マンション売却・戸建て住宅売却など不動産売却は仲介手数料無料(安い)と査定から。不動産購入(マンション購入、戸建住宅購入)も仲介手数料無料の不動産売買専門店

マンション売却の必要書類・中古マンション売却.中古一戸建て売却で必要なものを伝授します。

マンション売却の必要書類・中古マンション売却.中古一戸建て売却で必要なものを伝授します。


不動産売却の必要書類

不動産の売却時には以下のような書類が必要です。
売買契約時と売買決済時(物件お引渡し時)には、それぞれ様々な書類が必要になりますので、その時になってあわてなくていいように事前に用意することをお勧めいたします。
特に権利証(登記識別情報)がない場合、再発行が出来ない書類ですので、注意が必要です。紛失されていてもなんとかなりますので、もし紛失されている場合には事前にお伝えしていただけることをお願いしております。

種類内 容戸建マンション土地
身分証明書(免許証等)本人確認のため  ○ ○
実  印共有者全員分が必要  ○ ○
印鑑証明書3ヶ月以内のもの1通  ○ ○
登記済権利証または       登記識別情報所有権の移転登記  ○ ○
住民票現住所と登記上の住所が異なる場合  △ △
評価額証明書登記に必要  ○ ○
固定資産税の納税通知書固定資産税、都市計画税の税額確認  ○ ○
ローン残高証明書または    ローン返済予定表住宅ローン確認に   △ △
マンション管理規約または    使用細則など決まり事確認  ○ ー
建築確認済証および       検査済証建築物確認  ー ー
パンフレット購入時の販売資料   △ △
地積測量図土地形状確認  △ ○
建物図面建物形状確認  ○ ー
住宅性能評価書(建設・設計)平成12年以降建築確認取得物件のみ  △ ー

※○:必須書類 △:任意または該当者のみ ー:非該当

その他、場合によっては他の書類も必要になることがございます。



∽詳細確認∽

•敷地の境界を明確にしておく
境界杭などが無い場合は、新たに測量して敷地の境界を確定する必要があります。
土地を切り売りする場合も、測量して分筆登記の必要があります。

•住宅ローン等の残高の確認
 住宅ローンや売却する物件を担保にいれて借入金がある時は、借入の残債の額を金融機関に確認しておきましょう。

•付帯設備の確認
家を売却するとき、暖房・エアコンなどを付けて売却するのか、又、物置や庭石・庭木は、どうするのか、書面で取り決めておくと、後でトラブルになりません。


もしマンション・戸建て住宅の瑕疵(かし)があったら
瑕疵とは、雨漏りや建物の傾き、設備の故障などの物件の欠陥などのことをいいます。マンションや戸建て住宅にこのような瑕疵がある場合、瑕疵の内容をハッキリさせて売却する必要があります。
例えば、軽微な水漏れなどの修復可能な瑕疵であれば、直してから売却することが考えられます。その場合は、売却の諸費用として修理費用が追加でかかることになります。
あるいは、修理費用の額を売却価格から差し引いた価格で売ることも考えられます。このようにマンション・戸建て住宅に瑕疵がある場合は、売却の諸費用や売却価格に影響する場合があります。

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

マンション売却、マンション購入、不動産売却、不動産売買、江東区,墨田区,中央区,千代田区,港区,新宿区,渋谷区,文京区,中古マンション売却査定、戸建て住宅売却、任意売却、マンションを売る、マンションを買う、任意売却専門店、仲介手数料【定額0円、無料、半額、定額30万円、業界最安値、1%、2%】、瑕疵担保保険,住宅設備延長保証,緊急駆けつけサービス,無料価格査定、売却情報、売るには買うにはのご相談は売買専門店、不動産コンサルティング会社、ホームステージング、物件演出、最終手取り額の多い不動産会社、不動産業者、価格上がるか下がるかの判断、足立区、江戸川区、荒川区、北区、練馬区、中野区、杉並区、世田谷区、目黒区、大田区、武蔵野市、三鷹市、狛江市はじめての方でも安心売却、新築一戸建て購入、不動産業者・不動産屋・不動産会社