マンション売却,マンション購入,一戸建て売却,一戸建て購入,新築一戸建購入,不動産売却,不動産購入,仲介手数料無料

売却時諸費用は不動産会社で違い、様々な費用発生によって最終手取額が目減りしてしまいます、その中でも一番違う額が仲介手数料です。仲介手数料の有無で手取額は100万円以上も違う場合も。

マンション売却・一戸建て売却時諸費用、仲介手数料がお得になる方法

経費で絶対損しない!マンション・一戸建て売却

不動産売却時の諸費用は安くできる!

不動産売却時の費用は安くできる

不動産売却(マンション売却・一戸建て売却)するとき最も注意しておきたいことは、税金や仲介手数料など多くの諸費用が掛かるということです。この諸費用は売却を任せた不動産業者により100万円以上も違う場合もあります。
ここでは実際に不動産を売るに当たって、どのような費用が、どれくらいかかるのか、または戻ってくるのかをご説明しながら、実際手元にいくら残るのか? を見ていきたいと思います。

必要経費は安くおさえたい

お金は大切なもの。
だれだって、損やムダはしたくないですよね。

コーラルは仲介手数料無料から

お持ちのマンションや一戸建てを売ろう!というのですから、
金額も大きく、一生に幾度とない、特別なイベントです。

だから、絶対、損したくありませんよね。
コーラルも、お客様に絶対損していただきたくありません。

このページでは、売主様の損がないように、不動産売却時にかかる経費について解説します。

売買ですから、細かなやりとりがありますが、
コーラルが、計画的な売却をサポートいたします。

では、早速、必要経費を事前チェックしていきましょう。

只今、住まい売却応援キャンペーン開催中!! 詳細は☛ココ

只今、住まい購入応援キャンペーン開催中!! 詳細は☛ココ



売った金額イコール、手取り金額ではない

中古マンションや一戸建て住宅の売却には、税金や仲介手数料をはじめとした経費がかかるため、

(売れた金額)-(経費)=(手取り額)

となります。

不動産は、自動車やそのほかの商品とは異なり、経費込という販売方法ではないため、経費との差額が手取りとなります。



経費を安くする方法

突然ですが、クイズです。

中古マンションや、中古の一戸建て住宅を売るときに、一番高くつく経費は何でしょうか?

答えは…

仲介手数料です。

仲介手数料は安くできる!

コーラルではいただいていませんが、一般的には、売却金額の3%が、一般的な仲介手数料の金額です。

お持ちの物件が、3,000万円だったら、そのうち96万円を、仲介手数料として、不動産会社に支払うことになります。

この96万円が安かったら…
何ができるでしょうか。
リフォーム? 家具の身長? 引っ越し費用? 子どもの学費なんて使い道もいいですね。

不動産を売る際の経費は、必ずかかるものです。絶対に0円にはなりませが、安くする方法がはあります。

いち早く知りたい方は、こちら!!


コーラルの手数料はこんなに安い!


希望があることが分かったところで、全体をみていきましょう。



中古物件を売るときの経費

中古マンション

1.売却仲介手数料(安くあげることができます!!詳しくは)↓


コーラルの手数料はこんなに安い!

2.印紙代(売却契約書用)
3.譲渡所得税
4.その他
  -抵当権抹消費用
  -司法書士費用
  -測量費用
  -引っ越し費用      など

中古一戸建て住宅、一軒家

必ずかかる費用

1.売却仲介手数料(安くあげることができます!!詳しくは)↓


コーラルの手数料はこんなに安い!

2.印紙代(売買契約書用)
3.譲渡所得税
4.その他
  -抵当権抹消費用
  -司法書士費用
  -測量費用
  -引っ越し費用

必要に応じてかかる費用

1.土地測量費
2.道路通行権承諾料
3.道路掘削承諾料
4.ガス配管利用料(プロパンガスの場合)
5.水道配管引込料

ケーススタディー

ケース1.中古マンションを売る場合

売主Aさんが、10年前に3,200万円で購入したマンションを、3,500万円で売却しました。
費用の概算を見てみましょう。

売却手数料・ケース1


ケース2.中古一戸建て住宅を売るとき

売主Bさんが、居住している住宅を3,000万円で売却しました。
費用の概算を見てみましょう。

売却手数料・ケース2



安くできるのはこれ!仲介手数料

仲介手数料とは

売主買主が、不動産会社を通して不動産を売買する際の、売買成立時に、その報酬として、売主買主が不動産会社に支払うお金を「仲介手数料」と呼びます。

成功報酬

仲介手数料は、成功報酬として支払うものなので、お客様が売買の依頼をするだけでは、発生しません。お客様の物件が売れて初めて、支払いが発生します。

仲介定数量を請求できる資格者

宅建(宅地建物取引士)の資格を持つ業者だけが、仲介手数料を請求することができます。

仲介手数料はおいくら?(速算法)

