マンション売却・戸建て住宅売却など不動産売却は仲介手数料無料(安い)と査定から。不動産購入(マンション購入、戸建住宅購入)も仲介手数料無料の不動産売買専門店

仲介手数料無料のマンション購入とマンション売却,戸建て住宅購入と戸建て住宅売却はコーラル㈱へ

仲介手数料無料のマンション購入とマンション売却,戸建て住宅購入と戸建て住宅売却等不動産売買専門店コーラル。

仲介手数料最大無料で

マンション売却やマンション購入がOK!

戸建住宅売却や戸建住宅購入がOK!

アパート売却やアパート購入がOK!

しかも

販売活動に必要な各種資料取得も売主様負担無!

売却購入後の安心サービスも充実!!!。


なぜこんなことが出来るのか?、
それは、以下でご説明します。

売主様主体の売却のために

コーラルの基本的売却戦略(目的)は1つしか有りません。
それは不動産業者目線ではない、お客様本位の結果を出すということです。

その目的達成のために、コーラルの売却戦術は『オーダーメイド型オールインワン売却』を採用しています。
具体的には、売主様個々のご事情に合わせたコーラルの商品としての売却仲介手数料プラン(オーダーメイド)が有り、その中で数々の考えられた仲介手法(オールインワン)をご提供させて頂くことです。
従いまして、コーラルの売却仲介手数料は基本1つしかございません。
その基本とは、仲介手数料1.5%プランです。
この基本プランが有り、売主様のご事情に合わせその他のプランは考えられています。

売主様のご事情に合わせた仲介手数料プランをご用意

コーラルは5年前、まだ不動産業者がどこも売却時仲介手数料上限額(物件価格×3%+6万円)を請求することが当たり前だった頃に、他社に先駆けて仲介手数料を商品と考えて仲介手数料各プランをラインナップ(ラインアップ)しました。

おそらく仲介手数料を商品と考え、お客様に合わせたラインナップしたのは業界初だと思います。
その後、多くの不動産業者が真似をし始めましたが。
どうして仲介手数料を商品と考えたのか、それは、化粧品業界にいた者として思いついたことです。
化粧品は、採用者(購入者)のその置かれている状況や嗜好に合わせたラインナップが有ります。またそれを自分に合ったものを選んで頂こうという商品です。それにお試し期間もありますね。こんな商品選択の良いところが不動産仲介でも有ったらいいなということで取り入れました。
今現在コーラルには5つの売却時仲介手数料プラン(商品)が有りますが、これは採用者にその状況に合わせ選んで頂こうということからのラインナップです。
売主様に合わせて作った商品(仲介手数料)をどうぞ十分に確認し収取選択して頂ければと存じます。

尚、商品ですから1ヶ月間から試して頂くことが出来ます。
また、今までに無い商品ですので商品説明を十分に弊社社員から受けて試して頂きたいと存じます。
もしお試し後、お客様に合わないということがございましたら自由返品して頂いて構いません。また当然にその間の利用料金は係りませんのでご安心くださいませ。

現在問題の物件の囲い込みは絶対しません!

買主様にはお得に、しかも負担にならない仲介手数料を!

コーラルでは、買主様にもぜひお得にご購入していただきたいと思っており、そのため各種サービスを展開しております。
そのサービスの1つが、ご購入時仲介手数料割引キャン ペーン等の展開です。
このキャン ペーンは、通常、不動産業者はどこも購入時仲介手数料上限額(物件価格×3%+6万円)を請求することを当たり前としていますが、他社に先駆けて仲介手数料を商品と考えて仲介手数料無料や割引キャン ペーンを展開しております。
詳細はこちらをご参照いただければと存じます。⇓⇓⇓

 ☛ 購入時仲介手数料キャンペーン

コーラルの売却時仲介手数料は5プラン

売却時仲介手数料無料プランへ

仲介手数料1%プラン

不動産売却時仲介手数料1.5%プランへ

売却を未公開(非公開)で売却するプランへ

仲介手数料について

Q 売却時仲介手数料の不明瞭問題を明るく解決したコーラルの奥の手とは?



 A1. 仲介手数料の大切さを語る話術を習得

 A2. その都度会計する為のレジシステムを採用

 A3. 情熱をアピールすることで根負けして頂けるまで説得する術を習得

 A4.仲介手数料を商品と考え、商品を買って頂く感覚で提案。

 正解は A4。

コーラルでは、仲介手数料を商品として考えています。

商品と言うからには、商品としての機能と性質をもっていると考えます。

ここで、ウィキペディアで『商品とは私的な交換を目的とした財・サービスである。』と言い、また商品は、『人間のニーズを充足させる性質である「使用価値」と、あらゆる商品と交換可能性を持つ性質である「価値」を持っている。』との記載がされています。
仲介手数料が商品と考えている以上、コーラルでは欠陥取品を買って頂くことは出来ません。
そこでコーラルは、仲介手数料という商品を7つ揃え、それぞれの仲介手数料プランにサービス基準を設けて皆様に提供しております。

Q 売却時仲介手数料プランを5つ揃えた真意とは?



