コーラルのブログにようこそ!

<< 2018.10 >>
[QBlog]
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


★他の地域専用のコーラルHPでもブログ発信中です。

★東京都都心3区(千代田区、中央区、港区)のマンション売却のページ
https://tokyo-toshin3ku.colal.net/index.php?QBlog

★東京都城北地区(文京区・豊島区・北区・板橋区・練馬区)のマンション売却のページ
https://tokyo-johokuchiku.colal.net/index.php?QBlog

★神奈川県(横浜市・川崎市など)のマンション売却ページ
https://smart.colal.net/index.php?QBlog

★マンション売却専用のページ
https://mansion.colal.net/index.php?QBlog



burogu



2018/10/21 (日)

何もないけど全てある街。越谷市

NHKのドラマ、『この街には何もないけど、ぜんぶある。「越谷サイコー」』にもある通り、埼玉県越谷市は何もないけど、ぜんぶある! って言われてます。

その理由が日本一の規模を誇るショッピングセンター 『越谷レイクタウン』 があるから。

『越谷レイクタウン』。
kaze棟、mori棟、レイクタウンアウトレット棟の3棟で構成され、駐車場の収容台数は1万台以上とも言われ2008年にオープンして以来、2位の大阪ステーションシティ(大阪府大阪市)、3位のららぽーとTOKYO-BAY(千葉県船橋市)以下を圧倒する規模で日本最大のショピングセンターとして君臨しています。

実は、私も実家は越谷市にあり、火曜日はほぼこの『越谷レイクタウン』の森にあるイオンのパン屋さんで朝食しているのです。

だってほぼ全部のパンが100円。

しかも美味しいので一人で3個も食べちゃうことも♪(^^♪

そんな越谷市の越谷レイクタウンから、今日はコーラルにご協力頂いている ちずる さんから頂いたブロブをご紹介します。




ほぼ毎日レイクタウンに通い、ほとんどの飲食店を制覇した自称「レイクタウンマニア」である著者のおすすめグルメスポットを紹介します♪

話題のスポット越谷レイクタウンのおすすめグルメ特集♪

越谷レイクタウン①

1.カフェなら…

越谷レイクタウン②

お買い物につかれたとき、ふとよりたくなるのがカフェ。

まず純粋にコーヒーを楽しみたいのであればkaze2F入り口の「The Coffee Bean & Tea Leaf(コーヒービーン&ティーリーフ)」がおすすめです。

こちらはロサンゼルスの象徴とも言われているカフェブランドで、

すべて見る


パーマリンク

2018/10/18 (木)

家の中を快適に!AIはここまで来ている!

皆さん、こんにちは!
ワンコとIT情報が大好きな主婦、ヤマダです。

皆さんは、AIと聞くとなにを思い浮かべますか?

身近なAI

私はなんといってもあれですね。ターミネーターに出てくる「スカイネット」。

最初は人間の良き相棒だったのが徐々に知能をつけ、最終的に人間を排除する側に回る、という恐ろしい存在です。

あるいは、細田守監督の映画「サマーウォーズ」に出てくる、学びたいという意欲を持ったAI「ラブマシーン」ですね。
こちらも「知識欲」が行きすぎ、結果人間に敵対してしまうAIで、スペックがハンパないだけに手に負えない存在です。

なので、ここ数年、AIと聞くとなんとなくうすら寒いものを感じてしまっていました。

いずれ、私たち人間に襲い掛かってくるのでは・・・・と。

事実、facebook社でのAI実験において、AI同士でしか通用しない言語を突如話し始める、という事態が発生し、実験を中止した、という話もあります。

そんな恐ろしい存在であるAIをこれ以上、人間の世界に取り入れて大丈夫なのか。
疑問に思っていたのに!!!!

なんたることか、我が家にもAIが!!!

すべて見る


パーマリンク

2018/10/12 (金)

部屋がおしゃれに見える照明の選び方


部屋がおしゃれに見える照明1

「なんでレストランやカフェやホテルの部屋はあんなにおしゃれで居心地がいいの?」

まず考えるのは、「家具がいいから」「壁や床がかっこいいから」といったあたりでしょう。

もちろんこれらは部屋をつくる大きな要素ですが、実は部屋の雰囲気を決める一番重要な要素は「照明」なんです。

同じ部屋・同じ家具でも、照明一つで部屋の雰囲気はがらっとかわります。

そして、ちょっとしたコツを押さえれば、誰でも簡単に部屋をおしゃれに、居心地よく変えることができます。

ここでは、素敵な部屋を演出する照明の基礎知識と、簡単なライティングのポイントを紹介していきたいと思います。

おしゃれなライティングの基本

一般的な日本の住宅では「1部屋1照明」がほとんどではないでしょうか。

備え付けの明るい天井照明が1つだけ。

これでは、明るいことは明るいですが、部屋が単一的でのっぺりした印象になり、おしゃれとは程遠い雰囲気になってしまいます。

また、くつろぎたい時も勉強したい時も同じ明るさでは心地よくはありませんよね。

2部屋がおしゃれに見える照明



3部屋がおしゃれに見える照明

逆にホテルの部屋やカフェを思い浮かべてください。

天井からは幾つものペンダントライトが吊り下げられ、ソファの横にはスタンドライトが置かれ、机の上やベッドサイドにも小さいライトが、といったように1部屋にたくさんの種類の照明が使われています。