仲介手数料の上限金額は、法律で定められています。


仲介手数料速算法
売買全額の3%+6万円+消費税+消費税



この法定上限金額が、不動産業界の一般的な仲介手数料となっています。

仲介手数料の正式な計算方法

3%+6万円の計算方式は、速算法と呼ばれます。どちらで計算しても、値段は変わりませんが、正式な計算方法はこちらの表をご覧ください。


仲介手数料の上限額計算表

コーラルの仲介手数料は、安い!

コーラルでは、仲介手数料は最大無料。仲介手数料を上限の3%いただくことはありません。かと言って、安かろう悪かろうではありません。

売却は、仲介手数料が安いだけの不動産業者に任せてはいけません。営業コストを削るために、内見案内に自社スタッフを派遣しなかったり、一軒一軒丁寧に扱うことができないため、結局売れないことが多いのです。

コーラルの仲介手数料は、最大無料ですが、売主様の希望や現状にフィットする仲介手数料のお安いプランを5種類、ご用意しています。売却に必要なマーケティングメソッドも持ち合わせています。

売却時仲介手数料無料プランへ

仲介手数料1%プラン

不動産売却時仲介手数料1.5%プランへ

売却を未公開(非公開)で売却するプランへ

マル秘プラン


比較でわかる!こんなに安い!コーラルの仲介手数料

コーラルの売却プランは、安さ以外に、売主様の物件に付加価値をつけるメリットもついて、仲介手数料がこんなにお得です。
他社通常3%のところ、仲介手数料1%プランにて比較してみました。


仲介手数料比較表

安いだけじゃない、コーラルは売ります

中古マンション、中古一戸建てを売るときに、一番大きく負担となるのは、仲介手数料だとご説明しました。仲介手数料をお安く提供しつつも、売主様と二人三脚で、早く、高く売るメソッドをコーラルは持っています。

マンションを売りたい方は

マンション売却・マンションを売るとき高く賢く早く売るコツとは

一戸建てを売りたい方は

中古一戸建て住宅のポイント

仲介手数料が安い「だけ」の会社はNG!売れません。

コーラルは、7仲介手数料のプランを選べる選択制。無料、1%、1.5%など、安さに加え、サービスもおつけした、お客様のご希望に沿うチョイスをご用意しています。

最近は、仲介手数料が安い会社も増えてきました。しかし、安い「だけ」の会社に任せるのは、お勧めできません。詳しくは、こちらのコラムをお読みください。

売却は仲介手数料が安いだけの不動産業者に任せてはいけない。


売却時の税金・利益&損失と確定申告について

不動産の売買は、税金も大きな経費となります。税金は売却時の制度や法律での取り決めがかかわるため、少々難しくなります。運用を間違えたら大きな損を出すこともあります。できれば損したくありませんよね。ここでは、売主の売却時税金について理解の助けとなる制度とその運用や、確定申告について解説します。

売却時にかかる税金のキーワード

印紙代

売買契約書には、必ず収入印紙が必要です。2016年現在、軽減税率が採用されています。

今だと安い。収入印紙の軽減税率

出典:国税庁ウェブサイト、不動産売買契約書の印紙税の軽減措置

軽減税率の適用は、2018年3月31日までとなっています。
2016年9月現在、国税庁ウェブサイトにて確認しました。

譲渡所得税

不動産を売って、利益が出た場合、その利益に対して所得税と住民税がかかります。

譲渡所得とは、物件を売った金額から経費などを引いたもので、利益(譲渡益)が出る場合があります。

不動産を売却した場合には、翌年3月15日までに確定申告が必要です。
利益が生じた場合には、その利益に対して譲渡税がかかりますが、税率は、不動産の種類や所有期間などによって異なります。


【税額の計算方法】ご参考までに。
計算式 税額=(譲渡価格-取得価格-諸費用-特別控除)×税率(※)

(※)税率には2種類あります。
譲渡した年の1月1日における所有期間によって変わります。
 5年を超える場合…税率20%(所得税15%+住民税5%=20%)
 5年以下の場合…税率39%(所得税30%+住民税9%)
 
