコンがずらりと並ぶ。
④ ペーパーレス
⑤ 囲い込みをしないことを標榜している。
⑥ 売主側、買主側のどちらかに注力している。

などなど。
共通して言えることは、
不動産の売買や仲介などをITを駆使し、基本的なインターネット上で完結させる新種のサービスを展開している不動産会社ということです。

しかし、その実やっていることは従来の不動産会社と大きく変わっていることは無いのです。
実は、不動産テック不動産会社は、大量の物件データーで客を集め、査定し、売主売却仲介手数料を割引する手法で誘引するやり方を取っています。
この仲介手数料割引の根拠は、ITを駆使し事務所を持たず従来の経費をかけないなど、あまりコストがかからないから出来ます。というのが理由のようですが、これだけなら弊社コーラルもやっています。また、従来型の殆どの不動産会社が出来ると言えるでしょう。
では、どこが一番違うのか?
それは、ITを駆使している点だけなのです。
ITを駆使しインターネットサービスを充実させることで、消費者と不動産業者の情報格差をなくし、旧来の不動産会社とは違う毛色での不動産業ビジネスを目指していることの何が新しいのでしょうか?
当社コーラルは、IT・インターネットを駆使しなくても従来の不動産仲介業務に消費者絶対主義を導入しただけでとても充実したビジネスが展開が出来ており、消費者の方々、言いかえれば売主様買主様にとても喜ばれています。

不動産テックの良いところ

不動産テックの良いところはどんなところでしょう?
不動産テック系の不動産会社が言っていることを挙げれば、

①査定価格が瞬時に分かる。
②売主がダイレクトに買主を探せる。※1
③売主は売主が決めた売却価格で売り出せる。
④売却時仲介手数料が安価。
※1このサービスが無いところも有ります。

このくらいではないでしょうか。

不動産テックのサービスは充実している?

一言で言えば、充実しているとは言えません。
従来のサービスの方が充実していた面もかなりあります。

①売却物件情報が整理されていない。
②内覧案内がされない。
③内覧時立ち会っても説明出来ない。
④売買契約の責任所在が不透明。
⑤購入者へのアピールは他不動産会社任せ。
⑥米国並みエージェントを標榜するも米国並みエージェントとは言えないほどのサービスしか出来ていない。
⑦売主にはサービスしても買主には全くサービスしない。
⑧物件アピールが無機的(図面は綺麗だがただそれだけ)。
⑨売ったら終わりでその後のフォローが無い。
⑩物件価値を上げるための現場的手法が出来ない。

などなど、あげれば沢山あります。

従来の問題点の解決は出来ているか?

従来の不動産売買時に問題になっている「囲い込み問題」、「情報格差問題」、「売主買主の利益相反問題」は不動産テックのサービスで解決しているのでしょうか?
結論から言えば、一部解決していますが解決していない問題もまだまだ多いと言えます。
「囲い込み問題」は解決している言えます。
「情報格差問題」、「売主買主の利益相反問題」はほぼ解決しない状態と言えるでしょう。
ITを駆使した位で「情報格差問題」、「売主買主の利益相反問題」が解決することは有りません。

不動産テックでの成約は?

不動産テックと当社コーラルが競合した場合、90%以上の確率でコーラルが成約させています。
しかも、先に不動産テックで販売開始したにも関わらず成約に至らず、その後コーラルに変更された売主様はほぼ100%の確率で成約に至っております。
それはなぜか?
それは上記「不動産テックの良いところ」項目のサービスが査定瞬時サービスは出来ないながらも、その他はカバーしており、また「不動産テックのサービスは充実している?」項目に有るサービスが出来ている成果と言えるのではないでしょうか。

不動産テックが全て悪いわけでは有りません。瞬時価格査定はとても良いサービスです。また「囲い込み問題」解決した功績はとても大きいものではないでしょうか。
不動産テックなる不動産会社がITに全て依存することなく営業展開出来てくればもっと成約確率も上がって来るのではないでしょうか。

参考【参考他メディアの記事へリンク】

急成長するか!? 不動産価格推定サービスに参入続々

インターネットとテクノロジーの力で不動産業をアップデートする!「不動産テック」サービス

powered by HAIK 7.2.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional