マンション購入,一戸建て購入,マンション売却,中古マンション売却,一戸建て売却,不動産売却,査定,仲介手数料無料,不動産屋,新築一戸建購入,不動産購入,不動産業者,東京,横浜

不動産購入・不動産売却は仲介手数料が無料か半額より安い1%の不動産売買専門不動産屋のコーラルへ

コーラルはお約束します。

コーラルからのお約束。

代表 井上正子

コーラルがお約束すること。

それは、売主様の利益を守ること。

買主様には情報の公明性と透明性で接すること。

このことを忘れている不動産業者が多く存在します。

このこの、実は簡単なようで、とても守られていないことなのです。

コーラルはお約束します。
売主様の利益を最大にするために売買の利益最大化施策を現実化します。

仲介手数料の安い不動産屋さんだからって選んだら失敗のもと?



『 不動産を売買する場合、仲介手数料だけで不動産屋さんを選んではいけません。!! 』

それは、売主や買主など一般消費者の無知をよいことに、売却依頼後の不動産業者の業務横暴が目に余る場合が多く有るからです。

しかしながら、時代の流れからか、最近、コーラル以外にも仲介手数料を安くしているところがあります。
これは良いことです。

通常3%ほどの仲介手数料が、

「当社で売却すれば仲介手数料を半額の1.5%に!」

「当社で売却すれば仲介手数料無料!!」

「当社で購入した場合仲介手数料は無料です。」

などなど。

こんな売り文句の不動産屋さんがコーラル以外にも増えてきました。

しかし、本当に手数料の金額だけで不動産屋さんを選んでいいのでしょうか?

今日、以下の様な仲介手数料を安くしている不動産屋さんが多いことが凄く気になります。

① 購入検討者の内覧時案内に売却を任せた不動産会社の社員が立ち会わない。

② 仲介手数料は無料だけど売買成約時業務料は別途数十万円も取っている。

③ 専任媒介契約にしたのにレインズに登録しない。

④ 購入者からの仲介手数料欲しさに他不動産業者から紹介の購入希望者をお断りする。

⑤ Aという不動産業者に紹介され一度内覧した物件をその他の仲介手数料の安い業者Bから購入希望を出しトラブルになる。

⑥ 自社で両手仲介手数料を取りたいがために売主の利益を損ねる行為の売却代金を大きく減額されることをする。

などなどたくさんあります。

⑥の一例ですが、
例えば4000万円であなたのマンションが売れたとしましょう。
そのとき、不動産屋さんに支払う仲介手数料は通常

(4000万円×3%+6万円)×消費税8%=1,360,800円
もし、これで手数料半額の不動産屋さんにお願いすれば680,400円

この手数料の差だけを見れば大きいと感じると思います。

しかし、よーく考えてみてください。

4280万円の物件を売り出し、値段を下げるとすれば30-80万円ぐらいの値引きはする場合があります。
また値段交渉が入って数十万円単位で交渉になる場合が有ります。
しかしながら4280万円では大きく下げても4000万円位になることは有っても3700万円などには成らないことが殆どです。
しかし、両手仲介を不動産業者が狙うあまり堂々と3700万円を提示することが有ります。

であれば、仲介手数料が約70万円安くなるからと言って不動産業者を選ぶよりも、仲介手数料をしっかり払ってでも少しでも高く売ってくれる不動産業者を選んだほうが、結局メリットが大きいということになります。

たまたま選んだ不動産屋さんが仲介手数料の安い、売買業務を手を抜くことなく、仲介手数料を両手狙いしないところであれば一番いいですけど。

なかなかそうなっていないことがほとんどなのです。

このようなことから、ただ単に仲介手数料の安さだけで不動産屋さん選びをしてはいけないということなのです。

査定時には、気になる部分を質問して、十分に気になるポイントを確認し解決したうえで不動産屋を選ぶことが必要です。

「木を見て森を見ず」にならないでくださいね。

ちなみに、コーラルは上記①~⑥などの売主様買主様(消費者)に不利になる行為は全て厳禁にしています。
また、従来の不動産仲介業者の主な仕事が手抜き仕事とならないこともお約束します。

売却時不動産仲介業者の主な仕事内容

 
 ●売却開始時物件調査
 ●物件のご紹介ご案内
 ●購入お申し込み受理
 ●条件や価格などの交渉・折衝
 ●売買契約時物件調査
 ●重要事項説明書・売買契約書作成とそのご説明・契約立ち合い
 ●住宅ローン返済手続き案内
 ●売買契約の決済
 ●お引き渡し
 ●その他、司法書士手配・火災保険の解約手配等付随業務
  引越し業者・リフォーム業者・ハウスクリーニング業者の紹介
 ●お引き渡し後の買主とのトラブルある場合のご対応


購入時不動産仲介業者の主な仕事内容

 ●物件のご紹介ご案内
 ●購入お申し込み
 ●条件や価格などの交渉・折衝
 ●物件調査
 ●重要事項説明書・売買契約書作成とそのご説明・契約立ち合い
 ●住宅ローン借入手続き代行
 ●金銭消費貸借契約立ち合い
 ●売買契約の決済
 ●お引き渡し
 ●その他、司法書士手配・火災保険の手配等付随業務
  引越し業者・リフォーム業者・ハウスクリーニング業者の紹介
 ●お引き渡し後の売主とのトラブルある場合のご対応

これらすべての業務を安全・確実に行えるようにお手伝いさせていただきます。



週刊ダイアモンドの記事から

週刊ダイアモンドでは、
【SCOOP!!】 大手不動産が不正行為か 流出する"爆弾データ"の衝撃(2015年4月13日号)で、

大手不動産仲介各社による宅地建物取引業法違反とみられる行為の数々が記録されたデータが、業界の一部で出回り始めている。本誌では同データを独自に入手した。
今後、不正行為の実態が明るみに出れば、各社に厳しい処分が下される可能性もある。(「週刊ダイヤモンド」編集部 松本裕樹)

と言うもの。

週刊ダイアモンドの記事へは
画像の説明


コーラル の 不動産売却とは 

∽ 9割以上の売主様が満足した ∽

親戚や友人にも薦めたいと言われる

高値で売ることはもちろん

手取り額の多い売却方法

かつてない満足を実感する売却です。。

画像の説明
    ①売却金額が高くなる。
    ②売却時仲介手数料がどんなとこより魅力的。
    ③売却後の手取り金額が多い。
    ④仲介手数料は成約した時のみ。
       
     なのに、
    ⑤売却チラシが凝っている
    ⑥広告量がとても多い。
    ⑦現地案内手法が凄い。

   
     なのになのに、    
    ⑧売主の徹底的な味方になる。
    ⑨買主にも喜ばれる。 
     
     しかも

    ⑩売却をお任せ頂く期間は1ヶ月間からで可能。

代表 井上正子



コーラルは不動産売買で絶対に物件の囲い込みをしません。
売主様利益、買主様利益を徹底的にこだわります。


無料査定はこちらを

↓クリック↓

無料査定

powered by HAIK 7.2.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional