あなたの思い≠不動産屋の思い

売主様の中には、 テレビCMの流れる誰もが知る大手不動産会社に売却を任せたのだから成約は間違いないと思っていたのに、なかなか成果を出すことができないその不動産業者を、

「ん・・・、どうすればいいの…」

という悩みを持った人は最近になってとても多いようようです。

成果が出ないと気になるし、何とかしてほしいと思う気持ちもあるでしょう。

それに、不動産業者がなんとか成約へ導いてくれなければ、自分としてはどうしようもないわけだし、売却後の過程にも影響するようになるかもしれない。

しかし…、

そもそも売却を任せる人を間違っていたとしたらどうだろうか?

もしかしたら、それが原因で成約と言う成果が出ていないのかもしれないのです。

売却を任せる不動産業者や担当者を間違えると、あなたに色々な弊害が起こるようになるのです。

その1つが、時間の浪費でしょう。


誰もが思う通りに成約できるわけではないかもしれません。

しかし、いまどきの不動産業者は、担当者1人がとても多くの売却物件数を抱えているため、
しかも、現場にいる若い担当者は、無理にがんばることをしないので、成約するのが難しそうだと思えば簡単に投げ出す傾向がるのです。

しかも、それを全く悪いことだとは思っていないし、実は何にも考えていない、その状況を平気な者もいます。
(ここが厄介なのですが…)

媒介契約期間は3カ月間なので、その期間内には成約できるだろうと待った挙句、

しかし、最後は「その金額では売れません」と言われてしまえば、待っていた時間がすべてムダになるし、本当に効率が悪くなることになります。

なので、

何度相談しても何も教えてくれない・・・、
教えてくれるとしたら金額を変えなければ内見者もいないと言う始末。

大手不動産業者の現場にいるのは、ほぼ若手営業マン。

しかし、大手不動産業者に売却を任せる以上、あなたに選択権は無く、その若い営業マンに売却を任せなければいいという結論になります。

何度も何度もイライラして、なにをどうしているのかわからない現実に、1、2回は「今、どうなっていますか?」と聞きはしたけど、
しかし、教えてくれるのは、「すいません、頑張ります」なら良いほうで、現実は、「売れないのは価格のせいです。」と言われることでしょう。

これ、あなたが売却を任せて1カ月後には『言われる現実!』

しかし、これから先、わたしたちの時間はダイヤモンドよりもとても貴重になります。

そんな貴重な時間がムダになるなんて考えられないし、そうなってはいけないのです。

「なかなか思うようには動いてくれないけど・・・、広告もしてくれないけど・・・、いつか成約してくれるだろう・・・」
と期待しているのなら、
甘いと言えます。

いまどきの若い担当者は、僕たちが思っている以上にドライなのですから。

売却を任せる人を間違っていると、あなたの物件は成約が出来ない可能性が高くなるばかりか、成約出来てもだいぶ遅くなるんです。

そして、それに気付かずに、今のまま売却を任せ続けていれば、なかなか成約しないことにイライラし、大きなストレスを抱えるようになるでしょう。

このような状態にならないために、まずは、売却を任せる人を間違っていないか?
もう一度確認してみてほしいと思います。

売主であるあなたの想いをどれだけぶつけても、今の大手不動産業者の若い担当者は、それを理解してもらえる訳はないのです。

というより、「どこか私が間違っているのかな」と自虐になってしまう可能性もあります。

でも、そのことは、今の大手不動産業者の置かれた状況を把握することにより簡単に解決できる方法が有るのです。

相手のことを知らなかったから、お互いに無駄な時間を使い無駄なストレスを生んでいただけなのです。

もし、大手不動産業者の置かれている状況、その中で働く今の若い担当者と自分との考え方にギャップを感じているなら、一度コーラルのセカンドオピニオンサービスにお問い合わせされることをお勧めします。

無駄な時間を使うことや余計なストレスがなくなりますから。

またそれが、あなたのマイホームの成約を確実にすることになり、「どうすれば成約できるんだ!」というストレスの軽減にも繋がっていくのですから。

売主様からの手紙

コーラル株式会社 櫻井様

お世話になっております。

6月末に、売却のご相談させていただきましたMでございます。

仲介会社とは、1ヶ月の期限にて媒介契約を更新し、引き続き売却活動を行っておりました。7月も半ばに差し掛かり、依然として進展は見られなかったので、赴任後の売却を視野に入れ、そろそろ御社の方へ再度ご連絡をしようかと思っていた矢先、突如として申し込みが入り、トントン拍子で進んでいきました。

おかげさまで、先月28日、無事契約までこぎつけることができました。

一ヶ月という期限に仲介会社としても焦りを感じたのかどうかは分かりませんが、あっという間でした。

今回、初めての不動産売却で、いろいろと思うところはありましたが、やはり、一般の人にとって不透明なところが多く、建築の比較的不動産に近いところで仕事をしていた自身にとっても、疑問に感じる面が少なからずあったことは事実です。

そんな中、御社のようにセカンドオピニオンとしてご相談できる会社があったことは、私にとって強い支えとなりました。

ありがとうございました。

客観的にアドバイスを頂ける仲介会社さんは、とても貴重な存在だと思います。

今回は、残念ながら、御社とのお取引はなくなりましたが、また機会があれば、ぜひともお願いしたく思います。

酷暑が続きますが、どうぞ、体調を崩されませんよう、今後tもさらなるご活躍をお祈りしております。




売れない原因の99%は不動産業者にあります。

コメント


認証コード4235

コメントは管理者の承認後に表示されます。