マンション売却、一戸建て住宅売却、マンション売買、不動産売却、仲介手数料無料、査定、マンション購入、新築戸建住宅購入、専門店

仲介手数料無料でマンション売却・戸建住宅売却(不動産売却)と査定。マンション購入・戸建住宅購入、アパート購入など不動産売買専門不動産業者(屋)【コーラル】へ。

コーラルが選ばれる理由

9割以上が「やって良かった!」と答えている家を高く売るためのコーラル的売却手法とは

コーラルが選ばれる理由


当たり前のことを素直にやること。 

『人気の理由はここにある。』 


なぜ、今、コーラルが選ばれているのか?

コーラルと一般的他不動産仲介会社との違いをご存知でしょうか?
違いは、「売却仲介手数料が安く魅力的」からでは有りません。
「ハウスクリーニング等の各種サービスが有る」ことでもありません。
「50以上の不動産系ポータルサイトに積極的に掲載している」ことでも、「コーラルと専任媒介契約したのに大手不動産仲介会社サイトに掲載出来る」ことでもありません。

コーラルの売却の大きな違いは、8つ。

 ① 高く賢く有利に売れる方法(コツ)を知っています。

 ② 売主は高く売れる=購入者に不利と言うことにならない方法で成約しています。
 
 ③ どこよりも他不動産仲介会社と積極的に情報発信・交換・収集していることです。

 ④ 売主様のお立場を十分に考えて売却活動することです。

 ⑤ 売却は売主様、買主様の人生物語(ストーリー)の1ページとして捉えご提案します。

 ⑥ 売却をお任せいただける期間(媒介契約期間)は最短1ケ月から可能です。

 ⑦ 高額成約には戦略と戦術が有ります。
   その為には情報収集と心理を読み取る力が必要です。
   コーラルは売却の戦略と戦術に長けています。

 ⑧ 売買(売却・購入)後の手取り額が他社より多いことです。

☛ コーラルと他の仲介手数料割引不動産仲介会社との違いとは

しかも、

現在問題の物件の囲い込みは絶対しません!

言い換えれば、上記のことを実践していればコーラル以外の不動産会社でも良いことでもあります。


①についてコーラルは不動産売却のプロフェッショナルとして、長年のまた数多くの不動産を売却してきた成功した方法、失敗した方法を熟知しています。
その経験から、売主様にとって高く賢く有利に売れる方法(コツ)をお伝えし実践することができます。



②について、コーラルでは購入者様へもご購入時の仲介手数料を売買価格の1%キャンペーンなどを展開しておりますので、ご購入者様にはご購入時の総合費用が格段にお安くなります。また、ご購入時に掛かる諸経費(登記関係司法書士費用、火災保険料、引越費用、リフォーム費用等)がお安いけど安心出来る会社や司法書士をご紹介しております。この結果、ご購入者様にも喜んでいただける売買が出来ることになります。



③についてコーラルは大手不動産仲介会社や地元で活躍されている不動産会社などの全ての不動産仲介会社へ積極的に情報発信・交換・収集をしており、360度どこからでも購入者を売却物件へ導いています。

売り主様はその中から一番高く、しかも条件の良い購入者をお選びいただけるのです。

このためコーラルへご売却を依頼された売主様は利益を最大限に確保することが出来ます。



不動産業者の売却物件の囲い込みを徹底的に排除しています。
不動産業者の売却物件の囲い込み については下記をご参照ください。

   ☛ ありえない不動産業者の現状とは


④については、売主様の置かれた状況を整理し、売主様がやってほしくないと言うことは絶対にやらないことです。
売却事情は千差万別です。ですので、売主様がどうしてもやってほしくないことがあれば、そのことをやらないうえで売却することにしております。



⑤については、売主様の生活環境は千差万別です。またご購入検討者様も生活環境は千差万別です。この生活環境を物語としてとらえ、物件の持つポテンシャルを捉え、この物語のシーンに訴えかけます。
  



⑥については、コーラルでは売却をお任せいただける期間「媒介契約期間」は最短1ケ月から承っております。もし売却活動1ケ月の間にコーラルの売却手法に疑問がある場合、1ケ月後からは解約することが出来ます。この場合でも費用を請求することしておりません。



⑦については、売却は売買市場を精査考査し売却戦略を構築し、それを下に戦術を練らなければ他の売却中物件に負けてしまします。また、売却は心理戦でも有ります。
市場を知ること、今を知ること、お客様の心理を知ること、コーラルは売却の場面で必要な戦術と心理戦を知っています。



