マンション売却・戸建て住宅売却など不動産売却は仲介手数料無料(安い)と査定から。不動産購入(マンション購入、戸建住宅購入)も仲介手数料無料の不動産売買専門店

マンション売却・戸建住宅売却など不動産売却は仲介手数料無料(安い)&査定。マンション購入・戸建住宅購入、アパート購入など不動産売買専門不動産業者(屋)【コーラル】へ。

究極の査定価格とは?

究極の査定価格とは?

理想の不動産査定価格とはどんな価格でしょう?

不動産査定価格は、本当に難しいものです。
なぜなら、不動産は一つとして全く同じ商品がありませんし、その時の需要と供給のバランスで大きく売れ行きが変わってしまいます。
不動産売却のプロのコーラルの査定担当者でも、理想の価格査定をすることは不可能と言ってもいいでしょう。
それは、新築の分譲マンションや建売住宅の売買状況を見るとよく分かります。

不動産売却マーケティング

大規模な新築分譲マンションの場合、担当者は十分なマーケティング調査を施して、熟慮の上、売出価格を決定します。
そのようなマンションでも、時には即日完売のときもあれば、完成して一年、二年と売れ残ってしまうこともあります。
価格査定者とって、究極の価格とは、全ての物件が一回の売出しで、一倍の競争率で完売することです。
人気が集中して、倍率が5倍とか10倍になるのは、「安すぎ」「もっと高く売れたはず」ということです。
つまりもっと利益を取れたはずです。
しかし、高く売出しすぎて、売れ残ったら何にもなりません。
どちらのケースも担当者は会社から叱られてしまいます。

安すぎず、高すぎず、一倍の倍率で完売するのが「究極の価格」なのです。
しかし、これは究極の売却であり理想です。またこのようにチャレンジすることは無謀であり到底無理な話です。

たいていの人は、モデルルームに大勢人がいると安心して購入の申し込みをしてしまいます。
逆に自分では気に入っていても、あまり人気が無いと敬遠してしまうものなのです。
マンションの売却をするならば、最大の利益を狙うより、絶対に失敗しない売出価格を心がけ、不動産会社とよく相談して、外したと思えば、すぐに条件を見直す柔軟性が必要だとコーラルは考えます。

その他査定の見方



☛ 不動産売却(マンション売却・戸建住宅売却)時の落とし穴とは?
☛ これからのマンション適正価格とは


このページを読んだ人は この関連ページも読んでいます。

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

マンション売却、マンション購入、不動産売却、不動産売買、江東区,墨田区,中央区,千代田区,港区,新宿区,渋谷区,文京区,中古マンション売却査定、戸建て住宅売却、任意売却、マンションを売る、マンションを買う、任意売却専門店、仲介手数料【定額0円、無料、半額、定額30万円、業界最安値、1%、2%】、瑕疵担保保険,住宅設備延長保証,緊急駆けつけサービス,無料価格査定、売却情報、売るには買うにはのご相談は売買専門店、不動産コンサルティング会社、ホームステージング、物件演出、最終手取り額の多い不動産会社、不動産業者、価格上がるか下がるかの判断、足立区、江戸川区、荒川区、北区、練馬区、中野区、杉並区、世田谷区、目黒区、大田区、武蔵野市、三鷹市、狛江市はじめての方でも安心売却、新築一戸建て購入、不動産業者・不動産屋・不動産会社