モバイルがパソコン超え。

モバイルがメディア総接触時間の25%超に
────────────────────────────────────

博報堂DYメディアパートナーズが行った「メディア定点調査2015」によれば、生活者の1日あたりのメディア総接触時間は383.7分で、
そのうち携帯電話・スマートフォンは80.3分、PCは68.1分となりました。

メディア別接触時間と構成比(東京エリア)
1. テレビ          152.9分(39.9%)
2. 携帯電話・スマートフォン 80.3分(20.9%)
3. パソコン         68.1分(17.7%)
4. ラジオ          28.9分(7.5%)
5. タブレット端末      20.6分(5.4%)
6. 新聞           19.9分(5.2%)
7. 雑誌           13.0分(3.4%)

前回調査と比較すると、総接触時間が減少する一方、携帯電話・スマートフォンは接触時間を伸ばしており、タブレット端末を含めたモバイルメディアが全体の25%を超えました。モバイルメディアへのシフトがさらに進んでいることがわかる結果と言えそうです。

詳細はこちら↓↓
~博報堂DYメディアパートナーズ 「メディア定点調査2015」時系列分析より~
「メディア定点調査2015」

コメント


認証コード4135

コメントは管理者の承認後に表示されます。