⑧ 売却後の手取り額が他社より多いこと。
不動産を売却した時の最終手取り額は、
売却価格 - ( ローン残高 + 諸費用 + 譲渡税 ) = 最終手取り額となります。
この 最終手取り額が最も多くなるように コーラルは売却を考えています。
売却時仲介手数料がいくら安くても、売却金額も安かったら最終手取り額は安くなってしまいます。
売却における最高額を目標に売却活動を展開することが出来ることもコーラルの売却プランの魅力です。

ブルーオーシャン戦略を駆使するコーラルの不動産仲介業

コーラルは、他不動産業者が使えないブルーオーシャン戦略で『「街の不動産屋」と「ネット系不動産業者」「大手不動産業者」ではできない不動産仲介を目指した売却方法で』絶対的な成果を出し続けています。
さて、そのマンション売却時のブルーオーシャン戦略とはいったいどんなことでしょう?

詳細は ☛ ブルーオーシャン戦略を駆使するコーラルの不動産仲介業


詳細はコーラルへお問い合わせください。


不動産仲介の現状とは

不動産仲介の現状とは?・・

売主様がついつい大手不動産仲介会社を選んでしまわれるのは、テレビやチラシなど大量の広告宣伝やイメージキャラクターにより、積極的にご自分の売却物件も広告してもらえると思っておられるからだと思います。
または、購入希望者も大手不動産仲介会社に多く集まってくるからと思っておられるからかもしれません。

でもでも、果たしてそうなのか?

大手不動産仲介会社は、特定の物件の売却のための広告・宣伝は、凄く少ないのです。自社のホームページには積極的に掲載するのですが同業他社のホームページには掲載出来ないのが実情です。

今、中古マンションや不動産を購入検討するお客様がご覧になるのは、ポータルサイトやインターネット広告が中心です。
スーモ、ホームズ、アットホーム、オウチーノといった不動産のポータルサイトから物件情報を見つけ、情報を集めます。
また特定の大手不動産仲介会社のホームページから物件を探されている方もいます。

しかし、大手不動産仲介会社は利益追求主義の為、両手仲介(売主様、買主様双方から仲介手数料を頂くこと)を求めます。
結果、売却物件情報を囲い込んでしまい積極的に情報交換しようとしません。いいえ出来ないのです。
販売開始当初から2ケ月間は、おおよそ全ての大手不動産仲介会社はこの両手仲介を売主に隠しながらやっています。

大手不動産会社だから売れるのではないと、知ってほしいのです。

また、地元不動産業者は年間の売買件数がどうしても少なくなってしまいますので両手仲介を求めます。
コーラルはこの両手仲介が何が何でも悪いこととは考えていません。
では両手仲介の何が問題なのか?。
この問題をクローズアップしてみます。

両手仲介の何がいけないのか?(両手仲介の全部が悪いわけではない)。

では、なぜ、両手仲介が問題なのか?。
それは利益相反行為が起こる可能性があると言われているからです。
利益相反行為とは、ある行為により一方の利益になると同時に他方への不利益になる行為のことですが、わかりやすく言うと、依頼者からの業務依頼があった場合、中立の立場で仕事を行わなければならない者が、自己や第三者の利益を図り、依頼者の利益を損なう行為のこととなります。
このことは弁護士の世界でも双方を代理する事を禁じているように、利益が相反する場合、一方代理に徹するのはごく自然なことなのです。
売主様の思惑は有利に売りたい(なるべく高く自分に都合よく問題無く売りたい)です。買主様はなるべく有利に買いたい(なるべく安く自分に都合よく買った後も安心に売りたい)です。この思惑はお互いに思惑が全く違う場合が有ります。
このように不動産の取引は売主様と買主様は利益相反の関係にあります。
さて、では不動産売買仲介行為が何もかも利益相反関係に有るのでしょうか?。
コーラルでは両手仲介が全て即売主様と買主様の利益相反の関係になることとは言え無いと考えています。
なぜか、それは利益相反関係に有る売主と買主が互いにとても喜ぶ売買取引になっていても利益相反と言えるのか?。からです。
両手仲介のダメなところ、いけないところはしないようにすることに徹すれば、言いかえれば売主様も買主様も、満足した不満の無いとても安心した仲介が出来ていたら、両手仲介でも良いのではないでしょうか。