ソファでリラックスする時はペンダントライトだけで少し暗めに、本を読みたい時はテーブルランプを足して明るく、と用途にあわせて簡単に明るさを調節することができます。

インテリアコーディネートでお馴染みの北欧などでは、ほとんどがこの「一室多灯」になっています。

おしゃれで居心地のいいライティングの基本は、このように色々な照明を組み合わせて、部屋の中に光の強弱をつけていくことです。

明るい場所と影のある場所を作ることで、部屋に立体感や奥行きがでて、ぐっと雰囲気のある素敵な空間になります。

部屋の端から端まで同じように明るくするのではなく、必要なところに必要な分だけの照明を置いて「影」を残すのがおしゃれなライティングのポイントです。

照明の種類はどんなものがあるのか?

ではまず、部屋でよく使われる照明の種類を紹介したいと思います。

この中から気に入ったものを組み合わせて、部屋の雰囲気と用途にあわせて配置していきます。

基本的に天井照明(全般照明)1~2種類と、部分照明を2~3種類くらいを目安に選びます。

まず天井照明をご紹介しましょう。

すべて見る


パーマリンク

2018/10/4 (木)

メルカリとマンション市場の似ていること

唐突ですが、今、メルカリに出品してもすぐ売れる人と、なかなか売れない人がいることをご存知ですか。

そのメルカリ、私は数品出品していたのですがすぐ売れました。ただ弟はなかなか売れないでいるみたいです。

そこで調べてみたら、簡単便利ですぐ売れるイメージ(CMの影響かな)のメルカリでも売れる人となかなか売れない人がいるということらしいのです。

その理由が簡単に言えば、出品数が多くなり、 なかなか閲覧してもらえない(売っていることを知られていない) ことに原因があるみたいなのです。

ん、これってマンション市場と全く一緒ではありませんか。

最近いつも考えていることに、これからのマンション売却シーンの中で売れない原因で多くなるであろう理由に最も多くなるであろうものが、この 売っていることを知られていない ということと思っていたんです。

なぜ、売っていることを知られないのか?
理由は2つあります。

ひとつは、売っている物件数が毎々増え続けていること。
もう一つは不動産仲介業者の広告がダメだからです。

売っている物件数が毎々増え続けていることについて、下記グラフをご覧ください。

これは中古マンションの在庫数の推移グラフですが、毎年中古マンションは在庫が積み増しているのが分かります。

マンション在庫の増加

マンション在庫数は毎年増えるばかりで減ることは有りません。
平成8年からの20年経過後の2017年で、在庫数は約2倍強にもなります。
また、2018年では2.5倍ほどになるともいわれています。

売るとき競合してくるマンションは日に日に増えています。
このグラフだけではわからないという方のために、もっと分かりやすい数字で見てみましょう

ここにレインズが発表しているデータがあります。
このデータは中古マンションの年間販売登録数ですが、10年前の販売中登録数と現在の販売中登録数を調べ比較してみると

2008年における首都圏中古マンションの成約件数は28,744件(前年比0.9%増)で、前年を上回っています。
2017年における首都圏中古マンションの成約件数は37,329件(前年比0.4%増)で、3年連続で前年を上回り、前年に続いて過去最高を更新しています。


2008年の新規登録件数は170,929件(前年比22.4%増)で、過去最高を更新しています。
すべての都県・ 地域で前年を大幅に上回り、特に東京都区部は前年と比べて32.5%増えています
2017年の新規登録件数は193,988件(前年比0.2%減)で3年ぶりに前年を下回っています。
都県・地域別に見ると、東京 都区部と千葉県が前年を下回っています。



如何でしょう。

今と約10年前とを比べてみると、首都圏中古マンション販売数で約23000戸も今の方が多くなっています。
確かに購入者も約8500人ほど多くなっていますから、そんなに変わらないじゃないかと思われる方もいるかもしれません。
ただ、この成約数はアベノミクス下の過去最高を更新した時の人数となり、今年はその数は前年比を大きく下回ることは間違いないのです。
しかし、新規登録件数は、毎年過去最高を更新し続けるでしょう。

この状況の中、あなたは売っていることをどう知らしめますか?

どんなに良い物件でも、売っていることを知ってもらえなければ存在していないのと同じなのです。

ある有名なアメリカのマーケティングの権威がこんなことを言っています。

『商品が売れない一番の理由は、「知らない」もしくは「忘れている」だ』と。

すべて見る


パーマリンク





rss


© コーラル株式会社/間違えのない不動産売買プロジェクト