 A1. 売主様の感覚を不明瞭にするための品揃え

 A2.5つ揃えればどれかに飛びつくだろうと言う戦術

 A3. 売主様の思いに沿った具体的な戦術のためのプラン分けの結果

 A4. 売却に自信がないための結果

 正解は A3。

コーラルでは、売主様の思いや実情に沿って商品もあるべきと考えています。

商品は選ばれるべきものです。仲介手数料を商品と言うからには、商品としての機能と性質をもった品揃えが有ってしかるべきと考えます。

コーラルは不動産売買の不透明な仲介手数料を商品化し、明瞭にすることで
中古不動産の流通促進に貢献致します。

仲介手数料無料や1%選択制の背景とは

2016年4月以降10年間のコーラルの不動産売買に対する思いとは


売却仲介手数料選択制の背景

■ 売却損発生世帯は 85.2%、1,000 万円以上の高額売却損発生世帯は 41.8% 。
■ 売却損発生世帯の平均損失額は前年度から微増し 1262.6 万円 。

自己所有住宅から住み替えた世帯の 68.5%が従前住宅を売却している。このうち売却損が発生している世帯は 85.2%(対前年度比 1.8 ポイント増)、さらに 1 千万円以上の損が発生している世帯は41.8%(対前年度比 1.1 ポイント増)となっており、2011 年度から年々増加傾向にある。なお、「3千万円以上損」の高額な売却損が発生した世帯は 8.5%(対前年度比 1.6 ポイント増)となっている。

売却損発生世帯は従前住宅を平均 3858.3 万円(前年度 3836.5 万円)で購入し、平均 2595.7 万円(前年度 2585.7 万円)で売却しており、その差額は前年度から微増し 1262.6 万円(前年度 1250.7 万円)であった。取得年別に売却損の発生状況をみると、「1988~1992 年」では「2 千万以上損」が 72.8%、そのうち「3 千万以上損」が 45.5%を占めている。

上記は平成26年10月に(一社)不動産流通経営協会が調査した2014年度の不動産流通業に関する消費者動向の結果から。
【一般社団法人 不動産流通経営協会】

こんな時だからこそ・・・、

こんな時だからこそ

コーラルでは不動産売買仲介する場合、社内システム統合・合理化することにより、売主様からは仲介手数料選択制で、物件売却をご紹介することが可能です。
また購入者様からも仲介手数料1%や無料キャンペーンなどを展開することも可能となりました。

なぜこの様に仲介手数料がお得に出来るのか?
それは、色々な業務合理化と時代背景が有ります。
私どもコーラルは、1階に店舗が有りません。
1階に店舗を構えていた時は常時2人会社に待機していましたが、今や不動産は店頭に行って購入物件を探される方は、ごく稀でわずか少数です。
今、不動産売買は不動産ポータルサイト(SUUMO、アットホーム、yahoo不動産等)で情報の発信が行われています。
従って、今は会社へのお問合せは基本1人で対応することと致しております。
その代わり外でチラシ配布活動したり、色々な他社不動産会社に営業をかけたりする時間を多くすることが可能となりました。


また、全社員のパソコンのスキルアップを図ることにより全ての図面チラシ作製・情報取得、情報共有、情報発信も自社内で可能となり、サイト運営自体も自社で行っております。
また過去の紙媒体営業活動の代わりに、今、最も注目されているウェブサイトで物件情報やサービスのご案内等をお客様にご説明・ご紹介したり電話で直接サービスのご案内するなど、コーラル独自の企業努力によって業務合理化し、他社不動産会社と差別化することが可能となりました。

しかし、サービスの質は落ちていません!!!。いえ、サービスの質はどんどん上がっています。


はっきり断言します。

不動産売買現場はこの5年の間にとても様変わりしました。パソコンの各家庭への普及やスマホの個人1台所有と共に大きく様変わりしました。
今は売却・購入の情報交換はパソコンや携帯、スマートフォンのウェブサイトの中で行われています。
また、コーラルの物件を購入された買主様は、最終的な段階で大手不動産仲介・流通会社、購入者仲介手数料無料(0円)や定額制不動産会社から80%以上の確率で購入依頼をされます。
今まだ個人情報保護は大手が安心と考えてられるため仕方ありません。そんなことは全くないのですが。