実は今、売主様も購入者も売買時安心出来ることは絶対条件で、高く売りたいや安く買いたいなどのご希望の他に、売買時掛る費用をなるべく低く抑えたいと思われています。
このような気持ちはどなたも一緒ですので、今はご購入者も仲介手数料が無料や0円、または宅建業法上限報酬額半額等々の不動産仲介会社に売却や購入を問い合わせされます。
しかし、大手不動産仲介会社はこのような業者とは情報を交換していない場合が多く、上記の購入時仲介手数料安価な不動産業者からの購入希望者をわざと受け付けなくしています。
大手不動産仲介会社も地元不動産会社も、そのような不動産会社とはお付き合いする事さえもしていません。

何故なら、売主と買主の両方から、仲介手数料を得るために、情報を表に出さず、自社のネットワークだけでお客様を見つけようとするからです。

大手不動産仲介会社の社員は自分の手で契約をあげたいという仕組みができあがっています。成績がかかっていますのでそれは仕方ありません。
実は、そう言う私も中堅の不動産仲介会社支店長をしていた時は同じでしたので気持ちはわかります。どこを向いて仕事しているのかなと思うことも多々ありました。

両手仲介の結果、実は、マンション売却まで時間がかかり、マンション売却価格が安くなってしまうリスクがあるのです。

成約価格を下げてでも自社での両手仲介が基本ですので、その結果、売主様の利益は下がります。


両手仲介は、売主様のご希望より、買主様のご希望より、仲介会社の希望が第優先であることが問題なのです。

両手仲介の結果、実は、売主様の利益が損なわれることが多く、具体的には売却まで時間がかかり、売却価格が安くなってしまうリスクがあるのです。

成約価格を下げてでも自社での両手仲介が基本ですので、その結果、売主様の利益は下がります。


それが両手仲介の問題点なのです!

コーラルの考え

では、コーラルではどうか?
コーラルはこの現状を変えたい。
コーラルの場合、売主様の信頼を得るためにも、早く成約になることに特化します。
「両手仲介はしない」とは一切考えていません。
ただ単に売主様のご希望を叶えることを考え売却を実践しています。
従いまして自ずと情報は360度オープンとなり、大手不動産仲介業者からも、仲介手数料格安の同業他社からも多くの情報が集まるようになります

まずは売主様のご希望に沿えるよう売却すること、成約することのみ考えて行動しています。
その結果早く売れていきますので、価格も高いうちに成約となるのです。

コーラルは売主様に良いことはどんどん取り入れたいと考えています。このことが購入者様にも良いことだと分かっています
その結果、気の毒なのは、大手不動産仲介会社の広告を信用して、地場不動産会社の友人を信用して売却依頼した売主様です。
おおよそ180度の範囲からしか情報が集まりませんから、成約のチャンスが少ないのです。

不動産は高く売れるのか?・・

コーラルは約4年前、売却時売主様仲介手数料定額30万円を採用ていました。
この定額制を採用した当時は、利益が半分以下に落ちてしまいました。これはとてもきついことでした。
しかしながら、多くの方に支えられてその時期を脱することが出来ました。
今、コーラルは一部この売却時売主様仲介手数料定額30万円を残していますが、仲介手数料選択制へ移行しています。
なぜ定額制から選択制に移行したのか、それは売却され、お金をお手元に多く残されている売主様はとても真剣で勉強されておられるということです。
仲介手数料も売主様によって変えることが最も売主様に寄り添えることになるのではないか、しかもそのことが平等になるのではないかと考えたからです。
少しでも多くお金を残したい思いは誰でも一緒です。
しかし、売主様は皆さま一緒ではありません。

ただ、凄いなって思うことは、単純に高く売ればいいと考えられている売主様はおられなかったことです

ご購入者様のこともお考えになられた方々だったことにとても感心させられました。


売却を進めるにあたり、弊社の社員が教えられることも多々ありました。
実は、売却仲介手数料定額制を始めたきっかけは、任意売却にありました。

おおよそ15年以上も銀行等金融機関や保証会社、弁護士等からの依頼により、ご返済に困った方々の不動産売却業務に従事することで思ったことは、売却時仲介手数料が一番売却に支障になることでした。
これを何とかしたい。また、多くのお客様が不動産売却時の住宅ローン返済でお困りでした。
住宅ローン返済が不動産売却を困難にする。それどころか売却を断念することもあります。

この状況を何とかしたいとの思いが、躊躇なく不動産売却時仲介手数料定額制に移行するきっかけでした。

しかしながら、不思議な事に、コーラルをご利用されておられますお客様はなんと住宅ローンに全く困っておられない方々が多いのです。それどころか住宅ローンが無い方も多いのです。

どうしてなのか?