税率が軽減される特例があります。例えば、
・居住用資産を譲渡した場合(3000万円の特別控除)
・優良住宅地の造成等のために土地を売った場合


詳しくは、お近くの税務署におたずねください。
国税庁ウェブサイト(東京都)
https://www.nta.go.jp/tokyo/guide/zeimusho/tokyo.htm


税率の計算方法

税額=(譲渡価格-取得価格-諸費用-特別控除)×税率
  譲渡した年の1月1日における所有期間が
   5年を超える場合・・・税率20%(所得税15%+住民税5%=20%)
   5年以下の場合・・・・税率39%(所得税30%+住民税9%)


税率が軽減される特例

特定の場合に、軽減税率が適用されるケースがあります。
  -居住用資産をじょうとした場合の3000万円特別控除
  -優良住宅地の造成のために土地を売った場合        など

 

不動産売却にかかる税金、もっと知りたい方は

こちら、→不動産売却に係る税金 をご参照ください。


さらに損しない!返ってくるお金も要チェック!

マンションや戸建てぶっけえんを売る際に、売主様にお金が返ってくるケースがあります。

返金手続きが必要なものもありますので、損のないよう、コーラルと一緒に確認していきましょう。

手続きが必要。火災保険と地震保険

住宅ローンを利用すると、多くの場合、ローンを依頼した銀行の指定する火災保険と地震保険に加入する場合がほとんどです。

住まいの売却に伴い、期間内で解約した場合、未経過分の保険料の返金が可能です。

注意!!

返金には、解約の申し出が必要です!!



売主様が保険を解約することを、銀行から保険会社に知らせることはまれです。保険会社には、売主様の申し出以外に、解約の必要を知る方法はありません。

必ず、解約手続きをしましょう!

団体信用生命保険料

この保険料は、銀行の費用負担で加入しているケースが多いです。銀行負担の場合、返金はありませんが、個人負担での加入の場合、返金がありますので、銀行に確認しましょう。

住宅ローン保証料

住宅ローンを利用して、マンションや一軒家を購入する場合、通常は銀行指定の保証会社の、保証システムへの加入が必須となります。
これを、住宅ローン保証料といいます。

住宅ローン保証料を一括前払いしている場合、住宅ローンを途中で一括返済すると、ローン保証料の未経過分が返金される場合があります。

返金の可能性や、返金額は、サービスによって異なりますので、保証会社への問い合わせが必要です。

ネット銀行のケース

ネット銀行は、住宅ローン保証がない場合がほとんどです。代わりに、ローン取り扱い手数料が高額になっています。

清算金

税金(固定資産税など)の清算

お持ちの不動産を売った場合、その物件にかかる固定資産税等の年税額を、引き渡し日を基準に日割り計算し、買主と清算します。

(例)
1月1日を起算日、引き渡し日を10月1日とした場合

1月1日~9月30日まで・・・売主負担
10月1日~12月31日まで・・・買主負担 →清算金として、買主より受け取る


管理費、修繕費積み立て金の清算

分け方は、基本的には、固定資産税の場合と同じですが、管理費や修繕費積み立て金は、月ベースで日割りします。


まとめ

ご自身のマンションや一軒家を売るなら、有利に、高く売りたい、損したくない、というのはお客様みなさまの共通の思いです。

おっしゃる通り、お金は大事なものです。ましてや、ご自身の住まわれたおうちを売るのであれば、思い入れもひとしおでしょう。

税金など避けられない経費もありますが、お安くできる経費もあります。

コーラルは、不動産売却時の経費で、一番高くつく仲介手数料を業界一安く提供しています。

売るなら経費は安く!!コーラルの無料売却査定から始めましょう。

無料査定



不動産売却時の 諸 経 費 で一番高いものが仲介手数料です。
コーラルはこの仲介手数料を業界一安く提供しています。











powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

マンション購入,マンション売却,一戸建て購入,新築一戸建て購入,一戸建て売却,査定 東京23区【江東区、港区、目黒区、中央区、千代田区、品川区、文京区、新宿区、杉並区、世田谷区、大田区、渋谷区、豊島区、中野区、練馬区、北区、墨田区、台東区、板橋区、江戸川区、荒川区、葛飾区、足立区】,武蔵野市,三鷹市,狛江市, 中古マンション売却,任意売却,マンションを売る,マンションを買う,任意売却,専門店,最終手取り額の多い不動産業者, 仲介手数料無料,半額,業界最安値,瑕疵担保保険,住宅設備延長保証,緊急駆けつけサービス,売却情報,不動産コンサルティング会社,ホームステージング,物件演出,価格上がるか下がるかの判断,はじめての方でも安心売却