ですので、コーラルでは売却仲介手数料無料(0円)プラン、未公開(非公開)売却プラン以外の全プランで全ての不動産事業者に売却情報を発信しております。
それは、情報の囲い込みを止め、いち早く売却情報を購入見込者へお届けしたいですし、また大手を含むすべての不動産事業者に購入者様を見つけて頂くためです。
売買情報のオープン化はコーラルの使命です。
コーラルでは物件を囲い込みすることは絶対禁止としています。
従いまして、コーラルは売却物件情報をポータルサイト、ホームページ、レインズ、メディア、不動産事業者ネットワークに発信し続けます。
しかも、
コーラルは、不動産売却に不透明な高い手数料を支払うことを明確にし透明化します。



仲介手数料の基本

★基本中の基本★
仲介手数料は売買成立時にその成功報酬として支払うものです。従って不動産の売買契約が成立しなければ支払う必要はありません。
また売買をしても物件の取引が成立しなければ支払う必要はありません。
但し、売主様買主様の自己都合の場合で契約が途中違約、解除などの場合、仲介手数料は発生する場合があります。


お客様が、不動産会社を通して不動産を売ったり買ったりする場合に、その報酬として支払うお金を仲介手数料(または媒介報酬)といいます。
あくまで成功報酬として支払うもので、売却や購入の依頼をしても
取引が成立しなければ支払う必要はありません。
また、宅建業者(不動産業の免許を持つ者)以外が、仲介手数料を請求することは違法です。
尚、不動産会社は売主、買主双方から仲介手数料を頂くことが出来ることになっています。


仲介手数料(媒介報酬)の計算について

仲介手数料(媒介報酬)の上限額が、宅地建物取引業法(宅建業法)で定められています。
従いまして、宅建業法により定められているのは、仲介手数料の上限金額だけで、上限をオーバーすれば違法ですが、しなければ全く問題はありません。

売買金額が400万円を超える場合、売買金額の3%プラス6万円が宅建業法で定める手数料上限額であり、一般的に言われる正規の仲介手数料です。
また、仲介手数料には消費税が別途課税されます。
再度となりますが、不動産業者はこの上限を超えた仲介手数料を請求してはいけません。

また、3%プラス6万円という計算方法は「速算法」とよばれる簡易計算ですが、
正式には売買金額(物件価格)を3分割して計算します。



不動産売買時の仲介手数料について1

売買金額が400万円を超える場合は速算法で計算できます。
例えば4000万円の物件を売却する場合に支払う仲介手数料を計算します。
売買金額×3%+6万円の数式にあてはめて計算すると、
126万円(税別)になります。
消費税は8%の100,800円となりますから、1,260,000円+100,800円=1,360,800円となります。

いつ払うのか

仲介手数料は、契約締結時に仲介手数料の半額を支払い、売買決済時(または引渡完了時)に残りの金額を支払うことが一般的となっています。

ただし、これは宅建業法で決められているわけではないので、不動産仲介業者との依頼者双方が納得すれば、決済時(または引渡し完了時)に全額支払うことでも問題はありません。
ここで注意しておいたほうがいいこととして、
①宅建業法の上限を超える手数料を請求されていないか?
②宅建業法での上限額を支払うことが当然で、宅建業法で当たり前に設定された仲介手数料だと説明されていないか?
③仲介手数料以外に別項目で請求されていないか
があります。
実は、仲介手数料の安い不動産会社で③の請求をしている会社はとても多いんです。
 一番多い費用名目として、コンサルタント料、業務管理料などがあります。この費用が数十万円する場合もありますから、仲介の場合この仲介手数料にはこれら費用がb含まれるべきと考えますので注意が必要です。


任意売却および購入の仲介手数料

購入仲介手数料および任意売却物件の売却仲介手数料は、手数料定額制プランは適用しておりません。



売却仲介手数料各選択制について

コーラルは各メリットが付いてるのに売却仲介手数料がこんなにお得です。(下記仲介手数料表は物件価格×1%プランで比較した場合)♪
キャンペーン等により下記仲介手数料が違っている場合がございます。正確なる仲介手数料は各売却プランをご確認くださいませ。

売 却 金 額  他一般的業者【法定上限額】コーラルでは こんなにお得
  800万円     30万円  30万円     0円
 1000万円     36万円  30万円    6万円
 1500万円      51万円  30万円  21万円
 2000万円     66万円  30万円  36万円
 2500万円      81万円  30万円  51万円
 3000万円     96万円  30万円  66万円
 3500万円    111万円  35万円  76万円
 4000万円     126万円  40万円  86万円
 4500万円     141万円  45万円  96万円
 5000万円     156万円  50万円 106万円
 6000万円     186万円  60万円 126万円
 7000万円    216万円  70万円 146万円
 8000万円     246万円  80万円 166万円
 9000万円    276万円  90万円 186万円
    1億円     306万円 100万円 206万円