それはご自分の資産管理に精通されておられる方が、コーラルをご利用されているからではないかと考えています。
また皆様、良く勉強されておられます。

コーラルと一緒に売却成功までの道のりをはぐくみませんか。

皆様、無名な会社のコーラルと供に、一緒になって大切な資産(不動産)売却を楽しんでおられるからなのでしょう。だからこそ皆様、コーラルの社員と一緒にご売却について真剣に考え、時にはアドバイスもいただけますし、『こうしたら売れるのではないか』とか思っておられることや考えも言っていただけます。これは非常にありがたいことです。


また、皆様一様に、


不動産は適正・正当な価格で売れても、どこよりも高くは売れないことを良くご存じな方々ばかりです。


不動産の売却は、不動産系ポータルサイト(SUUMO・アットホーム・オウチーノ等)や大手検索系ポータルサイト(yahoo・goo・Bing等)が盛隆な今、だれでも、いつでも、どこでも購入価格を比較し精査することが可能となりました。

そのため、不動産は特殊なケース(お隣の方が買う等)を除き、適正・正当な価格で売れても、もう商法が閉鎖されていた一昔みたいに高くは売却出来ないのです。

そのことを、大手総合研究所の社員、大手広告会社の社員、弁護士、医師、不動産鑑定士、公務員、会社社長、不動産投資家等々、みなさん良く勉強されておられました。敬服いたします。

コーラルが選ばれる理由


コーラルをお選びいただき、ありがとうございます。

コーラルは両手仲介を絶対しないわけでは有りません。

コーラルがやりたいこと、それは、売主様の利益にならないことは絶対しない。このことに尽きると考えます。

また、売主様の利益にならないことは絶対にしないことは、買主様にも喜んでいただけることと考えています。売主様の利益を守りたいから買主様の仲介手数料も魅力的にしたいと考え、事実実行してきております。
しかも、販売開始当初から「物件のかかえこみ禁止」を実践しています。

現在問題の物件の囲い込みは絶対しません!

コーラルの売却システムは、利益を最大限にしたいとお考えの売主様にご利用頂いております。


話題の不動産テックについて

 ☛ 不動産売買現場におけるネットとリアルの融合について


その他、不動産業者の選択について

売却を依頼する不動産業者の会わないでもできるとても簡単な見極め方


コーラルが不動産売却で大きな実績を作れる理由・その1


2016年4月以降10年間のコーラルの不動産売買に対する思いとは


大手不動産業者に頼むと売れない理由


自称「地元に強い不動産屋」に売却は任せてはいけない


ネット系不動産会社(不動産テック)に売却を任せていけない理由


売却は仲介手数料が安いだけの不動産業者に任せてはいけない。


コーラルの囲い込み厳禁対策について


家売る女を見て(優秀な営業マンと平凡な営業マンは何が違うのか?)


ペルソナを見つけよう。不動産販売にはSF小説が役に立つ。




不動産売却は、ぜひコーラルにお任せください。

お問い合せは・・・フリ-ダイアル 0120-987-907

または、✉info@colal.net まで

無料査定はこちらを

↓クリック↓

無料査定




2017-03-12 (日) 23:37:29

powered by QHM 6.0.11 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

マンション売却、マンション購入、不動産売却、不動産売買、江東区,墨田区,中央区,千代田区,港区,新宿区,渋谷区,文京区,中古マンション売却査定、戸建て住宅売却、任意売却、マンションを売る、マンションを買う、任意売却専門店、仲介手数料【定額0円、無料、半額、定額30万円、業界最安値、1%、2%】、瑕疵担保保険,住宅設備延長保証,緊急駆けつけサービス,無料価格査定、売却情報、売るには買うにはのご相談は売買専門店、不動産コンサルティング会社、ホームステージング、物件演出、最終手取り額の多い不動産会社、不動産業者、価格上がるか下がるかの判断、足立区、江戸川区、荒川区、北区、練馬区、中野区、杉並区、世田谷区、目黒区、大田区、武蔵野市、三鷹市、狛江市はじめての方でも安心売却、新築一戸建て購入、不動産業者・不動産屋・不動産会社