※1売却仲介手数料は宅地建物取引業法で規定されている仲介手数料請求上限額(媒介報酬限度額⇒売買価格×3%+60,000円)による対比となります。通常不動産会社は仲介時この上限額を請求しています。
※2売却時仲介手数料1%プランは最低売却時仲介手数料金額は30万円となります。従いまして売却時仲介手数料1%が30万円以下の場合は30万円が適用となります。
※3各売却プランでは、売却仲介手数料は宅地建物取引業法で規定されている仲介手数料上限額(媒介報酬限度額)を超える請求はいたしません。




仲介手数料を払う前に確認すべき6つのポイント

ここまで仲介手数料について説明をしてきましたが、最も大事なことはトラブルをいかに防ぐかということです。

確認すべきポイントを6つにまとめました。

①強引に媒介契約書(売買を依頼する書面)や売買契約書を書かせようとしないか?

不動産会社の営業社員は給料の部分の歩合が多いことがほとんどです。また売上ノルマに追われている社員がとてお多いことで有名です。
従って必死で営業をしている社員は、契約というノルマに追われています。
このため、なにがなんでも契約してしまおうと必死になったいる場合があります。
営業社員が必死な場合に多く見受けられる強引なやりとりもありますから注意が必要です。

②担当者がお客様目線で話を聞いてくれているかどうか?

担当者がノルマという数字に追われている場合、まず間違いなくお客様の話を聞いてくれません。
いかにして売らせるか?、また買わせるかということのみを考えています。
言葉のやり取りで変だなと思うことがある場合、まず真っ先にお客様のことを考えていない自分のノルマのための動きと考えて言いといえます。

③仲介手数料の項目以外に請求される費用はないか?

仲介手数料の中には何が含まれているか十分に確認が必要です。
コンサルタント料や業務料など別項目で請求されるものがないか事前にしっかりと確認しておくことが重要です。

④仲介手数料無料と有料の場合の違いをご自身で理解し、納得したうえで契約しているか?

仲介手数料無料の業者には、どのような場合に仲介手数料が無料になるのかを十分に聞きましょう。
コーラルのように各プランでちゃんと仲介手数料の内容が決まっている業者ばかりではありません。
注意しなければ後ほど『こんなことじゃなかった』など大変なことになる場合もあるということを知ってください。

⑤仲介手数料が無料(安い)からと業務を怠っている場合は怒ってください。

例えば、物件の価格交渉は有って当たり前ですね。価格交渉や条件のすり合わせを怠っているなど言語道断です。
当たり前に怒って良いですよ。

⑥物件引渡し後のアフターフォローはどこまで責任を持ってやってくれるのか?

仲介手数料と物件引渡し後のアフターフォローは関係がないように見えますが、こんな不動産業者は契約を即刻中止すべきです。
仲介手数料無料(安い)の業者の中には引渡し後のフォローを有料とか、そもそも対応できませんとか平気で言ってくる業者もありますから注意してください。
媒介契約時にこの点の確認をしておいたほうが良いと思います。

以上6点についてご説明しましたが、何事も事前にしっかりと確認し契約後に後悔しないようにしましょう。



コーラルからのお約束

コーラルは業務で手を抜くことを完全撤廃します。
詳細なお約束はこちらからご確認くださいませ。
↓↓↓↓↓

☛ コーラルはお約束します。



未来資金計画

































不動産売却は、ぜひコーラルにお任せください。

お問い合せは・・・フリ-ダイアル 0120-987-907

または、✉info@colal.net まで



powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

マンション売却、マンション購入、不動産売却、不動産売買、江東区,墨田区,中央区,千代田区,港区,新宿区,渋谷区,文京区,中古マンション売却査定、戸建て住宅売却、任意売却、マンションを売る、マンションを買う、任意売却専門店、仲介手数料【定額0円、無料、半額、定額30万円、業界最安値、1%、2%】、瑕疵担保保険,住宅設備延長保証,緊急駆けつけサービス,無料価格査定、売却情報、売るには買うにはのご相談は売買専門店、不動産コンサルティング会社、ホームステージング、物件演出、最終手取り額の多い不動産会社、不動産業者、価格上がるか下がるかの判断、足立区、江戸川区、荒川区、北区、練馬区、中野区、杉並区、世田谷区、目黒区、大田区、武蔵野市、三鷹市、狛江市はじめての方でも安心売却、新築一戸建て購入、不動産業者・不動産屋・不動産会社